競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
春天は「あの超人気薄」に激走の可能性あり
2016/04/29 12:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

先週の3重賞の勝ち馬、
マコトブリジャール、クルーガー、チェッキーノ。

この3頭の次走の中で、
一番興味深いのはクルーガーの安田記念。

父、母父共に府中のマイルG1実績馬。
(キングカメハメハ、ディクタット)

そして府中のG1を2勝した名馬、
エイシンフラッシュを彷彿させる血統背景。

エイシンフラッシュ、クルーガー共に父キングマンボ系。
(前者はキングズベスト、後者はキングカメハメハ産駒)

そして2頭共にドイツ牝系。
(ドイツの名種牡馬ズルムーの血が濃く流れている)


11月に創刊した無料メルマガでは週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

無料メルマガは25週が経過、
つまり述べ25頭の穴馬を紹介してきた。

平均「8.5番人気」で半数の12頭が掲示板。
(平均単勝オッズは36.8倍)

3着内率24%、複勝回収率118%、
無料情報&伏兵限定&週1頭の縛りを考えると及第点。

連対まで来ることが多く、
二桁人気でも複数連対している。

巷によくある「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」的な穴推奨でなく、
週1頭のみの紹介なので、

非常に買いやすいと好評をいただいている。
(究極のローリスクハイリターンか)

超人気薄を推奨することも多いので、
桜花賞のアドマイヤリードのように「あと一歩」の場合もあれば、
(単勝248倍で5着)

先週のフローラSのエルビッシュのようにボロ負けの時もあり、
これはご了承願いたい。


先週の福島牝馬Sの◎マコトブリジャール(15番人気1着)や、
マイラーズCの○クラレント(11番人気3着)など、

超人気薄に◎○を打つ場合もあるが、
基本的に自分は穴候補に「☆」「注」を打つことが定番。

その中で「☆」を無料メルマガの厳選1頭として紹介しているが、
「注」の公開は有料メルマガ限定。

「注」も知りたいという方は、
是非とも有料メルマガを読んでもらえばと思う。


無料メルマガでは見られない「注」
最後の切り札の意味で打っている「隠し玉」

もちろん人気薄に打つ印なのだが、
「☆」とは少し意味合いが違う。

「☆」が常識的な穴馬に打つ印なら、
「注」は非常識な穴馬に打つ印と言える。

「注」はとんでもない人気薄に打つ時がほとんどなので、
全ての勝負レースに存在しているわけではない。

言い換えると「注」が存在するレースは、
特大配当ゲットのチャンスでもある。


昨秋のG1でも秋天のステファノスや、
朝日杯のシャドウアプローチに「注」を打ったが、
(前者は10番人気2着、後者は11番人気3着)

今年も「注」は大暴れ、
好走率、回収率共に優秀な数字をマーク。

平均「10.1番人気」だったにもかかわらず、
(平均単勝オッズはなんと68.3倍)

3着内率23%と約4頭に1頭が好走、
複勝回収率は180%に達している。

代表例はシルクロードSのワキノブレイブ、
さらに先月のフラワーCのウインクルサルーテ。

上記2頭は共に「単勝90倍台」という超人気薄ながら3着、
まさに非常識な大穴馬。

そして先週のフローラSでは単勝63倍アウェイクを「注」に指名、
結果は低評価をあざ笑うかのような激走。

最後の最後に差し込んで3着、
まさに「最後の切り札」に相応しい走りだった。


自分が購入している新聞では、
上から下まできれいに無印だったアウェイク。

あれだけ魅力的な人気薄に、
△が1つもついていないのはおかしいと思ったのは、

自分とメルマガ会員様だけか。
(13番人気はおいしすぎた)

絶好枠でディープ産駒、
道悪だった前走は全くいいところがなかったが、

良馬場だった2戦は共に「上がり最速」をマーク、
2走前はジャガンツ(次走楽勝)を差し切った牝馬。

完全に「人気の盲点」
買わない手はないと言える馬だったのだ。

今後も「注」に注目、
特大ホームランに貢献してくれる日は近いだろう。


今週の春天でも「隠し玉候補」は存在、
とんでもない人気薄に「注」を打つ可能性あり。

おそらく新聞ではオール無印が予想されるので、
3着でも特大配当は間違いなし。

一撃炸裂の大チャンス、
楽しみにお待ちいただければと思う。

いずれにしても春天は、
自信がある上に高配当が期待できるレース。

絶好調で今週からのG16連戦に突入、
個人的にも相当ワクワクしている。


有料メルマガは初月無料の特典をつけているので、
1ヶ月分の購読料で6月末(宝塚記念)までOK。

購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(5月から新規で購読する方のお申し込みを受付中)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ


無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

リンク先にサンプルもあり。
(京都金杯のテイエムタイホーを厳選1頭に指名した理由)

今週の厳選1頭は2重賞の中から選択。
(青葉賞の☆か春天の☆のどちらか)


最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ