競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
凡走は考えづらい状況だった伏兵
お礼1
2016/06/16 14:00:00
テーマ: 未設定
昨日は函館SSの穴馬候補を紹介したが、
本日はユニコーンSの穴馬候補を紹介。

抽選組だが枠順、馬場次第で面白いのは、
この2頭→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで4位付近)

では本日の本題。


今年で8年目に突入したメルマガは、
(09年創刊、13年5月に売上1億円突破)

事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目(結論)の3部構成となっている。

重賞全レースを予想、
1レースあたり「1万文字」が基本という圧倒的な量。

勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

そして当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。
(馬場傾向、前走の有利不利、その馬自身の狙い時なども含む)

数え切れないほどの様々な有効データを所有、
これが自分のストロングポイント。


新規でお申込みされる方が「メルマガの流れ」を掴めるように、
今回はサンプルとしてマーメイドSで配信した内容を特別公開。

もちろん全てを公開するわけにはいかないので、
ここでは抜粋して紹介する。
(事前検証、出走全馬の見解、買い目の流れを簡潔に)

ちなみにサンプルを読むだけでも、
早速今週からの馬券攻略に使えるポイントが満載なのでお見逃しなく。

自身のメルマガは前述の通り、
当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも有効なのだ。


レース前日に配信する事前検証では、
当該レースにおける「重要ファクター」を紹介しているが、

マーメイドSで紹介したのはシンプルな血統データ、
以下は事前検証からの抜粋文。


リーディング上位のSS系種牡馬に注目、
特にディープ、マンハッタンカフェ、ステイゴールド、アグネスタキオン。

この4頭の種牡馬は3頭を好走させている上に、
(当レースが現在の施行条件となった07年以降)

複勝回収率も120%を超えている。
(ディープ、ステイゴールドは単勝回収率も200%オーバー)

ディープ産駒(2-1-0-1)
マンハッタンカフェ産駒(1-1-1-7)
ステイゴールド産駒(1-0-2-8)
アグネスタキオン産駒(0-2-1-5)

今年はディープ産駒、アグネスタキオン産駒は不在だが、
ステイゴールド産駒、マンハッタンカフェ産駒は出走。

ステイゴールド産駒はゴールドテーラー、ココロノアイ、
マンハッタンカフェ産駒はヒルノマテーラ。


以上が事前検証からの抜粋文、
血統的に強調できる馬は3頭だった。

結果はヒルノマテーラが7番人気2着、
そしてココロノアイが5番人気3着。

今年のマーメイドSも、
上記血統データがしっかり機能したのである。


◎はココロノアイとしたが、
それは同馬が復活するなら今回と見たから。

以下は出走全馬の見解からの抜粋文。
(ココロノアイについて記述した内容)


ステイゴールド産駒の牝馬は早熟が多く、
ココロノアイもその可能性あり。

デビュー5戦目まで(3-1-1-0)だったが、
6戦目以降は(0-0-0-4)

しかし前走阪神牝馬Sは強敵相手に掲示板、
スマートレイアー、ミッキークイーンと0.5差。

復調気配を見せており、
見限るのは早いと思わせた一戦。

ステイゴールド×デインヒルと言えば、
フェノーメノやナカヤマフェスタが出ているニックス配合。
(後者は母母父がデインヒル)

成長力も兼ね備えているだけに、
復活があるとすればステイゴールド産駒が得意とする今回か。


以上がココロノアイについての見解、
そして◎は迷わずココロノアイと会員様にお伝えしたが、

これを読めば同馬が安心の◎だったことが明白、
以下は買い目のメルマガからの抜粋文。


今回は相手関係が相当楽になっているので、
ここは信頼できるはず。

G2以上(0-0-1-4)
G3以下(3-1-0-0)

G3以下は連対率100%、
単勝回収率642%、複勝回収率220%をマーク。

アルテミスSは9番人気、
チューリップ賞は5番人気で勝っている。

前走は休養明けでG1級相手にあれだけ走れれば、
叩き2戦目&G3の今回は圏内だろう。

秋華賞の内容から2000Mも問題なし。
(手応え抜群もドン詰まり)


ココロノアイは何と言っても血統面が魅力、
梅雨時期~夏場に強い血が詰まっている。

ディクタス、ダンチヒ、ロベルト、リボー、
血統評価は文句なしで「NO.1」

ステイゴールドがこの時期に強いには、
おそらくディクタスの影響だろう。
(ステイゴールドはSS×ディクタスという配合)

ステイゴールドは6月の芝重賞成績が強烈、
二桁人気や単勝50倍以上を除くと(10-1-2-17)

勝率33%、連対率36%、3着内率43%、
単勝回収率472%、複勝回収率181%は圧巻の一言。

勝ち切ることが多いのが特徴、
好走した13頭中10頭が1着というのは異常。

マーメイドSでは9番人気コスモプラチナが1着。
(ココロノアイと同じ1番ゲート)

ソリッドプラチナムも9番人気で1着。
(同馬は人気薄で3年連続好走)

エプソムCではサンライズマックスが4番人気1着、
ラジオNIKKEI賞ではケイアイチョウサンが8番人気1着。

目黒記念ではマイネルメダリストが8番人気1着、
鳴尾記念ではエクスペディションが7番人気2着。

そして何と言っても、
ステイゴールド産駒と言えば宝塚記念だろう。

ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴル、
そしてゴールドシップで5勝を挙げている。

ナカヤマフェスタは◎に抜擢したが、
(単勝37倍で断然人気ブエナビスタを撃破)

同馬は母系もこの時期に強い血が詰まっていた。
(ダンチヒ、リボーなど)

ココロノアイはナカヤマフェスタを彷彿させる配合、
となれば◎を打たないわけにはいかないだろう。


ステイゴールド産駒ではないが、
昨年の宝塚記念で大穴をあけたショウナンパンドラは、
(11番人気3着)

母がステイゴールドの全妹。
(ショウナンパンドラから見てディクタスは母母父)

12年のマーメイドSで大穴をあけたメルヴェイユドールは、
(10番人気3着)

自身がステイゴールドの妹。
(メルヴェイユドールから見てディクタスは母父)

まさに恐るべし「6月のステイゴールド」
特に阪神内回りの重賞で大暴れ。


マーメイドSは毎年のように特大配当が出現しているが、
もっとも荒れた年と言えば08年だろう。

二桁人気のワンツーで馬単18万、3単193万の大波乱となったが、
(ちなみに3着はステイゴールド産駒)

1着トーホウシャインと2着ピースオブラヴは、
共に梅雨時期に強い「リボーとロベルト」の血が母系に両方流れていた。

先週の鳴尾記念で大穴をあけたプランスペスカも、
(鳴尾記念はマーメイドSと同じ阪神芝2000M)

母系にリボーとロベルト持ち。
(単勝252倍で3着)

ココロノアイも母系にリボーとロベルトを持っている上に、
母母父リアルシャダイというのが特にいい。
(リアルシャダイはロベルト産駒)

現在に施行条件となった07年以降、
3代内にリアルシャダイを持っている馬は2頭しか出走していないが、

2頭共に人気薄で馬券になっている。

12年7番人気2着
クリスマスキャロル(母母父リアルシャダイ)

11年13番人気3着
アースシンボル(母父リアルシャダイ)

さらに昨年はリボー持ちの2頭で1、2着。
(勝ち馬シャトーブランシュは8番人気)

マンハッタンカフェ産駒が当レースに強いのは、
リボーの影響だろう。
(マンハッタンカフェはSS×リボー系という配合)

3頭が馬券になっているが、
(フミノイマージン、セラフィックロンプ、テイエムオーロラ)

14番人気セラフィックロンプを大穴に抜擢して、
特大ホームランをかっとばしたのが懐かしい。

同馬は3代内にリボー系が2本、
マーメイドSでこれほどわかりやすい穴馬はいなかったのだ。

前走で復活の兆しを見せたココロノアイ、
相手弱化&血統的に条件大幅好転の今回が買い時だろう。


以上がメルマガからの抜粋文、
まさに今回のココロノアイは凡走が考えづらい状況。

これだけ買い材料が揃えば、
同馬に重い印を打たない方がおかしいだろう。


上記内容はメルマガのほんの一部、
毎週大ボリュームで配信中。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

現代競馬は情報弱者が負けるゲーム、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。

自身のメルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
今週の函館SS、ユニコーンSもお楽しみに。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(初月無料の特典付き)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ