競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね260 コメント22
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目に突入。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2018年4月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
RSS
RSSフィード RSS
無駄な馬券を買わないために
2018-04-13 20:00:00
テーマ: 未設定
いいねする いいね2
牝系分析は馬券検討に相当役立つので、
今後も楽しみにしていただければと思う。

特に最高峰の戦いとなるG1では欠かせないファクター、
例えば先週の桜花賞。

3頭が抜けた人気だったが、
能力的にリリーノーブルが他2頭に先着するのは考えづらい。

そして血統(牝系)分析を土台にしている自分にとって、
アーモンドアイ、ラッキーライラックより高評価するのはありえない。

アーモンドアイはベストインショウの一族、
ラッキーライラックはマイビューパーズの一族。

文字通り「世界的名門ファミリー」
当たり前だが大舞台(G1)に強い。


一方でリリーノーブルは近親にG2、G3好走馬は多いのだが、
G1になると足りないファミリー。

◎○に比べると明らかに「底力」で劣っており、
(2強の牝系が凄すぎるという側面もあるが)

2歳G1ならまだしもクラシック本番となると、
牝系が心許なかったのである。

G1でチャンスがあるとすれば秋華賞だろう。
(理由はメルマガで説明済み)

ちなみに今週の皐月賞は2年連続で人気薄が勝っているが、
2頭共に「超一流牝系出身のディープ産駒」だった。

というわけで本日のランキング内では、
例によって土曜の注目馬を紹介中。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで2位付近)

では本日の本題に入る。


ページの先頭へ