競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼93 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
クイーンズリングの楽勝劇は必然
お礼1
2016/10/19 11:00:00
テーマ: 未設定
今週は富士S、菊花賞の2本立て、
本日は富士Sで人気の盲点になりそうな馬を紹介。
この馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題。


先週の府中牝馬Sは人気が相当割れていたが、
(5頭が単勝8倍未満)

自分の◎は迷いなく単勝6.5倍のクイーンズリング、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


◎はクイーンズリング。

マンハッタンカフェ×アナバーなので、
当レースの好走配合「SS×ダンチヒ」に該当、

この配合馬は4頭中3頭が馬券になっている。
(内2頭は2回好走)

残りの1頭も11番人気ながら4着。
(詳細は事前検証を参照)

そしてクイーンズリングは配合だけでなく、
父マンハッタンカフェ単体で見ても当レースは合っている。

マンハッタンカフェ産駒は、
単勝万馬券を除くと(1-1-1-1)

3着内率75%、
単勝回収率165%、複勝回収率472%。

テイエムオーロラが4番人気1着、
セラフィックロンプが14番人気2着。

フミノイマージンが4角12番手から3着。
(勝ち馬とはクビ、クビ差)

さらに先週の東京芝1800Mで、
マンハッタンカフェ産駒が(2-0-0-0)だったことも追い風。

しかも2頭共に牝馬だった。
(毎日王冠のルージュバック、山中湖特別のクインズミラーグロ)


同馬の買い材料は血統面だけでなく、
年齢や実績面からも狙い目十分。

充実の4歳秋ということで、
当レースは4歳馬の期待値が最も高い。

過去10年で単勝50倍以上を除くと3着内率33%、
つまり3頭に1頭が馬券絡み。

回収率は単複共に100%を超えている。
(単勝回収率は160%オーバー)


そして4歳馬の中でも
当レースで最も好走率が高いのは「前年の秋華賞連対馬」

勝ち馬はほとんど出てこないので狙いは2着馬。
(勝ち馬は仮に出てきてもアパパネのように酷量を背負わされる)

前年の秋華賞2着馬は、
過去10年の府中牝馬Sで(1-3-0-2)

連対率67%、
単勝回収率308%、複勝回収率188%、

馬券圏外に敗れた2頭中1頭も13番人気ながらクビ差4着、
前年の秋華賞2着馬は当レースでほとんど崩れない。

14年2着スマートレイアー
11年2着アニメイトバイオ(4番人気)
09年1着ムードインディゴ(7番人気)
08年4着レインダンス(13番人気)
07年2着アサヒライジング


同馬は外枠の方が能力を発揮できるので、
大外枠も歓迎と言っていい。

ここまでの4勝は全て「7、8枠」という外枠巧者。
(7、8枠だと6戦4勝)

間隔をあけた方がいいタイプなので、
休養明けも問題ない。

ここまでの重賞2勝(Fレビュー、京都牝馬S)は、
それぞれ2ヶ月、3ヶ月の休養明けだった。

10月~3月は(4-1-0-1)
寒い時期に調子を上げてくる馬でもある。


そして非根幹距離の方が合っている印象なので、
1800Mという距離もいい。

デビュー戦は1800Mで楽勝、
重賞2勝は共に1400M。

2200Mのエリザベス女王杯でも、
致命的な不利がありながら0.3差と善戦。

非根幹距離でまともに負けたのはローズSのみ、
(ハイペースを先行、しかもジョッキーがムチを落としていた)


まとめるとクイーンズリングは、
当レースに強い「SS×ダンチヒ」の配合馬で、

しかも特注種牡馬と言っていい「マンハッタンカフェ産駒」
さらに好走率が極めて高い「前年秋華賞2着の4歳馬」

極めつけは外枠巧者が外枠をゲット。

季節適性も抜群、
間隔をあけてきた点や非根幹距離もいい。

ここまで買い材料が揃えば素直に軸、
成長力十分の血統背景で注目の4歳秋初戦。


以上がメルマガからの抜粋文。

まさに連対を外すことは考えづらい状況だったわけだが、
結果は4角で的中を確信できるほどの楽勝劇。

個人的には必然の結果、
あらゆる角度から分析しても死角なし。

事前検証段階から自信ありだったが、
枠順発表で確信に変わった。

母父アナバーは凱旋門賞を連覇したトレヴの母父、
父としてもG1を14勝した女傑ゴルディコヴァなど多くの名馬を輩出。

まだまだ強くなる可能性を秘めているが、
次走は「あのレース」を選択してもらいたいところ。

1、2番人気スマートレイアー、マジックタイムはベストの条件ではなく、
アスカビレンが普通に先行していれば2着はあった。

そうなれば馬連50倍、3連複60倍に配当は跳ね上がったが、
高配当ゲットは今週に持ち越しということで。


相変わらず◎の精度は抜群に高いので、
そろそろホームランが出る頃合いだろう。

ここ2ヶ月(9週)の◎成績は、
(6-7-2-5)

勝率30%、連対率65%、3着内率75%
単勝回収率126%、複勝回収率149%

なんと20頭中15頭が馬券絡み。
(内13頭が連対)

先々週の京都大賞典は単勝17倍のアドマイヤデウス◎
結果はキタサンブラックのクビ差2着。

先週の府中牝馬Sは◎クイーンズリングが単勝6.5倍で楽勝、
秋華賞は◎パールコードが単勝13.7倍ながら2着。

ここまで◎が連対し続けると気持ちいいの一言、
単複ベタ買いでも大幅プラス。

今週の勝負レースにおいても、
信頼できる軸馬候補が存在しているのでお楽しみに。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先にサンプルあり)

1レースあたりのメルマガの量は1万文字が基本。
(事前検証、出走全馬の見解、買い目、買い目詳細の4部構成)

10、11月は残り18レースの提供予定だが、
初月無料の特典をつけているので、

1ヶ月分の購読料で11月末までOK、
つまり今週から購読を開始すれば1レース300円。

1万文字の分析量がなんとジャスト300円、
大ボリュームの重賞予想が超低価格。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ