競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼93 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
他人が知らない情報
2016/09/16 14:00:00
テーマ: 未設定
今週はセントライト記念、ローズSの2本立て、
ローズSはシンハライトvsジュエラーに注目といったところだが、

先週の阪神外回りで(6-1-0-0)
ローズSはこのデータに該当しそうな馬を積極的に狙うべき。
このデータとは→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで4位付近)

では本日の本題。


最後の切り札という意味で打っている「注」
個人的には「隠し玉」と呼んでいる。

「注」はとんでもない人気薄に打つ時がほとんどなので、
全ての勝負レースに存在しているわけではない。

「☆」が常識的な穴馬に打つ印なら、
(☆は無料メルマガで紹介中※期間限定)

「注」は非常識な穴馬に打つ印、
つまり「注」が存在するレースは特大配当ゲットのチャンス。


今年の「注」は平均10.3番人気だったにもかかわらず、
(平均単勝オッズは60.8倍

3着内率19%と5頭に1頭が激走、
複勝回収率は130%オーバー。

自分が注(切り札)に指名した超人気薄は、
平気で馬券になるのである。


先週のセントウルSではラヴァーズポイントを「注」に指名、
結果は単勝53倍ながら3着。

先月の小倉記念ではクランモンタナを「注」に指名、
結果はブービー人気ながら1着。

先々月の函館記念ではケイティープライドを「注」に指名、
結果は13番人気2着。

さらに京都新聞杯のアグネスフォルテ(単勝41倍で2着)や、
フローラSのアウェイク(単勝63倍で3着)をはじめ、

フラワーCのウインクルサルーテ(単勝96倍で3着)や、
シルクロードSのワキノブレイブ(単勝90倍で3着)など、

新聞ではオール無印に近い面々を「注」に抜擢、
まさに非常識な大穴馬。

独自の分析で導き出された「最後の切り札」
今後も「注(切り札)」は大暴れしてくれることだろう。


今回はメルマガのサンプルとして、
先週のセントウルSでラヴァーズポイントを大穴推奨した理由を紹介。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(出走全馬の見解、買い目詳細の流れ)


父マイネルラヴ、母父タマモクロス共に意外性を秘める種牡馬、
特にタマモクロスがいい。

現在は母父として活躍しているが、
母父タマモクロスの芝重賞での回収率は、

単複共に140%を超えている。
(04年以降)

好走例のほとんどが人気薄、
代表例は何と言ってもヒットザターゲット。

これまで6度の重賞好走があるが、
その人気は5、6、8、8、11、11番人気。

母父タマモクロスは夏場の重賞での激走が目立つことも特徴、
前記ヒットザターゲットは昨年の札幌記念で8番人気2着。

翌週の新潟2歳Sでも、
マコトルーメンが8番人気3着。

古くはヤマニンアラバスタやケンブリッジレーザが夏重賞で激走、
ラヴァーズポイントも2歳時に小倉2歳Sで穴をあけている。

そして2走前のCBC賞も7番人気ながら2着、
まさに血統のなせる業。

前走北九州記念で人気を裏切ったのも血統通り、
マイネルラヴ産駒はOPクラスで連続好走しない。

前走OP、重賞で3着以内に好走したマイネルラヴ産駒が、
次走もOP、重賞に出走してきた時の成績は(0-0-0-31)


最後の切り札は、
人気薄ラヴァーズポイントを指名。

能力的には微妙だが、
使っている強みと前に行ける強みがある。

しかも父、母父共に意外性を秘める種牡馬、
まさに人気落ちのタイミングで狙い撃つタイプ。

1000万を勝った時は12番人気、
そして昨秋以降の成績は(0-2-2-2)だが、

1、2番人気だと(0-0-0-2)で、
6番人気以下だと(0-2-2-0)


さらに当レースは「牝馬」が強いレース、
そして「3歳馬」の激走も頻繁に起こっている。
(今年は出走なしなので3歳馬のデータは紹介しなかったが)

つまり斤量が効くレース、
伏兵が馬券になる場合も「牝馬」か「3歳馬」がほとんど。

4番人気以下で馬券になった馬は07年以降で述べ14頭、
内12頭が「牝馬」か「3歳馬」

今年は「3歳馬」の出走はないので、
4番人気以下で馬券になるとすればウリウリかラヴァーズポイントか。


以上がメルマガからの抜粋文。

結果は単勝53倍ラヴァーズポイントが3着、
今年もセントウルSで穴をあけたのは斤量有利の牝馬。

さすがは人気薄でこその馬、
これで昨秋以降6番人気以下だと(0-2-3-0)

マイネルラヴやタマモクロスの特徴は、
相当マニアックなだけに覚えておいて損はない。

現代競馬は情報弱者が負けるゲーム、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

数え切れないほどの様々な有効データを所有、
これが自分のストロングポイント。


最後にセントウルSで有効なデータをもう一つ紹介、
来年以降も使えるはずだ。

特に買い目を絞り込むためには欠かせないデータ、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


牝馬と3歳馬の期待値が高い一方で、
「4歳以上の牡馬」の期待値は高くない。

馬券になるのは人気馬がほとんど、
「4歳以上の牡馬」が4番人気以下だと07年以降(0-2-0-55)

馬券になったのは2頭のみ、
08年シンボリグランと11年ラッキーナイン。

2頭共に「G1実績馬」だった。
(前者はマイルCS3着、後者は香港のG1馬)

アットウィル、エイシンブルズアイ、スノードラゴンは、
買い材料がある伏兵なので買い目に入れたが、

4番人気以下の「4歳以上の牡馬」なので期待値が低いゾーン、
重い印は打てないだろう。


以上がメルマガからの抜粋文。

エイシンブルズアイは新聞にズラリと印が並んでいたので、
穴人気(単勝9倍の5番人気)していたが、

上記データを知っていれば、
同馬に重い印を打つことはないだろう。

4番人気以下の4歳以上の牡馬は、
昨年まで57頭出走して馬券になったのは僅か2頭。

つまり今年のセントウルSはデータ通りなら、
上位人気3頭(1~3番人気)と牝馬2頭の5頭立て。

結果は1、2番人気のワンツー、
そして3着に人気薄の牝馬が食い込むというデータ通りの結果。

これで4番人気以下の4歳以上の牡馬は(0-2-0-63)
このゾーンを狙うのは効率が悪すぎる。


先週は中山の2重賞(紫苑S、京成杯AH)で馬連も3連複も的中させたが、
セントウルSの3連複50倍も楽に取れたはず。

ラヴァーズポイントを拾えるかどうかが全てだったレース、
軸をウリウリにしてしまったのは反省。

素直に○▲のどちらかが◎でも良かったか。
(ビッグアーサーかネロ)

とは言っても調子は上向き、
3、4週前は全勝。

先々週はハナ差でプラス収支を逃したが、
先週は3戦2勝。

ビッグウェーブが来るのも時間の問題、
ワクワクしながら大ホームランをお待ちいただければと思う。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から、
現在ポイント50%還元のキャンペーン実施中。
(9月末で終了なのでお早めに)

さらに初月無料の特典まで付いているので、
この機会をお見逃しなく。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ