競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
人気馬の凡走理由
2016/08/26 14:00:00
テーマ: 未設定
先週の北九州記念や札幌記念同様、
今週の2重賞(キーンランドC、新潟2歳S)も、

伏兵が勝つ可能性が十分あると見ているので、
一撃炸裂の大チャンスだが、

新潟2歳Sで無視できないデータは、
何と言ってもこれ→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題。


先週の北九州記念は、
伏兵バクシンテイオーが差し切り勝ちを収めたが、

勝ち時計「1.08.5」が大いに味方した結果、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


半弟に羽田盃の勝ち馬アウトジェネラル、叔父にダート王カネヒキリ。
(羽田盃は南関3歳クラシック3冠の1冠目)

米国の一流牝系で馬力十分、
バクシンテイオーは血統通り「パワータイプ」のスプリンター。

時計が掛かった方がベター、
芝1200Mの3勝は全て「1分9~10秒台」

前走バーデンバーデンCの勝ち時計は「1.08.3」
結果は上がり3位の末脚で3着に食い込んでいる。

一方で勝ち時計が1分8秒を切ると、
(0-0-0-3)

昨年の北九州記念の勝ち時計は「1.07.3」
結果は6着止まり。
(3角で不利を受けたので善戦と言えるが)


サクラバクシンオー産駒の牡馬の差し馬と言えば、
サンダルフォンやスギノエンデバー。

前者は09年8番人気1着&10年6番人気3着、
後者は12年8番人気1着。

今年は例年よりも時計が掛かっているので、
同馬でも間に合う可能性あり。

実績の割に人気がない点がいい。
(4走前はG2スワンSで4着)


以上がメルマガからの抜粋文。

フルールシチーは除外となってしまったが、
おそらくバクシンテイオーと一緒に突っ込んできたはず。

3頭出走していたサクラバクシンオー産駒が1~3着、
この可能性は高かったように思う。


今年の北九州記念は人気馬が怪しく、
これも8番人気のバクシンテイオーが突き抜けた要因。

5~7番人気は誰でも無印にできたはずなので、
(プリンセスムーン、ジャストドゥイング、ローズミラクル)

ここでは1~4番人気について触れておこうと思う。
(ベルカント、ラヴァーズポイント、オウノミチ、ベルルミエール)


単勝1.5倍の断然1番人気に支持されたベルカントが敗れたのは、
以下のデータに該当していたからだろう。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。


普通に考えれば◎でいいのだが、
北九州記念のレース傾向を考慮して○評価。

当レースは「以前好走した馬」が着順を落とす傾向、
つまり「非リピーターレース」

以前馬券になった馬が翌年以降に出走してきた場合の成績は、
(0-0-1-18)

以前好走したということで、
19頭中11頭が「1~6番人気」に支持されたが、

馬券になったのは10年3着サンダルフォンのみ、
しかし同馬も前年から着順を落としている。
(前年は1馬身差以上の快勝)

となればベルカントも負ける可能性はあるはず、
断然人気ということも考慮すると◎は別の馬に打つのが定石。


以上がメルマガからの抜粋文、
北九州記念は以前好走した馬が着順を落とすレースなのだ。

今年は「前年好走馬」が2頭出走していたが、
データ通り2頭は昨年よりも着順を落とした。

ベルカント1着→2着(1番人気)
ベルルミエール3着→5着(4番人気)


これでベルルミエールは、
昨年の秋以降(0-0-0-8)となったが、

これは血統通りの成績下降、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


早熟傾向にあるスウェプトオーヴァーボード産駒、
成績下降は血統通りとも言える。

4歳秋(10月)以降のスウェプトオーヴァーボード産駒の芝成績は、
14年以降(3-3-1-90)

3着内率7%、複勝回収率29%、
期待値は相当低くなっている。

好走した7頭中6頭は牡馬。
(レッドファルクスやラインスピリット)

年齢を重ねたスウェプトオーヴァーボード産駒の牝馬に、
期待はしづらいのである。


以上がメルマガからの抜粋文。

今回はスムーズならと思わせる競馬だったが、
今後も過度な期待は禁物。


2番人気で11着に敗れたラヴァーズポイントも、
血統通りの惨敗だったと言える。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。


ラヴァーズポイントは血統的に人気薄でこそのタイプ、
狙い時は明らかにCBC賞だった。

マイネルラヴ産駒はOPクラスで連続好走しないので、
タイミングとしては凡走の番。

前走OP、重賞で3着以内に好走したマイネルラヴ産駒が、
次走もOP、重賞に出走してきた時の成績は(0-0-0-30)


以上がメルマガからの抜粋文、
これで上記データは(0-0-0-31)となった。

ラヴァーズポイントは父だけでなく、
母父も意外性を秘めるタマモクロス。

これは覚えておいて損はないデータ、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


現在は母父として活躍しているが、
母父タマモクロスの芝重賞での回収率は、

単複共に140%を超えている。
(04年以降)

好走例のほとんどが人気薄、
代表例は何と言ってもヒットザターゲット。

これまで6度の重賞好走があるが、
その人気は5、6、8、8、11、11番人気。

母父タマモクロスは夏場の重賞での激走が目立つことも特徴、
前記ヒットザターゲットは昨年の札幌記念で8番人気2着。

翌週の新潟2歳Sでも、
マコトルーメンが8番人気3着。

古くはヤマニンアラバスタやケンブリッジレーザが夏重賞で激走、
ラヴァーズポイントも2歳時に小倉2歳Sで穴をあけている。

そして前走CBC賞も7番人気ながら2着、
まさに血統のなせる業。


以上がメルマガからの抜粋文。

ラヴァーズポイントは父、母父共に意外性を秘める種牡馬、
まさに人気落ちのタイミングで狙い撃つタイプ。

1000万を勝った時は12番人気、
そして昨秋以降の成績は(0-2-2-2)だが、

1、2番人気だと(0-0-0-2)で、
6番人気以下だと(0-2-2-0)


3番人気オウノミチは3着を確保したが、
フルールシチーがいれば4着だっただろう。

ベルカント以外は低レベルのメンバー構成&少頭数、
これも3着を確保できた要因だが、

基本的には人気を裏切るパターン、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


今回は同馬にとってベストのコースだが、
(詳細は出走全馬の見解を参照)

当レースは「牡馬の人気馬」を軽視するのが基本、
5番人気以内の牡馬は09年以降(0-2-0-13)

上位人気で構成されたデータであるにもかかわらず、
馬券になったのは2頭のみ。

15年2着ビッグアーサー
13年2着ニンジャ

ビッグアーサーは断然1番人気で2着、
つまり人気以上に走って馬券になったのはニンジャ1頭。


以上がメルマガからの抜粋文、
結果は3番人気3着なので頑張った方か。

これでローカルでは休養明けを除くと、
(3-4-1-0)

オウノミチは血統通りのローカル巧者。
(特にオレハマッテルゼ産駒は小倉芝1200Mが最も得意)


メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目(結論)の3部構成となっている。

重賞全レースを予想、
1レースあたり「1万文字」が基本という圧倒的な量。

勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

そして当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。
(馬場傾向、前走の有利不利、その馬自身の狙い時など)

数え切れないほどの様々な有効データを所有、
これが自分のストロングポイント。


文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

現代競馬は情報弱者が負けるゲーム、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から、
9月から新規で購読する方のお申し込みを受付中。

しかもポイント50%還元のキャンペーン実施中、
さらに初月無料の特典まで付いている。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ