競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
洋芝血統狙い
2016/07/28 11:00:00
テーマ: 未設定
今週はアイビスSD、クイーンSの2本立て、
アイビスSD攻略に欠かせない基本データは、
何と言ってもこれ→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで5位付近)

では本日の本題。


今週のクイーンSは、
洋芝血統の伏兵に◎を打ちたいと思っている。

先週の函館2歳Sも、
ザ・洋芝血統と言えるレヴァンテライオンが勝利。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(レヴァンテライオンについて記述した内容)


ミスプロ系×ノーザンダンサー系(逆配合含む)は、
洋芝(函館&札幌)の1200M重賞で要注意の配合。

ティーハーフやローブティサージュが代表例。
(前者は昨年の函館SS1着、後者は一昨年のキーンランドC1着)

函館2歳Sも例外ではなく、
特に外枠馬の安定感が抜群となっている。

6~8枠に入った上記配合馬の成績は、
二桁人気を除くと09年以降(0-2-2-1)

勝ってはいないものの5頭中4頭が馬券圏内、
複勝回収率は170%を超えている。

二桁人気だったので上記データ外だが、
昨年8枠15番から見せ場を作ったタイニーダンサーも上記配合馬。
(12番人気ながら4着)

タイニーダンサーがあれだけ走れたのであれば、
レヴァンテライオンも走る可能性が高いと見るのが妥当。


以上がメルマガからの抜粋文。

レヴァンテライオンが6枠をゲットした時点で、
好走は約束されていたと言っても過言ではないか。
(鞍上も枠が良かったとコメント)

完成度の高さも大きなアドバンテージになったはずだが、
(米国産馬なので)

おそらくダートの中距離で本領発揮、
血統的にも今後楽しみな1頭。

父パイオニアオブザナイルは旬の種牡馬、
代表産駒は何と言ってもアメリカンファラオ。
(37年ぶりに米国クラシック3冠を達成)

母父ゴーストザッパーはBCクラシックをレコード勝ちした名馬、
日本では交流重賞3勝ワイルドフラッパーの父として有名。


いずれにしても今週のクイーンSは、
洋芝血統狙いで一撃炸裂といきたい。

メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(初月無料の特典付き)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ