競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼96 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
◎は迷わず
2016/09/02 16:00:00
テーマ: 未設定
今週は札幌2歳S、小倉2歳S、新潟記念の豪華3本立て、
明日の札幌2歳Sでいい枠をもらったなと思う伏兵は、
この馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで5位付近)


先週の勝負レースは2レース共に◎が快勝、
しかも2レース共に本線で的中。
(新潟2歳Sは◎▲△、キーンランドCは◎○△)

新潟2歳Sはレース回収率が450%に達したので、
それなりに満足できる結果。

一方でキーンランドCは配当面で微妙だったものの、
ほぼ分析通りの結果だったことに満足。

3着が☆ナックビーナス(9番人気)なら、
3連複の配当は約3倍になったのだが僅かに及ばず。

シュウジが2倍台前半の断然1番人気だったが、
◎は迷わずブランボヌールの方。

それは以下の文章を読んでいただければ一目瞭然、
他の人気馬の分析結果も合わせて紹介。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(最終結論のメルマガから抜粋)


事前検証で紹介した3つの重要ファクター、
簡単におさらいしておくと、

<A>
前走上がり最速→5連勝中。

<B>
前走連対→5年連続で2頭ずつ馬券圏内。

<C>
前走3着以下&近2走内にG1出走→5年連続で馬券圏内。


13年函館開催を除く10年以降、
5番人気以下で馬券になった馬は6頭いるが、

内4頭は「C」の該当馬、
毎年のように「5番人気以下のC」が穴をあけている。

15年2着トーホウアマポーラ(9番人気)
14年3着マジンプロスパー(5番人気)
11年2着ビービーガルダン(6番人気)
10年3着ベストロケーション(8番人気)


上記4頭は全馬「前走掲示板外」だったので、
今回は人気が落ちていた。

当レースはこのパターンを狙うのが、
おいしい配当を手にするための近道と言える。

今年は「C」の該当馬が4頭いるが、
(詳細は事前検証を参照)

この中でレッツゴードンキ、アクティブミノルは前走3、4着、
よって軸はサトノルパン、ブランボヌールの2択。
(前者は前走18着、後者は前走6着)

2頭共にディープ産駒だが、
牝馬のブランボヌールの方に◎を打つ。


当レースは牝馬の期待値が高いレース、
特に間隔をあけてきた牝馬。

中7週以上の牝馬(単勝万馬券は除く)の成績は、
13年函館開催を除く10年以降(4-1-1-5)

勝率36%、連対率46%、3着内率55%、
単勝回収率373%、複勝回収率245%。

15年1着ウキヨノカゼ(8番人気)
15年2着トーホウアマポーラ(9番人気)

14年1着ローブティサージュ(3番人気)

11年1着カレンチャン

10年1着ワンカラット
10年3着ベストロケーション(8番人気)

不発に終わったのは12年のみ、
昨年は該当馬3頭中2頭のワンツーで馬単599倍。

一昨年は該当馬がローブティサージュ1頭だったが、
同馬がピンポイントで1着。

10年は該当馬2頭が共に馬券圏内、
その内の1頭は人気薄だった。

今年は中7週以上の牝馬が4頭、
ブランボヌール、ソルヴェイグ、レッツゴードンキ、ナックビーナス。


というわけでブランボヌールが◎、
今年は同馬の巻き返しに期待。

上記データを駆使しなくても、
今回の同馬は条件が大幅に好転するので「買い」
(詳細は出走全馬の見解を参照)

桜花賞、NHKマイルCで大崩れしなかったのは、
高い能力のなせる業。

叔父のダコールは8歳になった今年も活躍中、
3/4同血のブランボヌールも成長力十分なのだろう。

母ルシュクルは全3勝が洋芝(札幌&函館)の1200M、
ベストの舞台で51キロなら走る可能性が高いはず。


○も3歳馬シュウジ。

前走連対しているので「B」に該当、
そして血統的にコース適性、季節適性がドンピシャ。
(詳細は出走全馬の見解を参照)

G1級のスプリンターになれるだけの器、
ここは通過点か。

昨日の札幌7R(芝1200M)で、
キンシャサノキセキ産駒オフクヒメ(4番人気)が勝ったことも後押し。


3番手はサトノルパン。

前述の通りブランボヌールと同じパターン。
(Cに該当している上に前走掲示板外)

人気落ちの実力馬を狙い撃つのが当レース攻略の定石、
まさに今年はサトノルパンが適任。

しかし同馬を単体で見ると凡走してもおかしくない状況なので、
印は▲がしっくりくる。

芝1200Mの2勝は共に「後傾ラップ」
スプリント戦ではスローになってほしいタイプ。

本質的にはスプリンターではないのだろう。

キーンランドCは「前傾ラップ」が定番。
(過去10年で後傾ラップは一度もなし)

よって脚を溜められない可能性あり、
そして重賞では短縮のオプションが欲しい馬でもある。
(今回は同距離ローテ)


レッツゴードンキは本質的に1200Mは短いので、
内枠で行き脚つかないと包まれる可能性あり。

同馬は行き脚がつかなくても挽回できる機動力があるので、
スムーズに進出できる外枠は歓迎だろう。

札幌は円形(コーナーが大回り)なので、
捲りやすいコース形態。

よってキーンランドCも外枠の成績がいい。
(近2年は7、8枠が2頭ずつ馬券対象)

函館SSで連対圏外だった馬の好走率は低いので半信半疑だが。
(詳細は下記参照)


ソルヴェイグの買い時は明らかに前走、
今回は人気が大幅に上昇したので押さえまで。

キーンランドCは「前走上がり最速馬」が強いことからもわかるように、
函館SSよりも「末脚」が生きるレース。
(前走上がり最速馬が5連勝中)

よって先行策から押し切るタイプのソルヴェイグにとって、
函館SSの方が向いている。
(函館SSは上がり11位ながら1着)

重い芝の短距離戦はベストだが、
今回は合っているレース質とは言い難い。


UHB賞組の5頭は無印。

この組の好走率は非常に低く、
13年函館開催を除く10年以降(0-0-1-24)

馬券になったのは11年3着パドトロワ1頭、
同馬はUHB杯で1馬身以上の着差で快勝してきた馬。
(しかも当年のスプリンターズSで2着するほどの馬)

昨年は2番人気レッドオーヴァル、3番人気エポワスが凡走、
一昨年は2番人気スマートオリオンが凡走。

UHB賞組は基本的に軽視でいい。


前走函館SSで連対圏外だった馬も好走率は低く、
過去10年遡っても(0-0-1-17)

馬券になったのは07年3着ワイルドシャウト1頭、
つまり過去8年だと全滅。

というわけで函館SSで4着に敗れたアクティブミノルは無印、
初の58キロも厳しいだろう。

当レースは函館SS組やUHB賞組の出走が多いが、
別路線組に妙味あり。


以上がメルマガからの抜粋文、
結果は別路線のブランボヌールがシュウジを鮮やかに差し切った。

馬体が戻っていた時点で勝負あり、
ベストの舞台で51キロは恵まれすぎ。

成長力十分の配合なので今後が楽しみ、
ローカル平坦なら相当強い。
(母父サクラバクシンオーが強く出ているので距離適性は短い)

3着は外から追い込んだレッツゴードンキ、
これで3年連続で7、8枠が2頭ずつ馬券対象。

実質2番人気だったソルヴェイグは4着、
函館SSの方が向いていたので納得の結果。

サトノルパンはやはり前傾ラップでは走らず。
(短縮のオプションもなかったので)

オール無印としたUHB賞組5頭は全馬「掲示板外」
エポワスやオメガヴェンデッタはローテが悪かった。

ちなみに有利な中7週以上の牝馬4頭は全馬「掲示板」
(1、3、4、5着)


上記内容はメルマガのほんの一部、
毎週大ボリュームでお送りしている。

今週の3重賞(札幌2歳S、小倉2歳S、新潟記念)においても、
ものすごい量のメルマガをお送りするのでお楽しみに。

メルマガは4部構成、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして最後は買い目&買い目詳細のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

現代競馬は情報弱者が負けるゲーム、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。
(買い目をアレンジしている方は非常に多い)

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

自身のメルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
全てを体感してから馬券を買ってもらいたい。

どれだけ納得できるかがギャンブルで勝つために大切なこと。
(裏づけがないと命の次に大切な金を思い切って懸けられない)


今年で8年目に突入したメルマガ。
(09年創刊、13年5月に売上1億円突破)

9、10月は22レースの提供予定だが、
初月無料の特典をつけているので、

1ヶ月分の購読料で10月末までOK、
つまり今週から購読を開始すれば1レース245円。

1万文字の分析量がなんと245円、
大ボリュームの重賞予想が超低価格で見れるのである。

しかも現在ポイント50%還元のキャンペーン実施中。
(新規でお申込みいただいた方が対象、再講読の方は対象外)

還元されたポイントは自由に利用可能、
2500円分の買い物が出来るという凄いキャンペーン。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先にサンプルあり、今週更新)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ