競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
連対を外すことは考えづらい状況
2016/09/01 17:00:00
テーマ: 未設定
今週は札幌2歳S、小倉2歳S、新潟記念の豪華3本立て、
血統的に注目している伏兵は、
この馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで5位付近)


先週の新潟2歳Sは◎から馬連&3連複勝負、
相性がいいレースとお伝えしていたように自信はあった。

結果は上位評価1~5番手の5頭中4頭が掲示板、
◎▲△で41倍&84倍のダブル的中。

6頭が単勝10倍未満と人気が相当割れていたが、
◎は迷わず3番人気ヴゼットジョリー。

同馬の信頼度はかなり高かった上に、
▲オーバースペック(6番人気)も買いの一手だった。

それは以下の文章を読んでいただければ一目瞭然。
(最終結論のメルマガから抜粋)


当レースのポイントは、
「差す競馬の経験」と「ゆとりあるローテ」

具体的には「前走3角5番手以下」で「中4週以上」
(データの詳細は事前検証を参照)

前走3角5番手以下を「A」
中4週以上を「B」として歴代好走馬を見ていくと、

15年1着ロードクエスト(AB)
15年2着ウインファビラス(AB)
15年3着マコトルーメン(AB)

14年1着ミュゼスルタン(A)
14年2着アヴニールマルシェ(AB)
14年3着ニシノラッシュ(B)

13年1着ハープスター(AB)
13年2着イスラボニータ(AB)
13年3着ピークトラム(AB)

12年1着ザラストロ(AB)
12年2着ノウレッジ(AB)
12年3着サウンドリアーナ(AB)


12年以降の3着内馬12頭中10頭がAB共にクリア、
つまり「前走3角5番手以下」で「中4週以上」だったということ。

ABクリア馬さえ買っておけば、
12年、13年、15年は1~3着を網羅できたのである。

ちなみに15年(昨年)はABクリア馬は5頭だったが、
この5頭中4頭が1、2、3、5着で3単26万馬券。
(2、3、5着は8番人気以下)

13年はABクリア馬が4頭だったが、
この4頭がそのまま1~4着。
(4頭の人気は1、4、6、14番人気)

12年はABクリア馬が多かったが、
当然のように1~3着を独占して3単47万馬券。


14年はABクリア馬がアヴニールマルシェしか馬券にならなかったが、
(1着ミュゼスルタンはAのみ、3着ニシノラッシュはBのみ)

この年はABクリア馬4頭中2頭が、
「単勝60倍以上」という苦しい布陣だったので仕方ない。

基本的に新潟2歳SはABを共にクリアしている馬を買っておけば、
的中する可能性が高いレース。

しかも高配当もゲットできるとなれば、
ABクリア馬を狙わない手はないだろう。


今年の出走馬の中でABを共にクリアしているのは、
(前走3角5番手以下で中4週以上)

ウインシトリン
キャスパリーグ
オーバースペック

ほぼクリアしていると言えるのは、

ヴゼットジョリー
マイネルパラディ

この2頭は「前走3角5番手以下」ではないが、
4角では「5番手以下」だったので差す経験はしている。

まずは上記5頭に印を回すのは当然、
そしてもちろん軸も上記5頭の中から選択。


軸はSSとノーザンダンサーの配合馬から選びたいので、
キャスパリーグ、ヴゼットジョリーの2択。

SS系×ノーザンダンサー系(逆配合含む)の人気馬は、
当レースでの信頼度が高いのだ。

4番人気以内に支持されると、
過去5年で(4-1-0-3)

勝率50%、連対率63%、
単勝回収率320%、複勝回収率126%。

15年1着ロードクエスト
14年ハナ差2着アヴニールマルシェ
13年1着ハープスター
12年1着ザラストロ
11年1着モンストール

現在5年連続で連対中。
(内4年で勝ち馬が出ている)

昨年は該当馬2頭中1頭が1着、
一昨年は該当馬2頭中1頭がハナ差2着。

12年、13年は該当馬が1頭ずつだったが、
その1頭がピンポイントで1着。

11年は該当馬2頭中1頭が1着、
単勝オッズは13倍とおいしかった。


ヴゼットジョリーは3、4番人気付近、
キャスパリーグは5、6番人気付近ということで、

軸はヴゼットジョリー、
4番人気以内のSS系×ノーザンダンサー系(逆配合含む)は同馬のみ。

5年連続で連対中(内4勝)となれば、
同馬に◎を打つのは自然の流れ。

ローエングリン×SSと言えば2歳王者ロゴタイプの他に、
重賞で3度馬券になったゴットフリートが思い出されるが、

ゴットフリートは2歳時に、
新潟芝1600Mの特別戦で強い勝ち方をしている。
(後のG1馬マイネルホウオウを撃破)


さらに昨日の新潟は芝1600Mが1鞍行われたが、
(5Rの2歳新馬)

父ノーザンダンサー系で母系にSSを持っている馬は、
18頭中2頭(7番人気、17番人気)しか出走していなかった。

さすがに17番人気は厳しかったが、
7番人気ルートディレクトリが1着。

ヴゼットジョリーにとって追い風、
同馬向きの馬場になっている可能性が高い。


そして同馬は父、母父だけでなく、
母母父も強調できる。

母母父は凱旋門賞馬ソーマレズだが、
(ソーマレズは欧州の名血ブラッシンググルーム系)

3代内にブラッシンググルーム系を持った馬は、
出走数こそ少ないものの当レースで頻繁に激走。

12年3番人気1着ザラストロの母母父、
11年9番人気3着クイーンアルタミラの父。

そして08年15番人気2着ツクバホクトオーの母父が、
ブラッシンググルーム系であった。

つまりヴゼットジョリーはザラストロと父、母父、母母父が同系統。
(父ノーザンダンサー系、母父SS系、母母父ブラッシンググルーム系)


▲もABクリアのオーバースペック。

前走は次位に0.7差をつける「上がり最速35.7」
前々走も次位に0.4差をつける「上がり最速34.1」

全く異なる状況でのパフォーマンス。
(前走は福島でハイペース、前々走は東京でスローペース)

まさにコース、展開不問の末脚、
今回も直線で確実に追い込んでくるはず。

血統的には将来「ダート馬」になっている可能性が高いが、
当レースはそういうタイプが激走する。

米国ダート血統は仕上がりの早さが武器、
そして左回りの平坦コースに強いので当レースは合うのだ。
(米国の競馬場がそうだから)

ストリートセンス産駒ノウレッジ(10番人気2着)や、
ケイムホーム産駒サウンドリアーナ(9番人気3着)が代表例。

ストリートセンスやケイムホームは米国のミスプロ系種牡馬だが、
オーバースペックの父プリサイスエンドも同系統。

オーバースペックは父系だけでなく牝系も仕上がり早。
(近親に2歳女王アインブライド)

ここは買いの一手だろう。


同馬の強みはもう一つ、
前走の経験が今回に生きる可能性大。

前走福島芝1800Mの未勝利戦を使っていた馬は、
過去5年で5頭しかいない上に、

5頭全馬「人気薄」だったが、
(内4頭は単勝60倍以上の二桁人気)

内3頭が人気を大きく上回る走りで2、4、4着、
意外にも新潟2歳Sに繋がっているのだ。

13年はウインフェニックスが14番人気4着、
14年はコメートが12番人気4着。

そろそろ馬券になりそうな流れと見て、
昨年は12番人気ウインファビラスを☆に抜擢。
(結果は2着)

そして今年も福島芝1800Mの未勝利戦を使っていた馬が1頭出走、
それがオーバースペックである。

ウインファビラスと酷似した臨戦過程。
(東京芝1600M3着→福島芝1800M1着)


イブキはBのみのクリア、
芝1800Mの新馬勝ちも危険なパターンだが、

特注血統グレイソヴリンを持っている強みがある。
(詳細は事前検証を参照)

13年の1~3着馬や昨年の2、3着馬が、
3代内にグレイソヴリン系種牡馬を持っていたが、

今年は3代内にグレイソヴリン持ちがイブキ1頭、
押さえる必要ありと判断。


以上がメルマガからの抜粋文、
ほぼ分析通りに決まったと言えるだろう。

今年もABクリア馬のワンツー、
新潟2歳Sはデータに忠実なレースなのだ。

◎が3番人気で快勝、▲が後方から追い込んで6番人気2着、
そして5番手(△では最上位)が3着。

普通にキャスパリーグが外に出していれば、
◎○▲で決まっていたと思うが。

不利なローテ&内枠のイブキが3着を確保したのは血統のなせる業。
(特注血統グレイソヴリン&伯父エルカミーノが新潟大賞典で15人気3着)

1番人気モーヴサファイアは見せ場なく惨敗したが、
ABクリア馬ではなかった上に、

父系だけでなく牝系からも危険なパターンだった。
(父ハービンジャー、牝系はキャサリーンパーの一族)

危険だった理由はメルマガのサンプルとして特別公開中。
(一番下にリンクあり)


上記内容はメルマガのほんの一部、
毎週大ボリュームでお送りしている。

今週の3重賞(札幌2歳S、小倉2歳S、新潟記念)においても、
ものすごい量のメルマガをお送りするのでお楽しみに。

メルマガは4部構成、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして最後は買い目&買い目詳細のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

現代競馬は情報弱者が負けるゲーム、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。
(買い目をアレンジしている方は非常に多い)

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

自身のメルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
全てを体感してから馬券を買ってもらいたい。

どれだけ納得できるかがギャンブルで勝つために大切なこと。
(裏づけがないと命の次に大切な金を思い切って懸けられない)


今年で8年目に突入したメルマガ。
(09年創刊、13年5月に売上1億円突破)

9、10月は22レースの提供予定だが、
初月無料の特典をつけているので、

1ヶ月分の購読料で10月末までOK、
つまり今週から購読を開始すれば1レース245円。

1万文字の分析量がなんと245円、
大ボリュームの重賞予想が超低価格で見れるのである。

しかも現在ポイント50%還元のキャンペーン実施中。
(新規でお申込みいただいた方が対象、再講読の方は対象外)

還元されたポイントは自由に利用可能、
2500円分の買い物が出来るという凄いキャンペーン。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先にサンプルあり、モーヴサファイアが危険だった理由)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ