競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼93 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
人気以上に走るのは確実か
2016/08/18 11:00:00
テーマ: 未設定
北九州記念で毎年必ず好走馬を輩出しているカテゴリー、
現在7年連続で馬券圏内人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題。


最後の切り札という意味で打っている「注」
個人的には「隠し玉」と呼んでいる。

「注」はとんでもない人気薄に打つ時がほとんどなので、
全ての勝負レースに存在しているわけではない。

「☆」が常識的な穴馬に打つ印なら、
(☆は無料メルマガで紹介中※期間限定)

「注」は非常識な穴馬に打つ印、
つまり「注」が存在するレースは特大配当ゲットのチャンス。


今年の「注」は平均10.4番人気だったにもかかわらず、
(平均単勝オッズは64.4倍

3着内率20%と5頭に1頭が激走、
複勝回収率は140%オーバー。

自分が注(切り札)に指名した二桁人気は、
平気で馬券になるのである。


先々週の小倉記念ではクランモンタナを「注」に指名、
結果はブービー人気ながら1着。

先月の函館記念ではケイティープライドを「注」に指名、
結果は13番人気2着。

京都新聞杯のアグネスフォルテ(単勝41倍で2着)や、
フローラSのアウェイク(単勝63倍で3着)をはじめ、

フラワーCのウインクルサルーテ(単勝96倍で3着)や、
シルクロードSのワキノブレイブ(単勝90倍で3着)など、

新聞ではオール無印に近い面々を「注」に抜擢、
まさに非常識な大穴馬。

独自の分析で導き出された「最後の切り札」
今後も「注(切り札)」は大暴れしてくれることだろう。


先週はエルムSに「注」は存在しなかったが、
関屋記念ではリーサルウェポンを「注」に指名。
(単勝万馬券の17番人気)

上がり2位で人気を大きく上回る走りを見せてくれたが、
さすがに狙いすぎたか。

今週予定している「注」は馬券圏内を期待、
人気以上に走ることは間違いないと思うが。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(初月無料の特典付き)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ