競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼96 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
5/24現在の的中率&回収率
お礼1
2016/05/24 17:00:00
テーマ: 未設定
昨日のランキング内では、
ダービー攻略に欠かせないデータを紹介したが、

本日はダービーの大穴候補を紹介、
新聞ではオール無印だろうが枠順、馬場次第で面白い。
この馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

今年も例年同様「毎週火曜日」に、
月間の回収率、年間の的中率&回収率を公開する。


<今月>
的中率25%(8-2)
回収率58%(123.3/210)

<2016年>
的中率25%(56-14)
回収率97.4%(1054.1/1082)

<2015年>
的中率18%
回収率62.3%

<2014年>
的中率26%
回収率137.3%

<2013年>
的中率21%
回収率129.5%

※もちろんトリガミは的中率に入れていません。


今年は昨年の反省を踏まえて奮闘中、
一進一退の攻防が続いている。

そろそろ大きいのが欲しいところ、
今週はいよいよ競馬の祭典「日本ダービー」

先週のオークスは予想しやすいレース、
深く考えずに予想するとレース前にお伝えしていたが、

結果は◎シンハライト○ビッシュで馬連&3連複ダブル的中。
(3、4、6番人気無印)

そしてオークス同様、
ダービーも個人的に予想しやすいレースだと思っている。

現在3年連続的中、
毎年重い印(◎○▲)の3頭中2頭が馬券になっている。

一昨年は単勝万馬券マイネルフロストを拾って10万馬券的中、
昨年は堅かったが◎サトノクラウンで157倍的中。

当時は3連単のみの勝負だったので、
なかなか上位人気(5番人気以内)は消しづらいところだが、

自分には全く関係なし、
過去3年で無印とした上位人気は(0-0-0-5)


1レースあたりのメルマガの量は「1万文字」が基本、
3部構成でお送りしている。

まずはレース前日に「事前検証」を配信。
(3つの重要ファクターを紹介)

そしてレース当日の8時に「出走全馬の見解」
馬の特徴を交えながら「買い材料」や「死角」などを指摘。

買い目はレース当日の12時に発表、
最終結論についても詳しく説明している。

自身のメルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
今回は先週配信したオークスのメルマガをサンプルとして紹介。

まずは「事前検証」から。
(3つの重要ファクター)


<1>
ノーザンFが滅法強いレース。

ノーザンF生産馬の成績は、
単勝50倍以上を除くと05年以降(6-7-4-18)

3着内率49%、複勝回収率140%、
該当馬の半数が馬券になっている。

15年1着ミッキークイーン
15年2着ルージュバック
15年3着クルミナル(6番人気)

14年2着ハープスター
14年3着バウンスシャッセ

13年3着デニムアンドルビー

12年1着ジェンティルドンナ
12年2着ヴィルシーナ

11年2着ピュアブリーゼ(8番人気)

10年1着アパパネ

09年1着ブエナビスタ

08年1着トールポピー(4番人気)
08年2着エフティマイア(13番人気)

07年2着ベッラレイア

06年2着フサイチパンドラ(5番人気)

05年1着シーザリオ
05年3着ディアデラノビア

05年以降の過去11回で不発なし、
内10回は連対圏まで突入している。

過去11回で該当馬35頭、
1年平均「3頭」と少ないので狙いやすいという利点もある。

近年は威力を増しており、
12年、14年、15年は2頭以上が馬券になっている。

好走しているのは上位人気中心だが、
人気薄の激走も見られる。

ピュアブリーゼは馬単10万、3単54万馬券を演出、
08年は該当馬のワンツーで大波乱。

昨年は該当馬が3頭のみだったが、
その3頭がそのまま1~3着で2万馬券。

単勝50倍以上だったので上記データ外だが、
4着もノーザンF生産のアースライズ。
(単勝120倍の13番人気)

昨年は18頭中4頭がノーザンF生産馬、
そして4頭で1~4着を独占したのである。

今年もノーザンF生産馬に注目、
今年は大挙8頭出走。

アウェイク
シンハライト
アドマイヤリード
チェッキーノ
ビッシュ
レッドアヴァンセ
ジェラシー
ロッテンマイヤー

単勝50倍未満に支持されれば、
3着内率49%を誇る上記データに該当する。


<2>
ディープ産駒が強い。

12年以降(2-3-2-6)
3着内率54%、複勝回収率106%をマーク。

15年1着ミッキークイーン
15年3着クルミナル(6番人気)

14年2着ハープスター

13年2着エバーブロッサム(5番人気)
13年3着デニムアンドルビー

12年1着ジェンティルドンナ
12年2着ヴィルシーナ

12年以降の過去4回中3回は2頭が馬券圏内、
14年は1頭のみの出走だった。

つまりディープ産駒が複数出走してくれば、
2頭が馬券になる可能性が高いレース。

昨年は5頭が出走してミッキークイーンが1着、
そして人気薄クルミナルが3着。

さらに7番人気アンドリエッテが上がり2位で5着、
14番人気ローデッドも先行して見せ場を作って6着と善戦。

今年はディープ産駒が4頭出走。

シンハライト
ビッシュ
レッドアヴァンセ
アウェイク


<3>
父SS系×母父ノーザンダンサー系が好成績、
特に一桁人気だと09年以降(6-4-2-11)

勝率26%、連対率44%、3着内率52%、
単勝回収率280%、複勝回収率141%をマーク。

15年1着ミッキークイーン
15年2着ルージュバック

14年1着ヌーヴォレコルト
14年2着ハープスター

13年2着エバーブロッサム(5番人気)

12年1着ジェンティルドンナ
12年3着アイスフォーリス(9番人気)

11年1着エリンコート(7番人気)

10年1着サンテミリオン(5番人気)

09年1着ブエナビスタ
09年2着レッドディザイア
09年3着ジェルミナル(4番人気)

09年以降の過去7回で6勝、
現在7年連続で連対中となっている。

09年は該当馬3頭がそのまま1~3着独占、
12年も該当馬2頭が共に好走。

10年は該当馬1頭がピンポイントで1着、
そして近2年はワンツー。

今年も「父SS系×母父ノーザンダンサー系」に注目。

シンハライト
ダンツペンダント
レッドアヴァンセ

この中で一桁人気はシンハライト。


以上が事前検証の全文、
これだけでもシンハライトは鉄板級だということがわかる。

オークスは単純明快なレース、
ノーザンF、ディープ、SS×ノーザンダンサーの3つを重視すればいいだけ。


続いて「出走全馬の見解」だが、
さすがに18頭全馬は紹介できないので、
(出走全馬の見解だけで約5000文字という大ボリュームなので)

ここでは上位入線した3頭を紹介しておく。
(シンハライト、チェッキーノ、ビッシュ)

エンジェルフェイス、アットザシーサイドの見解については、
(3、4番人気だったが無印)

昨日のブログで公開済み、
興味のある方は昨日のブログを見ていただければと思う。


<シンハライト>

2走前のチューリップ賞は延長ローテが不振のレース、
そして当時の阪神も延長ローテが不利な馬場だったが、

同馬には全く関係なし、
上がり33.0の末脚を繰り出して差し切り勝ち。

桜花賞はメジャーエンブレムが断然1番人気(単勝1.5倍)だったが、
自分の評価はシンハライトの方が上。

結果は◎ジュエラーの末脚に屈したものの、
○としての役割は果たしてくれたレース。

そして今回はジュエラー不在、
能力的には「1強」と言っていい。


<チェッキーノ>

コディーノの全妹という良血、
名門牝系ハッピートレイルズの一族。

母ハッピーパス、伯母シンコウラブリイ、伯父タイキマーシャルをはじめ、
キングストレイル、ハッピールック、トレジャーなど活躍馬多数。

2走前のアネモネSは良血馬らしい快勝劇、
そして前走フローラSは大外枠から圧巻の大楽勝。

母ハッピーパスはマイラー(京都牝馬Sの勝ち馬)だったが、
ハッピーパスの仔も短中距離がベスト。

チェッキーノの兄姉は5頭で計17勝を挙げているが、
17勝中14勝が1800M以下。

兄は2000M以上もこなしていたが、
2頭の姉は(パストフォリア、カービングパス)は距離に壁があった。

チェッキーノもベストは短中距離だろうが、
フローラSの内容からも世代限定G1なら2400Mも問題なし。


<ビッシュ>

新馬戦は東京芝1800Mの重馬場で牡馬相手に大楽勝、
デビュー戦の牝馬とは思えないパフォーマンス。

そして2戦目も牡馬相手に快勝、
勝ち時計は前週のフラワーCを0.4上回っている。

ディープ×アカテナンゴと言えば、
皐月賞2着&ダービー4着のワールドエース。

ワールドエースは故障がなければG1を勝っていたであろう逸材、
ビッシュは血統的にも大物感たっぷりなのだ。

アカテナンゴは現役時代にG1を7勝したドイツの名馬だが、
7勝中6勝は「2400MのG1」

種牡馬としてもドイツリーディングサイアーに5度も輝き、
ドイツ代表馬としてJCを勝ったランドの父でもある。

フローラSで差していた馬の穴は期待薄だが、
同馬は底を見せていない魅力がある。


以上がシンハライト、チェッキーノ、ビッシュの見解、
そして最終結論がこれ。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(買い目詳細のメルマガから)


事前検証で紹介した3つの重要ファクター全てに該当、
今年のオークスはシンハライトで仕方ない。

ノーザンF生産馬、ディープ産駒、
そして父SS系×母父ノーザンダンサー系。

昨日の平安Sのアスカノロマン同様、
能力的にも「1強」

父、母父共に東京芝2400MのG1馬で距離不安もない。
(ディープはダービーとJC、シングスピールはJC)

兄や姉も中距離馬。
(アダムスピーク、リラヴァティ、アダムスブリッジなど)

さらに牝馬3冠全てで2着に好走したヴィルシーナは、
シングスピールと同じ一族。

そしてヘイロークロスを持ったディープ産駒だが、
(ヘイロー3×4×5)

シンハライトは父ディープ、母父シングスピール、
そしてヘイロー3×4。

ヴィルシーナと共通点が多い配合のシンハライト、
血統的にも崩れる可能性は低い。

しかもヴィルシーナの時と違って、
ジェンティルドンナ級の馬も見当たらない。


続いて1番人気の成績を生産者別で見てみると、
(07年以降)

ノーザンF(2-3-1-0)
非ノーザンF(0-0-0-3)

非ノーザンF生産馬は3頭全馬「馬券圏外」
(ミッドサマーフェア、マルセリーナ、リトルアマポーラ)

一方でノーザンF生産馬は6頭全馬「馬券圏内」
そして6頭中5頭は連対まで来ている。

15年2着ルージュバック
14年2着ハープスター
13年3着デニムアンドルビー
10年1着アパパネ
09年1着ブエナビスタ
07年2着ベッラレイア

取りこぼすことはあっても、
馬券圏内(連対圏内)の信頼度は抜群に高い。

というわけで素直にシンハライト◎、
普通に回ってくればアッサリだろう。


○ビッシュもシンハライト同様、
ノーザンF生産のディープ産駒である。

ディープは東京芝2400MのG1を2勝、
産駒も東京芝2400MのG1を7勝。

母父アカテナンゴは2400MのG1を6勝、
そして産駒は東京芝2400MのG1を制している。
(ドイツ代表馬としてJCを勝ったランド)

ランドの他にもエイシンフラッシュやピュアブリーゼなど、
(前者はダービー7番人気1着、後者はオークス8番人気2着)

ドイツ血統は東京芝2400Mで一発がある。
(ズルムーの血は大舞台に強い)

エイシンフラッシュがダービーで叩き出した上がりは「32.7」
ビッシュもスローペースで弾ける可能性十分。


さらに同馬は母母父ベーリングが仏ダービー馬。
(当時は芝2400M、2分24秒1でレコード勝ち)

凱旋門賞はダンシングブレーヴの2着。
(史上最強メンバーが集結したと言われる86年凱旋門賞)

父ディープ、母父アカテナンゴ、母母父ベーリング、
まさに芝2400MのG1では文句なしの配合。

ちなみにオークスで穴をあけたピュアブリーゼも、
3代内にズルムー、ベーリングを持っていた。

しかもジェンティルドンナやクルミナルと同じ、
リファールクロスを持ったディープ産駒でもある。

前走フローラSは1番人気を裏切ったが、
全く競馬に参加できなかった中で上がりはメンバー最速。

疲労が残らない競馬だったことを考えると、
オークスに向けて「いい試走」になったはず。


騎手面でも非常に期待値が高いパターン、
今回はデムーロに乗り替わるが、

前走日本人ジョッキーだったディープ産駒が、
外国人ジョッキーに乗り替わった時の芝重賞成績は、

単勝50倍以上を除くと、
13年以降(14-7-4-34)

勝率24%、連対率36%、3着内率42%、
単勝回収率224%、複勝回収率130%をマーク。

馬券になった半数以上は4番人気以下と配当妙味十分。

最近では新潟記念6番人気1着パッションダンス、
ローズS7番人気1着タッチングスピーチをはじめ、

JC7番人気2着ラストインパクト、
スプリングS4番人気1着マウントロブソンなどが記憶に新しい。

ビッシュは今回初の外国人ジョッキー騎乗、
より効果は大きいだろう。


以上がメルマガからの抜粋文、
結果は◎○が共に馬券圏内に好走。

分析がバシッと嵌って、
難なく馬連と3連複を的中させたのである。

ドイツ血統&リファールクロス持ちのディープ産駒ビッシュは、
早い段階からオークスで買いたいと思っていたので、

抽選を突破した時は思わずガッツポーズ。
(しかもデムーロに乗り替わり)

◎シンハライト1着
○ビッシュ3着
▲ロッテンマイヤー
☆ペプチドサプル5着
△チェッキーノ2着
注レッドアヴァンセ

印を打った6頭中4頭が「掲示板」
二桁人気レッドアヴァンセも見せ場十分だった。

スローならシンハライト、ビッシュ、
そしてペプチドサプルで決まっていただろう。

ぶった切った人気どころは「9着以下」
(エンジェルフェイス、アットザシーサイド、デンコウアンジュ)


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

数え切れないほどの様々な有効データを所有、
これが自分のストロングポイント。


文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

現代競馬は情報弱者が負けるゲーム、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
今週のダービー、目黒記念もお楽しみに。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(初月無料の特典付き)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ