競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼93 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
NHKマイルC&京都新聞杯攻略の前に
2016/05/04 17:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

今年で8年目に突入したメルマガ。
(09年創刊、13年5月に売上1億円突破)

5、6月は残り16レースの提供予定だが、
初月無料の特典をつけているので、

1ヶ月分の購読料で6月末(宝塚記念)までOK、
つまり今週から購読を開始すれば1レース337円。

1万文字の分析量が300円台、
大ボリュームの重賞予想が超低価格。

今週の3重賞(京都新聞杯、NHKマイルC、新潟大賞典)においても、
ものすごい量のメルマガをお送りするのでお楽しみに。


先週の青葉賞は素質馬が揃った一戦だったが、
1~3番人気をまとめて無印。

レーヴァテイン、プロディガルサン、メートルダールを消して、
高配当を狙った。

◎は5番人気レッドエルディスト、
結果は▲◎で馬連ゲット。

しかし3着は中途半端に1番人気レーヴァテインで、
3連複のボーナスはもらえず。

ほぼ分析通りに決まったので「ご褒美」が欲しかったが、
まあ仕方ないと言ったところか。


メルマガは3本立て、
まずは前日に配信する事前検証で3つの重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして買い目のメルマガで結論を記載、
1レースあたりのメルマガ量は「1万文字」が基本。

様々な有効データを紹介、
そして当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。

以下は買い目のメルマガからの抜粋文。
(青葉賞のメルマガから)


◎はレッドエルディスト。

同馬は前走、前々走共にメンバー最速の末脚を披露、
前走大寒桜賞は前残りの状況を差し切った圧巻の強さ。

この週の中京芝(高松宮記念の週)は4つのレコードが出現、
異常とも言える「超高速馬場」

芝レース11鞍の勝ち馬11頭中10頭が「4角5番手以内」
馬場の恩恵で好走した馬は次走疑ってかかるべきと言えるが、

レッドエルディストはこの週の中京芝で、
唯一「4角6番手以下」から勝ち切った馬。

力を出せない差し馬が多かった中で、
これは相当に価値が高い。

不利な状況の中で好走した差し馬は次走要注意。
(もちろん力を出せなかった差し馬も次走狙い目)

この週の中京芝で「4角6番手以下」から2、3着に好走していた、
スマートカルロス、エクセレントミスズの2頭は先週勝利。

しかも大寒桜賞は出世レース、
歴代勝ち馬の次走成績を見てみると、

12年トーセンホマレボシ→次走京都新聞杯1着
13年ラストインパクト→次走青葉賞3着
14年ワールドインパクト→次走青葉賞2着
15年タンタアレグリア→次走青葉賞2着

4年連続で大寒桜賞の勝ち馬が次走重賞好走、
内3頭は青葉賞で馬券になっている。

ちなみに14年2着馬ハギノハイブリッドも、
京都新聞杯を制している。

今年の大寒桜賞もレースレベルは問題なし。
(4着カフジプリンスは先週の新緑賞を楽勝)

となれば素直にレッドエルディストを評価、
この馬が青葉賞で馬券になる可能性は高いはず。

血統面も当レース向き。

青葉賞はスタミナ型SS系が強いレースだが、
その中でも特にゼンノロブロイ産駒の好走率は高い。

単勝万馬券を除くと(1-1-2-1)
3着内率80%、複勝回収率418%をマーク。

15年2着タンタアレグリア(4番人気)
12年3着ステラウインド(12番人気)
10年1着ペルーサ
10年3着ハートビートソング

凡走したのは1頭のみ。
(大外18番ゲートだったアドミラルシップ)

ちなみに連対した2頭(ペルーサ、タンタアレグリア)は内枠、
レッドエルディストも絶好の4番ゲート。

さらに大穴をあけたステラウインド同様、
母父にはネヴァーベンドの血が流れている。

ディープが強いレースで母母父アルザオというのも心強い。
(ディープは母父がアルザオ)

12年10番人気2着エタンダールとも血統背景は似ている。
(SS、アルザオ、シャーリーハイツ、ミルリーフ)


▲はヴァンキッシュラン。

3頭出走しているディープ産駒3頭の中では、
この馬を買いたいと思う。

ディープ産駒が当レースに強いというのは、
事前検証でお伝えした通りだが、

ディープ産駒を「母父別」で分類してみると、
(単勝万馬券は除く)

母父ノーザンダンサー系(1-2-1-1)
母父ノーザンダンサー系以外(0-0-2-6)

ノーザンダンサー系との配合馬の方が信頼できるのは一目瞭然、
3着内率80%、単勝回収率492%、複勝回収率366%をマーク。

14年2着ワールドインパクト
13年1着ヒラボクディープ(7番人気)
12年2着エタンダール(10番人気)
11年3着トーセンレーヴ

凡走したのはラングレー1頭。
(今回出走しているプロディガルサンの全兄)

ヴァンキッシュランはノーザンダンサー系の中でも、
特に合っていると思われるサドラーズウェルズ系。
(エタンダールが父ディープ、母父サドラーズウェルズ系)

2走前の内容はレーヴァテインの方が上だが、
豊富なキャリア&3着内率100%という安定感が魅力。

使う度に良くなっていったサトノラーゼンを彷彿させる戦績。
(京都新聞杯を制するまで8戦全て3着以内)


レーヴァテインはいかにも好走しそうな馬、
ここまで見せているパフォーマンスも優秀。

4頭の兄は全馬ダービーに駒を進めており、
(ナイアガラ、アプレザンレーヴ、レーヴドリアン、レーヴミストラル)

普通なら買うべき馬なのだろうが、
前述の通り「母父がノーザンダンサー系以外」のディープ産駒は連対なし。

昨年はレッドライジェルが2番人気6着、
後にG1で好走するラストインパクトやサトノノブレスも3、4着止まり。


プロディガルサン、メートルダールは1800Mからの臨戦だが、
やはり大幅距離延長は若駒にとって厳しいローテ。
(強敵相手ではなおさら)

メートルダールは血統的に距離延長は大歓迎、
当コースの鬼ノーステアと父、母父が同じというのも魅力。

さらに昨年の2着馬タンタアレグリアと同じ、
母系にサドラーズウェルズ内包のゼンノロブロイ産駒。

前述の通りゼンノロブロイ産駒の好走率は非常に高いが、
600Mの延長は他馬との比較で不利だろう。

前走1800M以下だった馬は、
09年以降(1-1-1-46)

3着内率6%、
単勝回収率4%、複勝回収率11%と低調。

好走した3頭中2頭は「単勝2.5倍以下」の断然1番人気。
(09年アプレザンレーヴ、11年トーセンレーヴ)

さらに好走した3頭中2頭は11年。
(ショウナンパルフェ、トーセンレーヴ)

この年は当レースで圧倒的な成績を残している「2200M組」が不在。
(詳細は事前検証を参照)

基本的に1800M以下組は狙いづらく、
12年以降に限ると(0-0-0-26)

毎年のように人気で凡走する馬が存在。

12年4番人気6着アドマイヤブルー、13年1番人気11着レッドレイヴン、
15年3番人気4着ブラックバゴをはじめ、

14年は2、3、5番人気が揃って馬券圏外。
(ラングレー、マイネルフロスト、ピオネロ)

プロディガルサンはラングレーの全弟で前走1800M、
素質の高さは認めても今回は軽視。

仮にここで凡走しても、
ダービーは出走できる見込みというのも考慮した。


今年は13頭立てなので参考程度だが、
7、8枠の成績は10年以降(0-0-2-33)

逃げ馬ノーブルマーズは押さえたが、
外の差し馬を積極的に買うのはリスクが高いだろう。
(メートルダールは血統的に外枠得意だが)


以上が買い目のメルマガからの抜粋文。

レッドエルディストは青葉賞向きの血統背景。
(父系、母系共に)

さらに前走大寒桜賞のパフォーマンスは、
相当優秀だったにもかかわらず、

評判馬のおかげで人気は一息、
しかも大寒桜賞は典型的な「出世レース」

今年もレースレベルに問題がなかったとなると、
そこで圧巻の強さだった同馬に◎を打つのは自然の流れ。

そして5年連続で大寒桜賞の勝ち馬が次走重賞好走となった。
(内4頭が青葉賞)

事前検証で紹介した3つの重要ファクター、
同馬はこれを全てクリアしていたことも付け加えておく。


今年の青葉賞は完全に「4強」と言えるオッズだったが、
その中で信頼度が高かったのは4番人気ヴァンキッシュラン。

それは上記文章を読んでいただければ一目瞭然、
何と言っても「ディープ×ノーザンダンサー系」が最高。
(しかもサドラーズウェルズ)

そして出走全馬の見解でお伝えしたが、
当レース向きの末脚の持ち主だった上に、

前走アザレア賞も価値ある勝利だった。
(負かしたのはシュンヴァルカン)

昨年の京都新聞杯で◎を打ったサトノラーゼン、
この馬に似ている点も後押しとなったが、

結果は早め先頭から押し切って快勝、
さすがはセレクトセール約2億円の期待馬。

母リリーオブザヴァレーは仏のG1ホース、
その弟ムブタヒージは昨年のUAEダービーを大楽勝。

血統的に伸びしろ十分、
本番でも枠順次第では面白い1頭になるだろう。


レーヴァテインはいかにも好走しそうな馬、
それがオッズにも表れていたが、

同じディープ産駒のヴァンキッシュランよりも、
はるかに信頼度が低い「ディープ×非ノーザンダンサー系」

さらに青葉賞での信頼度は「同じ1番人気」でも、
1つ上の兄レーヴミストラルの方が上だった。

昨年のレーヴミストラルには印を回したが
(◎は4番人気タンタアレグリアだったが)

レーヴァテインは頑張っても3着なので無印。
(1番人気で3着が精一杯なら迷わず消しだろう)

そして何とか3着を確保。
(2着レッドエルディストには3馬身差の完敗)


プロディガルサン、メートルダールは一気の距離延長、
これは体力的に厳しいので無印は必然。
(当然マイネルハニーも買えない)

3着内率6%、単勝回収率4%、複勝回収率11%、
このデータに該当している馬はさすがに買えないだろう。
(しかも12年以降は全滅)

毎年のように人気で凡走するのが定番、
今年もプロディガルサン、メートルダールが人気を裏切った。

いくら能力上位の馬でも、
ローテーションが悪いと能力全開とはいかない。

メートルダールのように自身は距離延長が歓迎でも、
若駒にとって600Mの延長で初の2400Mは不利。

特に青葉賞は好走血統からもわかるように、
ダービーよりもスタミナ寄りのレースである。

ゼンノロブロイ産駒は青葉賞で凄い成績だが、
今年はメートルダールではなくレッドエルディストを買うのが正解。


7、8枠は過去10年で3着が2頭しかいなかったが、
今年の青葉賞は1~3番人気が揃って「7、8枠」

しかも3頭揃って「差し馬」で枠順以外にも「死角」あり、
もう少し荒れて欲しかったというのが本音だが、

この借りは青葉賞と同じ3歳限定重賞、
京都新聞杯かNHKマイルCで返せるだろう。

青葉賞同様「重い印」の信頼度は高いので、
あとは穴馬候補が馬券になるだけ。

今週こそは「ご褒美」をもらわなければ気が済まない、
というわけで楽しみにお待ちいただければと思う。


先週の春天は13番人気カレンミロティックを5番手評価。
(結果はハナ差2着)

先々週の3重賞は全て「二桁人気」が馬券になったが、
福島牝馬Sは◎マコトブリジャール(15番人気)が1着。

マイラーズCは○クラレント(11番人気)が3着、
フローラSは注(最後の切り札の意味)に指名した13番人気アウェイクが3着。

穴馬の選別は絶好調、
今週の3重賞も自分が推奨する大穴馬に注目。


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

的中報告を見る限り、
買い目をアレンジしている方は非常に多い。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

自身のメルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
全てを体感してから馬券を買ってもらいたい。

どれだけ納得できるかがギャンブルで勝つために大切なこと。
(裏づけがないと命の次に大切な金を思い切って懸けられない)


文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

競馬は胴元JRAを介した他人との金の奪い合い、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ