競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
無料メルマガの使い方
2016/05/05 13:00:00
テーマ: 未設定
先週行われた青葉賞出走馬の中で、
次走の大穴候補をランキング内で紹介中。
この馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで10位付近)


11月に創刊した無料メルマガでは週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

無料メルマガは26週が経過、
つまり述べ26頭の穴馬を紹介してきた。

平均「8.6番人気」で約半数の12頭が掲示板。
(平均単勝オッズは36.6倍)

3着内率23%、複勝回収率113%、
無料情報&伏兵限定&週1頭の縛りを考えると及第点。

連対まで来ることが多く、
二桁人気でも複数連対している。

巷によくある「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」的な穴推奨でなく、
週1頭のみの紹介なので、

非常に買いやすいと好評をいただいている。
(究極のローリスクハイリターンか)

とんでもない人気薄を推奨することも多いので、
桜花賞のアドマイヤリードのように「あと一歩」の場合もあれば、
(単勝248倍で5着)

フローラSのエルビッシュのようにボロ負けの時もあり、
これはご了承願いたい。


しかし再三お伝えしている通り、
無料メルマガは推奨馬以外に関する情報も満載。

厳選1頭の馬名だけでなく、
様々な有効データをうまく活用していただければと思う。

ここ4週は超人気薄(二桁人気)を推奨して馬券になっていないが、
有効データは紹介できている。

ここ4週の無料メルマガを振り返ってみると、
(桜花賞、皐月賞、フローラS、春天)


無料メルマガを読むだけで、
桜花賞はジュエラーとシンハライトが有力で、

断然人気メジャーエンブレムが危険だったということが一目瞭然。
(もちろん有料メルマガでは◎ジュエラー○シンハライト)

データを交えながら内枠と先行が不利で、
外枠と差しが有利と明確に記述したからだ。

そして3番人気以内が1~3着を独占したことは、
過去30年で一度もないという情報も役立ったはず。

それにしても厳選1頭に指名したアドマイヤリードは惜しかった。
(複勝オッズは16.6~54.9倍)

3着に間に合ってくれれば、
有料メルマガの回収率は3000%を超えていた。
(乗り方次第で3着は余裕だったと思うが)


皐月賞の無料メルマガでは伝統のデータを紹介、
昨年まで13年連続で連対という強力データ。

ヒルノダムール、キャプテントゥーレ、ドリームパスポートなどの中穴から、
サンツェッペリン、シックスセンスなどの大穴も含まれている。
(共に単勝万馬券での激走)

そして今年の結果は、
該当馬の1頭だったディーマジェスティ(単勝30倍)が1着。

さすがは皐月賞伝統のデータ、
10年以上の集計期間で回収率100%オーバーは伊達じゃない。

ディーマジェスティの激走で14年連続連対、
来年以降も有効なので覚えておいて損はないデータ。

自分は推奨する馬の選択を間違えたので、
(単勝129倍のジョルジュサンクは欲張りすぎ)

偉そうなことは言えないが。
(完全な展開の読み違い)


フローラSの無料メルマガでは、
キングカメハメハ産駒という理由でエルビッシュを推奨。

フローラS前日の東京芝では、
フローラSと同距離のレースが1鞍行われていたが、

結果は5頭出走していたキングマンボ内包馬が、
そのまま掲示板を独占。

キングカメハメハ産駒のデルカイザー、マコトギンスバーグが、
外から差し切って1、2着。

スズカマンボ産駒のカカドゥ、サウンドメモリーが3、4着、
そして母母父キングマンボのデルマサリーチャンが5着。

デルマサリーチャンはシンガリ人気だった。
(単勝247倍)

そしてフローラSでは2頭出走していたキングカメハメハの内、
人気が全くなかったエルビッシュを推奨したというわけだが、

結果はエルビッシュ惨敗、
もう1頭のキングカメハメハ産駒チェッキーノが楽勝。


そして先週の春天、
以下は無料メルマガからの抜粋文。

長距離戦と言えばトニービン、
春天でもトニービンの血が効いている。

3代内にトニービン自身を内包した馬は、
09年以降(2-4-2-27)

3着内率23%、
単勝回収率472%、複勝回収率183%をマーク。

15年7番人気2着
フェイムゲーム(父ハーツクライ)

15年10番人気3着
カレンミロティック(父トニービン)

14年3番人気2着
ウインバリアシオン(父ハーツクライ)

12年14番人気1着
ビートブラック(父ミスキャスト)

12年3番人気2着
トーセンジョーダン(父ジャングルポケット)

12年2番人気3着
ウインバリアシオン(父ハーツクライ)

10年2番人気1着
ジャガーメイル(父ジャングルポケット)

09年4番人気2着
アルナスライン(父アドマイヤベガ)

09年以降の過去7回中5回でトニービンが連対、
伏兵も頻繁に好走している。

昨年はハーツクライ産駒の人気薄2頭が激走、
3単23万馬券を演出。

母母父トニービンのネオブラックダイヤも5着と大健闘。
(17頭中16番人気、単勝191倍)

12年は該当馬5頭で掲示板を独占して3単145万馬券。
(14→3→2→9→4番人気)

今年は該当馬が6頭。

カレンミロティック(父ハーツクライ)
シュヴァルグラン(父ハーツクライ)
フェイムゲーム(父ハーツクライ)
アドマイヤデウス(父アドマイヤドン)
アルバート(父アドマイヤドン)
サトノノブレス(母父トニービン)


長距離戦は枠順が重要、
春天は内枠が圧倒的有利となっている。

09年以降の勝ち馬7頭中5頭が「6番ゲートより内枠」
(残りの2頭は7番ゲート、12番ゲート)

現在7年連続で「6番ゲートより内枠」が好走、
そして内4回は2頭ずつ馬券になっている。

特に1、2番ゲートの成績は(4-1-1-8)
単勝回収率1625%、複勝回収率475%は圧巻の一言。

昨年のゴールドシップ以外は、
単勝10倍以上の伏兵だったにもかかわらず、
(14頭中12頭が7番人気以下、9頭が二桁人気)

毎年のように好走、
人気以上の走りを見せる馬が多い。

15年1着ゴールドシップ
15年3着カレンミロティック(10番人気)

13年2着トーセンラー

12年1着ビートブラック(14番人気)

11年1着ヒルノダムール(7番人気)

10年5着エアジパング(12番人気)

09年1着マイネルキッツ(12番人気)
09年ハナ差4着サンライズマックス(10番人気)

10年に91万馬券を演出したメイショウドンタクも、
1、2番ゲートではなかったが「2枠4番」という絶好枠。

自分が単勝159倍のビートブラックを、
大穴に指名(5番手)して的中させた12年も、

同馬が1枠1番に入ったことで評価を上げたのである。
(もちろん理由はそれだけではないが)

昨年は1枠2頭が共に好走、
10番人気カレンミロティックは○に抜擢。

6番ゲートより内枠を積極的に買うレース、
特に大穴は6番ゲートより内からしか出ていない。

09年以降「二桁人気」で激走した馬は5頭いるが、
この5頭は全馬「1~6番ゲート」だった。

単勝万馬券でクビ、ハナ差の3着、
キズナに先着した一昨年のホッコーブレーヴも「6番ゲート」


春天は国内最長距離のG1、
主流G1とはズレた「特殊レース」と言っていい。

主流G1(普通のG1)で強いディープ産駒が、
春天では(0-1-0-6)というのが何よりの証拠。

というわけで普通のG1では出番がない種牡馬、
つまりマイナー種牡馬が活躍が目立っている。

14年12番人気2着
ホッコーブレーヴ(父マーベラスサンデー)

13年6番人気3着
レッドカドー(カドージェネルー)

12年14番人気1着
ビートブラック(父ミスキャスト)

11年5番人気3着
ナムラクレセント(父ヤマニンセラフィム)

09年12番人気1着
マイネルキッツ(父チーフベアハート)

07年11番人気2着
エリモエクスパイア(父スキャターザゴールド)

毎年のように伏兵が激走、
二桁人気が馬券になることも珍しくない。

他のG1では見られない種牡馬のオンパレード、
長距離G1(特殊G1)でしか買えない種牡馬。


以上が無料メルマガからの抜粋文。

春天のポイントは3つのみ、
内枠、トニービン、マイナー種牡馬。

そして結果を振り返ってみると、
今年も傾向通りに決まって24万馬券。

1着キタサンブラック(1番ゲート、マイナー種牡馬)
2着カレンミロティック(3番ゲート、トニービン持ち)
3着シュヴァルグラン(8番ゲート、トニービン持ち)

自分は3拍子揃った11番人気アドマイヤデウスを厳選1頭に指名、
悪い狙いではないと思ったのだが。


有料メルマガでは、
カレンミロティック(単勝99倍の13番人気)が5番手評価。

そしてシュヴァルグランは素直に○としたが、
キタサンブラックは意地を張りすぎと言われても仕方ない無印。

春天では最高の1番ゲート、
そして父はマイナー種牡馬のブラックタイド。

競馬は難しく考えない方が正解の場合が多い、
これを改めて痛感した次第である。

それにしても春天の1枠は異常に走る。
(過去6回中5回で連対)


今週の無料メルマガにおいても、
有効データを紹介するのでお見逃しなく。

もちろん厳選1頭に指名する馬は人気薄、
魅力溢れる穴馬を推奨するので乞うご期待。

そろそろ馬券になる頃合い、
今週の厳選1頭は3重賞の中から選択。

無料とは思えない質と量、
他では決して見ることができないデータの宝庫。

無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

リンク先にサンプルもあり。
(京都金杯のテイエムタイホーを厳選1頭に指名した理由)


有料メルマガでは重賞全レースを予想、
事前検証、出走全馬の見解、買い目を配信。

有料メルマガは今年で8年目に突入。
(09年創刊、13年5月に売上1億円突破)

1レースあたりの量は1万文字が基本、
毎週大ボリュームでお送りしている。


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

そして当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。
(馬場傾向、前走の有利不利、その馬自身の狙い時など)


昨年(15年)は不調に終わったが、
今年(16年)は昨年の反省を踏まえて奮闘中。

4月を終えた時点での年間回収率は100%オーバー。
(数年前から的中率、回収率は毎週公開)

13年や14年の年間回収率は上回れるはず。
(13年は129%、14年は137%)


初月無料の特典を付けているので、
お申し込みは月初がお得。
(6月末の宝塚記念まで1ヶ月分の購読料)

5、6月は16レースの提供予定なので、
今週から購読を開始すれば1レース337円。

1万文字の分析量が300円台、
読み応え十分の重賞予想が超低価格。


文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

競馬は胴元JRAを介した他人との金の奪い合い、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


今週の3重賞(京都新聞杯、NHKマイルC、新潟大賞典)においても、
ものすごい量のメルマガをお送りするのでお楽しみに。

有料メルマガの購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ