競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼93 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
金の無駄遣いをしないために
2016/05/26 18:00:00
テーマ: 未設定
本日はダービーの枠順が発表されたが、
いい枠をもらったなと思う人気薄は、
この馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

人気以上に走れる可能性は高くなったが、
穴で狙うかどうかは思案中。


昨年11月に創刊した無料メルマガでは週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

レース当日の13時に配信している。
(土日のどちらか)

無料メルマガは29週が経過、
つまり述べ29頭の穴馬を紹介してきた。
(5月4週終了時点)

平均「8.6番人気」で半数近くの13頭が掲示板。
(平均単勝オッズは35.8倍)

3着内率21%、複勝回収率101%、
無料情報&伏兵限定&週1頭の縛りを考えると及第点か。


とは言っても最近は馬券圏内まで来てくれず、
100%を割ってしまいそうな状況なので、

向こう1ヶ月(6月末までの5週)は、
これまで以上に気合を入れていきたい。

5週で5頭の穴馬を推奨するが、
少なくとも2頭は馬券になってくれるはず。

桜花賞のアドマイヤリード(単勝248倍)のような、
超人気薄のあと一歩はもう勘弁。
(今年だけでも推奨した21頭中6頭が4、5着)


そして再三お伝えしている通り、
無料メルマガは推奨馬以外に関する情報も満載。

厳選1頭の馬名だけでなく、
様々な有効データをうまく活用していただければと思う。

例えば先週のオークスも、
有効データが紹介できている。

以下は先週配信した無料メルマガの全文。
(今週のダービーでも役立つか)


オークス 推奨穴馬
3枠5番ペプチドサプル

父マンハッタンカフェ、母父サクラローレル共に春の天皇賞馬、
スタミナは豊富。

母系を遡るとロベルト、グロースタークの名もあり、
スタミナは今回のメンバーでNO.1だろう。

キャリア7戦全て「4着以内」という抜群の安定感。
(G1含む)

この安定感と2400Mという距離は非常に魅力、
一発があっても驚けないプロフィール。


同馬の戦績を振り返ってみると、

2走前の忘れな草賞はスローペースで2着止まり。
(ロッテンマイヤーと0.1差)

3走前のアネモネSは踏み遅れて3着止まり。
(チェッキーノと0.2差)

4走前の紅梅賞はシンハライトと0.2差、
5走前の阪神JFはアットザシーサイドに先着して4着。

不運なレースが多い中で、
強敵(今回人気の面々)と差のない競馬を続けている。

世間の想像以上に能力が高く、
ここは完全に「人気の盲点」となっている。

実は強さの片鱗はアルテミスSで垣間見えていた。
(血統、ローテ共に最悪の状況で4着)


血統的に距離が延びていいタイプ、
さらにオークス向きの配合でもある。

一族に大種牡馬ブライアンズタイム(オークス馬も2頭輩出)や、
エアデジャヴー、エアメサイア(共にオークス2着)がいることも心強いが、

同馬は何と言っても父SS系、母母父ダンチヒ系が魅力、
SS×ダンチヒは東京芝2400MのG1の特注配合。

オークス圧勝&JC連覇ジェンティルドンナ、
ダービー1着&JC2着ディープスカイをはじめ、

ダービー馬ロジユニヴァースや、
ダービー2着(ハナ差)フェノーメノも「SS系×ダンチヒ系」

一昨年のダービーも上記配合を重視して10万馬券的中。
(1着ワンアンドオンリー、3着マイネルフロスト)

その年のオークスも上記配合のヌーヴォレコルト◎。
(父ハーツクライ、母母父ダンチヒ系)

その前年のオークスも「SS×ダンチヒ」のワンツーで波乱、
メイショウマンボは母父グラスワンダーがダンチヒ持ち。


オークスは近4年でSS×ダンチヒが3勝。
(ジェンティルドンナ、メイショウマンボ、ヌーヴォレコルト)

昨年は4連覇を達成できなかったが、
単勝120倍の13番人気アースライズが4着と大健闘。

アースライズは父マンハッタンカフェ、母父ダンチヒ系だが、
ペプチドサプルも父マンハッタンカフェ、母母父ダンチヒ系。

ペプチドサプルも人気以上に走る可能性大、
あとは馬券圏内まで来れるかどうかだが、

同馬は血統面で更なる後押しあり、
それは母父サクラローレル。

サクラローレルのスタミナはオークスで大きな武器、
これまでサクラローレル産駒はオークスに2頭しか出走していないが、

単勝52倍シンコールビーが3着。
(上がりは最速)

単勝105倍ブリトンが5着。
(この年の1~3着はシーザリオ、エアメサイア、ディアデラノビア)

人気を大きく上回る走り、
母父として初出走の今回も大きな期待が持てる。


さらにサクラローレルはブラッシンググルーム系だが、
昨年のオークスはブラッシンググルーム持ちが3頭。

この3頭で1~3着独占、
そして今年はブラッシンググルーム持ちがペプチドサプル1頭。

しかも昨日の東京芝はブラッシンググルームの血が大爆発、
5Rはバゴ産駒のヒラボクマドンナが単勝160倍で3着。
(バゴはブラッシンググルーム系)

9Rはブラッシンググルーム持ちが1着、3着。
(3着馬は単勝39倍)

11Rもブラッシンググルーム持ちが1着、3着。
(3着馬は単勝18倍)


まとめるとペプチドサプルは、
スタミナ豊富で距離が延びていい上に能力的にも通用する。

SS×ダンチヒ、サクラローレル、ブラッシンググルーム、
一族にブライアンズタイム、エアデジャヴー、エアメサイア。

ディープ産駒ではないが、
血統評価は同馬がNO.1である。


生産者の観点からの考察は、
有料メルマガの方に詳しく記載したので、

ここでは簡潔にお伝えしておくと、
(クラシックでは不可欠なファクター)

近年のオークスは社台グループの独壇場、
人気薄の激走も頻繁に発生。

特に社台の中でも、
11年連続で馬券になっているノーザンFが滅法強い。

ちなみに昨年は4頭出走していたノーザンFが1~4着独占。
(3、1、6、13番人気)

社台と非社台の出走数はほぼ同じだが、
非社台生産馬で馬券になったのは08年以降の過去8回で2頭しかいない。

毎年のように非社台生産馬は人気を裏切っている。
(昨年も2、4番人気が凡走)

過去8回で非社台の勝ち馬はメイショウマンボ1頭のみだが、
(13年9番人気1着)

ペプチドサプルはメイショウマンボと同じ、
SS×ダンチヒの内枠馬。

しかもメイショウマンボと同じ、
大舞台で一発が期待できるリボークロス持ち。

同馬は久々に期待が持てる非社台、
今年のオークスで最も注目している大穴馬。

今週の推奨穴馬は、
オークスのペプチドサプル。


以上が無料メルマガの全文。

単勝29倍ペプチドサプルは人気以上に走る可能性大だったが、
見せ場を作るも残念ながら5着止まり。

しかし生産者の観点からの考察は役立ったはずである。
(有料メルマガよりは、はるかに簡潔だったとはいえ)

非社台の出番なしということがわかっていれば、
オークスは非常に攻略しやすくなる。

今年買えるとすれば人気薄ペプチドサプルのみ。
(非社台の中で最先着の5着)

無料メルマガを読めば3番人気エンジェルフェイスや、
穴人気のメイショウサムソン産駒を買うことはないだろう。

つい手を出したくなるとはいえデンコウアンジュは人気しすぎ。
(不利がなくても馬券圏外だったのは明らか)

現代競馬は情報弱者が負けるゲーム、
無料メルマガを読むだけで金の無駄遣いをしなくて済む。


11年連続でノーザンFが好走中、
昨年は4頭出走していたノーザンFが1~4着独占。

この「重い事実」がありながら、
オークスでノーザンFから◎を選ばないのは暴挙。

これも無料メルマガを読むだけで一目瞭然、
そして結果は昨年同様ノーザンFが1~4着独占。

これでノーザンFは12年連続でオークス好走、
来年以降も土台となるファクターなので覚えておいて損はない。


言うまでもなく有料メルマガでは、
さらに踏み込んだ予想を披露している。

◎シンハライト1着
○ビッシュ3着
▲ロッテンマイヤー
☆ペプチドサプル5着
△チェッキーノ2着
注レッドアヴァンセ

シンハライトが抜けた評価で「1強」の結論、
さらに相手もわかりやすいメンバー構成。

難なく馬連&3連複ダブル的中、
安かったが落ちていた金を拾うだけのレースだった。
(3連単へのアレンジも容易かったはず)

印を打った6頭中4頭が「掲示板」
二桁人気レッドアヴァンセも見せ場十分。

スローならシンハライト、ビッシュ、
そしてペプチドサプルで決まっていただろう。


ぶった切った人気どころは「9着以下」
(エンジェルフェイス、アットザシーサイド、デンコウアンジュ)

アットザシーサイドやエンジェルフェイスは、
血統面で大きな問題があった上に、

(1-0-1-66)(0-2-1-59)の致命的なデータに該当、
これで買うのは金をドブに捨てるようなもの。

自分が購入している新聞では随分と重い印が並んでいたが、
これほどわかりやすい「お客さん」はいない。

この2頭がビッシュよりも人気、
冷静に考えれば信じられないことである。
(ビッシュはもっと舐められると思っていたが)

ドイツ血統&リファールクロス持ちのディープ産駒ビッシュは、
早い段階からオークスで買いたいと思っていたので、
(母母父ベーリングも肝)

抽選を突破した時は思わずガッツポーズ。
(しかも期待値が高い乗り替わりパターンにも該当)


無料メルマガとは比べ物にならないほど、
有料メルマガは毎週大ボリュームでお送りしている。

無料メルマガも無料とは思えない質と量だが、
有料メルマガは重賞全レースを予想。

事前検証、出走全馬の見解、買い目(結論)の3部構成、
1レースあたりの量は1万文字が基本。

勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

そして当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。
(馬場傾向、前走の有利不利、その馬自身の狙い時など)

数え切れないほどの様々な有効データを所有、
これが自分のストロングポイント。


文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

競馬は胴元JRAを介した他人との金の奪い合い、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。

自身のメルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
今週のダービー、目黒記念もお楽しみに。

先週のオークス同様、
ダービーも個人的に予想しやすいレースだと思っている。

現在3年連続的中、
一昨年は単勝万馬券マイネルフロストを拾って10万馬券。

そして目黒記念は一撃炸裂のチャンス。
(一昨年42万、昨年10万の波乱レース)


有料メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(初月無料の特典付き)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ