競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
前走競馬にならなかった実力馬の人気急落
2016/05/11 17:00:00
テーマ: 未設定
今週は京王杯SC、Vマイルの2本立て、
この馬の勢いは侮れないところ。
この馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで4位付近)


先週の京都新聞杯は4番人気ロイカバードを軸に、
3連複72倍を的中させたが、

単勝41倍の大穴アグネスフォルテ、
同馬を「切り札」に指名したのが馬券のポイントだった。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(アグネスフォルテについて記述した内容)


青葉賞では無印としたが、
自分がいろんな意味で注目しているマイネルハニーと同じ一族。

マイネルハニーは4代母、
アグネスフォルテは5代母がイコマエイカン。

イコマエイカンは3頭の重賞ウィナーを輩出した名繁殖牝馬、
その内の1頭がオークス馬アグネスレディー。
(アグネスフォルテの4代母)

アグネスレディーは桜花賞馬アグネスフローラを輩出、
そしてアグネスフローラはアグネスフライト、アグネスタキオン兄弟を輩出。

さらにアグネスフォルテは、
イルドブルボンのクロスを持っている点も興味深い。


前走500万クラス以上で上がり3位以内だった馬は、
近3年の馬券圏内を独占中。

過去5年で3着内率41%、複勝回収率144%、
人気薄も頻繁に好走している。

今年は該当馬5頭。
(詳細は事前検証を参照)

この5頭は素直に買っておくべきだということで、
アグネスフォルテに印を回す。

前走はなみずき賞は直線で大きな不利、
何もできなかった競馬で参考外。

人気急落の今回は明らかに狙い目、
強敵と戦ってきた経験も生きるはず。

3走前のあすなろ賞は、
次走スプリングSを勝つマウントロブソンと0.4差。

2走前の大寒桜賞はレッドアルディストの2着。
(先週の青葉賞2着馬)

当レースは外枠不利の傾向だが、
同馬の場合は外枠の方がいいだろう。

ハービンジャー産駒らしく外枠が得意、
同馬の枠順別成績を見てみると、

5枠より内だと(0-0-0-6)だが、
7枠は(1-1-0-0)

さらに父ノーザンダンサー系も当レースで強調できないのだが、
母母父ダンスインザダークはいい。

京都新聞杯はダンスインザダーク産駒の好走率が高かったレース、
単勝30倍以上を除くと(2-1-0-1)

1、2番人気は1頭もいなかったが、
4頭全馬「4着以内」

連対率75%、単勝回収率780%、複勝回収率352%、
連対した3頭の人気は3、6、8番人気。

アグネスフォルテはイコマエイカンの一族というのも魅力、
同馬を「切り札」に指名する。


以上がメルマガからの抜粋文。

イコマエイカン牝系&イルドブルボンのクロス、
ダンスインザダーク持ち&外枠のハービンジャー。

強敵に食い下がってきた経験、
前走は完全に参考外の一戦だったにもかかわらず人気急落。

まさに今回は絶好の狙い目だったわけだが、
(前走上がり3位も含めて)

分析通りアグネスフォルテは2着に激走、
3連複72倍的中に貢献してくれたのである。


前走500万クラス以上で上がり3位以内だった馬が、
近3年の馬券圏内を独占していたが、

今年も該当馬5頭中4頭が1~4着、
さすがは3着内率40%を超えるデータ。

13年は9番人気2着&11番人気3着、
14年は8番人気2着で15年は6番人気3着。

そして今年も9番人気2着、
このデータを覚えておくだけでも穴が簡単に拾える。

複勝回収率は150%に迫る勢い、
非常に期待値が高いデータなのである。


アグネスフォルテのように、
前走全く競馬をしていない実力馬の人気急落はおいしい。

パトロールビデオをチェックしていれば、
前走がありえない競馬だったということが一目瞭然。

今週の京王杯SC、Vマイルでも、
おいしい人気急落の馬を積極的に狙っていきたい。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(初月無料の特典付き)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ