競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね283 コメント25
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目に突入。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2018年4月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
RSS
RSSフィード RSS
世界レベルの可能性ありと明記していたアーモンドアイ
2018-04-11 20:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
桜花賞馬アーモンドアイの4代母はベストインショウ、
文字通り「世界的名門ファミリー」

欧州、米国、豪州、日本など、
世界中でG1馬を輩出している大牝系。

エルグランセニュール、トライマイベスト、スピニングワールド、
ラグズトゥリッチズ、ジャジル、ピーピングフォーン、そしてリダウツチョイス。

日本ではフサイチパンドラやカジノドライヴが代表例、
まだまだ書き切れないほど活躍馬が出ている。

アーモンドアイはフサイチパンドラの娘、
是非とも海外(欧州)遠征してもらいたい。

というわけで本日のランキング内では、
皐月賞で注目している牝系を紹介中。
米国の名門→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで2位付近)

では本日の本題に入る。


ページの先頭へ