競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で9年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね184 コメント2
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で9年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2017年7月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
RSS
RSSフィード RSS
過去7年中6年で◎好走(内4頭は7番人気以下)
2017-07-15 17:00:00
テーマ: 未設定
函館記念は毎年高配当が飛び出しているレース、
10万馬券が当たり前の難解なローカルハンデG3だが、

自分は過去7年で3勝と相性がいい。
(内2回は大ホームラン)

特に◎は(2-2-2-1)
なんと馬券に絡めなかったのは1頭のみ。

しかも6頭中4頭が人気薄(7、7、7、12番人気)だったので、
回収率が凄いことになっている。

単勝回収率172%、複勝回収率380%
函館記念は◎の単複を買うだけで大幅プラスになる。

◎が過去7年中6年で好走、
それだけ有効データが機能しやすいレースだということ。


今年の◎も楽しみにお待ちいただければと思うが、
(もちろん今年の◎も伏兵の予定)

近2年は「注」に抜擢した大穴馬が激走していることも注目。
(注は最後の切り札という意味で、たまに打つ印)

昨年はケイティープライドが13番人気2着、
一昨年はハギノハイブリッドが10番人気2着。

本日のランキング内では、
いろんな意味で注目している人気薄を紹介中。
全く人気がないこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題に入る。


気持ちいいほど人気馬が消えるデータ
2017-07-14 15:00:00
テーマ: 未設定
活気溢れるブリリアントカット一族に注目、
これは先週金曜にアップしたブログで公言。

昨年以降は半数が馬券になっている上に、
地味なので人気になりづらいという点も魅力。

ラジオNIKEEI賞で人気薄ロードリベラルに☆を打った理由の1つ。
(詳細はこちら→半数が馬券になるブリリアントカット一族

そしてこのブログで週末の出走予定馬を2頭紹介したが、
(土曜福島10Rスクエアフォールド、日曜福島9Rスターファセット

結果は2頭共に連対、
予告していた通りにブリリアントカット一族が好走。

ここに来て一段と勢いを増しており、
7月に入ってからは(0-2-2-0)とパーフェクト継続中。

1番人気0頭で3着内率100%、
6番人気や9番人気が馬券になっているので回収率は300%超え。

残念ながら今週は出走してこないが、
今後もブリリアントカット一族から目が離せない。


さて今週は函館記念の1本勝負だが、
先程注目の枠順が発表された。

本日のランキング内では、
好枠をゲットしたなと思う人気薄を紹介中。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題に入る。


連対率0%の人気馬
2017-07-13 14:00:00
テーマ: 未設定
牝系分析は予想に相当有効、
例えば「格上げ初戦」「重賞初挑戦」の馬が通用するかどうかの指標となる。

さらにコースの適性などはもちろんだが、
勢いというのも見逃せないポイント。

これは先週金曜にアップしたブログでお伝えした通りだが、
(詳細はこちら→半数が馬券になるブリリアントカット一族

先週の2重賞(七夕賞、プロキオンS)にも、
牝系の勢いから注目すべき馬が出走していた。

七夕賞のゼーヴィントと、
プロキオンSのアキトクレッセントである。

ゼーヴィントは前週のラジオNIKKEI賞を制したセダブリランテスの近親。
(名牝パシフィックプリンセスの一族)

アキトクレッセントは同週のスパーキングLCを制したアンジュデジールの兄。
(女王ホワイトフーガを撃破)

ゼーヴィントは素直に◎を打ったが、
一見「買い」のアキトクレッセントは無印。

結果はゼーヴィントが1着、
アキトクレッセントは2番人気に支持されるも12着に大敗。


いくら牝系に勢いがあっても、
アキトクレッセントのように買えない馬はいるものの、

今週の函館記念でも牝系から注目している馬が存在、
人気薄必至だが枠順、馬場次第で大穴に一考。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題に入る。


最終更新日時:2017-07-13 14:01:27
独自データをフルに生かせるレースが目白押し
2017-07-12 08:00:00
テーマ: 未設定
函館記念は毎年高配当が飛び出しているレース、
10万馬券が当たり前の難解なローカルハンデG3だが、

自分は過去7年で3勝と相性がいい。
(内2回は大ホームラン)

特に◎は(2-2-2-1)
なんと7頭中6頭が馬券に絡んでいる。

しかも6頭中4頭が「7番人気以下」だったので、
回収率が凄いことになっている。

単勝回収率172%、複勝回収率380%
函館記念は◎の単複を買うだけで大幅プラスになる。

今年の◎も楽しみにお待ちいただければと思うが、
普通に考えてこの人気馬に重い印は打てないか。
上位人気必至のこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題に入る。


7/11現在の的中率&回収率
2017-07-11 12:00:00
テーマ: 未設定
今週は函館記念の1本勝負、
本日のランキング内では一週前段階の穴候補を紹介。
人気は全くないだろうが枠順、馬場次第で面白い→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題に入る。
(月間の回収率、年間の的中率&回収率を公開)


ページの先頭へ