競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼96 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
今週からの馬券攻略に使えるポイント
2016/06/03 12:00:00
テーマ: 未設定
昨年の安田記念は超人気薄クラレントを☆に抜擢して、
12万馬券的中の大ホームラン。

本日は枠順が発表されたが、
いい枠をもらったなと思う人気薄は、
この馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

人気以上に走れる可能性は高くなったが、
大穴で狙うかどうかは思案中。

では本日の本題。


今年で8年目に突入したメルマガ。
(09年創刊、13年5月に売上1億円突破)

6、7月は16レースの提供予定だが、
初月無料の特典をつけているので、

1ヶ月分の購読料で7月末までOK、
つまり今週から購読を開始すれば1レース337円。

月初のお申し込みが断然お得。
(5400円÷16レース)

1万文字の分析量が300円台、
大ボリュームの重賞予想が超低価格で見れるのである。


メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目(結論)の3部構成となっている。

重賞全レースを予想、
1レースあたり「1万文字」が基本という圧倒的な量。

勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

そして当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。
(馬場傾向、前走の有利不利、その馬自身の狙い時なども含む)

数え切れないほどの様々な有効データを所有、
これが自分のストロングポイント。


新規でお申込みされる方が「メルマガの流れ」を掴めるように、
今回はサンプルとして目黒記念で配信した内容を特別公開。

もちろん全てを公開するわけにはいかないので、
ここでは抜粋して紹介する。
(事前検証、出走全馬の見解、買い目の流れを簡潔に)

ちなみにサンプルを読むだけでも、
早速今週からの馬券攻略に使えるポイントが満載なのでお見逃しなく。

自身のメルマガは前述の通り、
当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも有効なのだ。


レース前日に配信する事前検証では、
当該レースにおける「3つの重要ファクター」を紹介しているが、

トップバッターで紹介したデータがこれ、
以下は事前検証からの抜粋文。


末脚とスタミナが重要。
(東京芝2500Mはスタート直後とゴール前に2度の坂越え)

よって前走芝2400M以上のレースで、
上がり3位以内の末脚を繰り出していた馬が好成績。

二桁人気を除くと、
10年以降(4-1-4-11)

3着内率45%、
単勝回収率222%、複勝回収率132%をマーク。

15年2着レコンダイト(4番人気)
15年3着ファタモルガーナ

14年1着マイネルメダリスト(8番人気)
14年3着プロモントーリオ(4番人気)

13年3着カフナ

12年1着スマートロビン

11年1着キングトップガン(7番人気)

10年1着コパノジングー(5番人気)
10年3着フェニコーン(7番人気)

10年以降の過去6回で4勝、
好走した上記9頭中6頭は「4番人気以下」

過去6回で不発なし、
近2年は2頭ずつ馬券になっている。

過去6回で該当馬20頭、
1年平均「3頭」なので狙いやすいという利点もある。

期待値が非常に高いファクター、
今年も該当馬に要注意と言えるだろう。

前走芝2400M以上のレースで、
上がり3位以内の末脚を繰り出した馬は以下の5頭。

クリプトグラム
タマモベストプレイ
マドリードカフェ
マリアライト
モンドインテロ

この中で「一桁人気」に支持されれば、
3着内率45%の上記データに該当する。


以上が事前検証のメルマガからの抜粋文、
強烈な好走率、回収率を叩き出しているデータ。

過去6回で不発なし、
近2年は2頭ずつ馬券になっているという事実から、

今年も機能する可能性が極めて高かった上に、
例年通り「該当馬3頭」と狙いやすい頭数。

上記5頭の中で「一桁人気」だったのは、
マリアライト、クリプトグラム、モンドインテロ。

そしてクリプトグラム、マリアライトのワンツー。
(モンドインテロも見せ場十分で掲示板確保)

さすがはトップバッターで紹介したデータ、
目黒記念攻略には決して欠かせない。

これで7年連続で機能、
3年連続で2頭ずつ馬券になるという結果。

データはさらに厚みを増したのである。


◎はマリアライトとしたが、
それは同馬が馬券にならないのは考えづらい状況だったから。

以下は出走全馬の見解からの抜粋文。
(マリアライトについて記述した内容)


<マリアライト>

同馬の祖母はキャサリーンパーだが、
この一族は「距離が延びてこそ」のタイプが多い。

スタミナが豊富なので、
距離が延びた方がパフォーマンスは上がるのだ。

3代母までにキャサリーンパーを持つ馬の、
JRA重賞(芝、ダート)成績を見てみると、

1600M以下…出走なし
1800~2000M(0-1-1-14)
2100M以上(3-1-2-9)

マリアライトも血統通り「中長距離」で本領発揮。
(エリザベス女王杯でG1制覇、有馬記念や日経賞で善戦)

この一族は2000M以下の重賞で人気を裏切ることが定番だが、
(兄クリソライトもアンタレスSや平安Sで3、4着が精一杯)

2100M以上の重賞では3着内率40%、
回収率も単複共に100%を超えている。
(単勝回収率は200%オーバー)

JCダートではアロンダイトが7番人気1着、
エリザベス女王杯ではマリアライトが6番人気1着。

神戸新聞杯ではリアファルがリアルスティール相手に圧勝。
(菊花賞も0.1差3着)

地方交流なので上記データ外だが、
クリソライトも2400Mのダイオライト記念を連覇中。


以上がマリアライトについての見解。

この一族は中長距離で本領発揮、
これは覚えておいて損はないだろう。

マリアライトの戦績を見ていると、
キャサリーンパー牝系らしさ満載。

700Mの大幅距離延長で挑んだ初の2500M(潮来特別)で、
牡馬相手に3馬身差の圧勝。

普通に考えれば体力的に厳しい条件(しかも牝馬なので)だが、
ここから快進撃が始まった。

アロンダイトやクリソライトを筆頭に、
(前者は5連勝でG1制覇、後者は3連勝でG1制覇)

この一族は勢いに乗ると手がつけられない特徴もあり、
マリアライトが一気にG1を奪取したのも納得。

エリザベス女王杯では235倍的中に貢献してくれたが、
(6番人気ながら○に抜擢)

宝塚記念でも面白い1頭だと思っている。
(タフな条件になるのも人気が落ちるのも好都合と言える配合)


話を目黒記念に戻すと、
マイアライト◎の決め手がこれ。

以下は買い目のメルマガからの抜粋文、
これを読めば同馬が安心の◎だったことがよくわかるはず。


東京芝2400~2500Mの重賞では、
1番人気のディープ産駒の信頼度が抜群に高い。

12年の目黒記念以降(4-2-3-1)
10頭全馬「4着以内」と崩れない。

勝率40%、連対率60%、3着内率90%、
先週のオークスでもシンハライトがしっかり1番人気に応えている。

1番人気で構成されたデータであるにもかかわらず、
複勝回収率130%オーバー。

ちなみに目黒記念も2頭のディープ産駒が1番人気になったが、
2頭共に好走している。
(12年1着スマートロビン、15年3着ファタモルガーナ)


さらに今開催の東京芝も1番人気のディープ産駒は大活躍、
開幕週を除くと(5-2-2-1)

勝率50%、連対率70%、3着内率90%、
単勝回収率124%、複勝回収率118%をマーク。

昨日の東京芝でも2頭の1番人気のディープが勝利。
(4Rミネット、5Rウムブルフ)

上記データから先週以降を抽出すると、
(4-0-0-0)


この流れならマリアライトを信頼、
56キロも特に問題ないだろう。

これまで再三お伝えしているように、
ディープ牝馬は酷量を苦にしない。

56キロを背負ったディープ牝馬の複勝回収率は、
140%を超えている。

何よりも凄いのが56キロで出走した12頭全馬、
少なくとも1回は好走しているという点。

典型例を列挙しておくと、
古くはマーメイドSで桜花賞以来の勝利を挙げたマルセリーナ。
(トップハンデ56キロ)

最近では宝塚記念で大穴をあけた2頭のディープ牝馬、
デニムアンドルビー、ショウナンパンドラ。

ショウナンパンドラは大阪杯でも超一流牡馬相手に、
56キロを背負いながら3着確保。

ミッキークイーンはほとんどの馬が54キロだった阪神牝馬Sで、
初の56キロを全く感じさせない末脚を披露。
(54キロのスマートレイアーとクビ差)

マリアライトも昨年のエリザベス女王杯で、
初の56キロを難なく克服している。


以上が買い目のメルマガからの抜粋文。

東京芝2400~2500Mの重賞では、
1番人気のディープ産駒の信頼度が驚異的。

これは覚えておいて損はないデータ、
4年間で崩れた馬は1頭もいない。

これほど軸が選びやすい条件はないが、
先週の2重賞は共に該当馬が存在するというラッキーな状況。

○◎▲でゲットしたダービーはディーマジェスティが3着確保。
(マカヒキ、サトノダイヤモンドも1番人気のようなもの)

そして目黒記念もマリアライトが連対確保、
これで上記データは3着内率92%まで上昇。

ある程度の母数があって3着内率90%を超えるデータは、
なかなか存在しない。

そういう意味では、
今開催の東京芝における「1番人気のディープ産駒」も凄い。

こちらも3着内率は90%を超えている。
(開幕週は除く)

つまりダービーのディープ産駒や目黒記念のマリアライトは、
2つの90%超データに該当していたということ。

これでは崩れようがない、
まさに鉄板の軸だったわけである。


目黒記念について付け加えておくと、
マリアライトは1コーナーでブレーキをかける大きな不利。

さらに最後の直線では勝ち馬が蛇行して不利。
(勝ち馬の騎手に過怠金)

にもかかわらずクビ差2着の惜敗、
まともなら間違いなく勝っていただろう。

しかも牝馬にとって過酷な56キロを背負ってのもの、
さすがは斤量を苦にしないディープ牝馬。

同馬は430キロ台という小柄な馬体だが、
一流のディープ牝馬は根性が凄い。

昨年の宝塚記念(10番人気デニムアンドルビー◎)や、
エリザベス女王杯(6番人気マリアライト○)などでも役立ったデータ。


そしてマリアライトが一流牡馬相手でも全く怯まないのは、
母父エルコンドルパサーらしい。
(今回だけでなく有馬記念や日経賞でも好走)

ちなみにエルコンドルパサーは自身もそうだったように、
母父に入っても相手強化を苦にしない。

例えば母父エルコンドルパサーは芝の昇級戦で、
非常に優秀な数字をマークしている。


上記内容はメルマガのほんの一部、
毎週大ボリュームで配信中。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

現代競馬は情報弱者が負けるゲーム、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。

自身のメルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
今週の鳴尾記念、安田記念もお楽しみに。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(初月無料の特典付きなので月初のお申し込みが断然お得)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ