競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
ヴィブロスが不動の軸だった理由
2016/09/14 19:00:00
テーマ: 未設定
今週はセントライト記念、ローズSの2本立て、
本日はローズSで半信半疑の人気馬を紹介。
この馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで4位付近)


今年の◎成績は3着内率40%オーバー、
単勝回収率は130%を超えている。

最近だけ見ても自分が◎を打った馬の信頼度は抜群、
ここ4週の◎は(3-3-1-2)

勝率33%、連対率67%、3着内率78%、
単勝回収率177%、複勝回収率175%。

9頭中7頭が馬券対象。
(内6頭が連対)

先週も紫苑S、京成杯AHの◎が連対。
(紫苑Sは3番人気ヴィブロス◎、京成杯AHは6番人気カフェブリリアント◎)

今回はヴィブロスに◎を打った理由を紹介、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


今年から重賞に昇格したが、
メンバーレベルはさほど上がっていない印象。
(もちろん多少は上がったが)

桜花賞、オークスで掲示板に載った馬の出走はビッシュ1頭、
約半数が前走500万からの臨戦。

傾向はそれほど変わらない可能性が高く、
となれば例年機能しているデータは今年も継続するはず。


まずは紫苑S伝統の「2つのマイナスデータ」を紹介。

<1>
紫苑Sの伝統と言えば、
オークス組をはじめとする「G1組の大不振」

前走G1に出走していた馬は、
新潟施行だった14年を除く07年以降(1-0-2-16)

前走G1出走馬ということで、
19頭中15頭が「4番人気以内」に支持されたが、
(内7頭が1番人気)

勝ったのは12年パララサルー1頭、
3着も08年レッドアゲート、10年コスモネモシンの2頭のみ。

上記3頭は全馬「1番人気」
つまり2番人気以下は全滅となっている。

1番人気でも半数は馬券圏外、
昨年はテンダリーヴォイスが1番人気11着。

オークス2着ピュアブリーゼ、オークス3着アイスフォーリス、
オークス4着ミンティエアー、オークス5着スピードリッパーをはじめ、

オークス6、7着デリキットピース、ダイワズーム、アカンサスなど、
オークスで善戦した馬が馬券圏外に消えている。

今年の出走馬の中で、
前走G1に出走していた馬は、

ウインファビラス
エンジェルフェイス
ゲッカコウ
ビッシュ
フロンテアクイーン


<2>
事前検証でお伝えした通り、
紫苑Sは「末脚」が重要なレース。

よって前走「前に行き過ぎている馬」の成績は低調。

前走3角2番手以内で通過していた馬は、
新潟施行だった14年を除く07年以降(1-0-0-23)

勝ったのは10年ディアアレトゥーサ1頭、
他23頭は全馬「馬券圏外」

1番人気が3頭も消えている。
(マコトブリジャール、ピュアブリーゼ、デリキットピース)

今年の出走馬の中で、
前走3角2番手以内で通過した馬は、

エミノマユアク
エンジェルフェイス
ギモーヴ
クィーンズベスト
ゲッカコウ
ベアインマインド


続いて、
事前検証で紹介した「2大ファクター」

前走「芝の500万」を勝ち上がってきた馬を「A」
父か母父グレイソヴリン持ちを「B」として、

歴代好走馬を改めて振り返ってみると、
(11年以降、新潟施行だった14年は除く)

<15年>
1着クインズミラーグロ(AB)
2着ホワイトエレガンス
3着エバーシャルマン(B)

<13年>
1着セキショウ
2着リボントリコロール(AB)
3着モモトンボ(B)

<12年>
1着パララサルー
2着ブリッジクライム
3着フレイムコード(AB)

<11年>
1着カルマート(A)
2着デルマドゥルガー(B)
3着コスモバタフライ(AB)

11年以降の3着内馬12頭中8頭が、
A、Bのいずれかに該当していた。

そしてABの両方に該当していた馬が、
4年連続で馬券になっている。


A、Bのどちらにも該当せずに好走した4頭中、
ホワイトエレガンス、セキショウ、ブリッジクライムの3頭は、

前走1000万に出走、
当レースは条件戦組の期待値が高いのである。

前走条件戦でもなければ、
グレイソヴリン持ちでもなかった馬で好走したのは、

12年パララサルー1頭、
同馬は1番人気に支持されていた。

まとめると当レースで狙うべき馬は、
A、Bの該当馬or前走1000万出走馬。

では今年の出走馬を見てみると、

<A>
ギモーヴ
パーシーズベスト
ベアインマインド
ヴィブロス

<B>
ウインファビラス
エンジェルフェイス
ファータグリーン

<前走1000万>
クィーンズベスト


この中で「2つのマイナスデータ」に引っかかっていない馬は、
(前走G1でもなければ、前走3角2番手以内でもない)

パーシーズベスト
ヴィブロス
ファータグリーン


ABの両方に該当していた馬が、
4年連続で馬券になっていることから、

今年もABの両方に該当している馬が存在すれば、
迷わず◎を打ったが、

残念ながら今年は不在、
というわけで◎は上記3頭から選択。

ファータグリーンは面白い1頭だが、
前走500万で負けているので軸にはできない。
(500万敗退組は過去10年で連対なし)

パーシーズベストは乗り替わりが不安材料、
柴山の今年の芝重賞成績は(0-1-0-22)


◎はヴィブロス。

前走の圧勝劇は嵌った感はあるものの、
勝ちタイムは前週の古馬準OPと僅か0.2差。

これは決してフロックでは叩き出せないタイム、
明らかに春から成長している。

世界屈指の牝系グローリアスソングの一族、
成長力十分の血統背景だけに納得のパフォーマンス。

いよいよ良血開花と言ったところだろう。
(姉ヴィルシーナ、兄シュヴァルグランも夏を越して大きく成長)

紫苑Sは末脚が重要なレース、
中団からの差し切り勝ちが期待できる。


中山内回りも合うはず。

母ハルーワスウィートはヘイロー3×4、
つまりSS系種牡馬を付けると、

その仔はヘイロー3×4×5となる。
(SSの父はヘイローなので)

ヘイロークロスと言えば機動力アップの象徴、
つまりハルーワスウィートの仔は小回りがベター。

ヴィルシーナが最強牝馬ジェンティルドンナに最も迫ったのは、
京都内回りの秋華賞。
(桜花賞、オークス、ローズSは完敗も秋華賞ではハナ差)

内回りではG1級の牡馬相手でも善戦。
(宝塚記念でゴールドシップ、カレンミロティックの3着)

シュヴァルグランの重賞初制覇は、
阪神内回りの阪神大賞典。


以上がメルマガからの抜粋文。

これだけ買い材料が揃えば安心の軸、
そしてヴィブロスを軸に馬連と3連複の買い目を提供したが、

結果は馬連12.1倍&3連複38.4倍のダブル的中、
あれだけの不利を受けながら連対確保は立派。
(パトロールを見てほしい)

▲パーシーズベストが3着ならもう少しついたが。
(惜しくもハナ差4着)


上記内容はメルマガのほんの一部、
毎週大ボリュームでお送りしている。

今週の2重賞(セントライト記念、ローズS)においても、
ものすごい量のメルマガをお送りするのでお楽しみに。

メルマガは4部構成、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして最後は買い目&買い目詳細のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

現代競馬は情報弱者が負けるゲーム、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。
(買い目をアレンジしている方は非常に多い)

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

自身のメルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
全てを体感してから馬券を買ってもらいたい。

どれだけ納得できるかがギャンブルで勝つために大切なこと。
(裏づけがないと命の次に大切な金を思い切って懸けられない)


今年で8年目に突入したメルマガ。
(09年創刊、13年5月に売上1億円突破)

9、10月は残り16レースの提供予定だが、
初月無料の特典をつけているので、

1ヶ月分の購読料で10月末までOK、
つまり今週から購読を開始すれば1レース337円。

1万文字の分析量がなんと300円台、
大ボリュームの重賞予想が超低価格で見れるのである。

しかも現在ポイント50%還元のキャンペーン実施中。
(新規でお申込みいただいた方が対象、再講読の方は対象外)

還元されたポイントは自由に利用可能、
2500円分の買い物が出来るという凄いキャンペーン。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ