競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼96 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
桁違いのスピード
2016/04/28 14:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

5月から新規でメルマガを購読する方のお申し込みを、
すでに開始しているので、
(次月分から購読するを選択)

興味のある方は、
このブログの一番下に設置してあるリンク先から。

今年で8年目に突入したメルマガ。
(09年創刊、13年5月に売上1億円突破)

5、6月は17レースの提供予定だが、
初月無料の特典をつけているので、

1ヶ月分の購読料で6月末までOK、
つまり5月の月初から購読を開始すれば1レース317円。

1万文字の分析量が300円台、
大ボリュームの重賞予想が超低価格。

今週の2重賞(青葉賞、春天)においても、
ものすごい量のメルマガをお送りするのでお楽しみに。


先週は3重賞全てで「二桁人気」が激走、
難解なレースの連続だったが、

自分は3戦全勝を達成、
激走した超人気薄に「重要な印」を打つことができた。

福島牝馬Sは◎マコトブリジャール(15番人気)が1着で、
マイラーズCは○クラレント(11番人気)が3着。

そしてフローラSは注(最後の切り札の意味)に指名した、
13番人気アウェイクが3着。

これだけ大穴が分析通りに激走してくれると、
気持ちいいとしか言いようがない。


福島牝馬Sはフルゲート16頭立ての混戦メンバーだったが、
自分は6頭まで絞って勝負。

2番人気ハピネスダンサーをはじめ、
5、6、7番人気といった中穴ゾーンをまとめて無印。

結果は◎▲で馬連万券的中。
(出来れば2着は高めが来て欲しかったが)


マイラーズCは軸に迷いなし、
2つの特注血統を両方持っている2頭。

クラレント、レッドアリオン兄弟、
それぞれ11番人気、7番人気とおいしすぎるゾーン。

共倒れは考えづらい状況だったので、
この2頭から馬連とワイドで手広く勝負。

その代わりにフィエロ以外の人気どころ、
ネオスターダム、ダノンリバティ、サンライズメジャーは無印。


昨年の勝ち馬レッドアリオンはいいところがなかったものの、
(凡走理由は明白)

兄のクラレントが低評価をあざ笑うかのような走りで3着、
さすがは「ザ・マイラーズC血統」

2着なら馬連200倍もゲットだったが僅かに及ばず、
しかしワイドもそれなりについたので贅沢は言えないか。

消した人気馬たちは掲示板外に敗れたので、
クラレントからワイド2本ゲット。

クルーガー、ダノンシャークの馬連よりも高配当だった。
(ワイドの合わせ技で92倍)

クラレントはマイラーズCで「これ以上ない血統背景」
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


マイラーズCはリファールの血が効くレース、
よってディープ産駒が強いのは必然だが、

馬券のポイントとなっているのは、
リファールの中でもダンシングブレーヴの系統。

15年1着レッドアリオン(8番人気)
13年2着サンレイレーザー(8番人気)
12年1着シルポート(3番人気)

京都施行となった12年以降の過去4回中3回で、
ダンシングブレーヴ内包馬が連対。
(14年のみディープで上位独占)

出走数はそれほど多くないので、
非常に狙いやすいという利点もある。

さらに血統面のポイントがもう1つ、
当レースはテスコボーイの血も効いている。

15年1着レッドアリオン(8番人気)
13年1着グランプリボス(5番人気)
12年3着コスモセンサー(7番人気)

12年以降の過去4回中3回で「5番人気以下」が好走。
(4代内にテスコボーイ自身を内包)


つまり当レースで穴が期待できる血統は、
ダンシングブレーヴとテスコボーイ。

となれば軸は迷いなし、
両方持っているクラレント、レッドアリオン兄弟。

それぞれ6歳、7歳となったが、
息の長い活躍が特徴の牝系なので問題なし。

母エリモピクシーは5歳春にOP入り、
そして6~7歳時にOP、重賞で8戦連続で4着以内。
(G1エリザベス女王杯でも8番人気ながらクビ差4着)


クラレントは内枠が得意、
全7勝中5勝が「5番ゲートより内」

5番ゲートより内だと勝率42%、複勝回収率216%、
内枠から重賞を4つも勝っている。

昨年のマイラーズCは18番ゲートで持ち味を生かせなかったが、
今年は同馬にとって絶好の4番ゲート。

重賞6勝&昨年の安田記念3着馬が人気皆無、
これは狙う価値が十分ある。


以上がメルマガからの抜粋文。

そして分析通りにクラレントは二桁人気で激走、
2年連続でエリモピクシーの仔が穴をあけた。

クラレントは安田記念以来の好走となったが、
この時もお世話になったように、
(12番人気ながら☆に抜擢して12万馬券的中)

忘れた頃に走るのが特徴、
次は「あのレース」で穴をあけるはず。

楽しみにお待ちいただければと思う。
(詳細はメルマガにて)


ちなみにクラレントだけでなく、
マイラーズCは1、2着馬も好走血統に該当。

今年のマイラーズCも例年同様、
リファール、テスコボーイだけで的中できたレース。

2着ダノンシャークはわかりやすいディープ産駒。
(ディープは母父がリファール系アルザオ)

一連のレース内容や母系からも衰えは感じられず、
8歳でも全く問題なかったが、

勝ち馬クルーガーは取捨に一捻り必要な馬。
(玄人はいかにも消したくなるタイプ)

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(クルーガーについての記述)


前走中日新聞杯は2番人気を裏切ったが、
最悪の状況だったので0.3差6着は頑張った方。

前が有利だったレース質の中で、
大外18番ゲートから4角13番手では苦しい。

しかも短縮ローテが有利だった中で、
(1、3着馬は400M以上の短縮)

同馬は延長ローテ、
まさに前走は枠順、位置取り、ローテの3重苦。

今回は事前検証で紹介したポイントに該当していないが、
1回の凡走で人気が急落している点は見逃せない。

14年の勝ち馬ワールドエースと同じドイツ血統馬、
ワールドエースもこの時が初のマイル戦だった。


マイラーズCの定石通り、
シンプルに今年もリファールの血で勝負するが、

リファール以外では、
短縮ローテのクルーガーだけは押さえておく。

母母父は14年の勝ち馬ワールドエースの母父父と同じズルムー、
ズルムーの母はテスコボーイの半妹。


昨日開幕した京都は、
短縮ローテ馬が大活躍していたから。

4R1着エイシンティンクル
5R1着テラノヴァ(5番人気)
7R2着ネオアトラクション(11番人気)
10R1着オデュッセウス(3番人気)
11R2着スナッチマインド
11R3着コウエイタケル(7番人気)

該当馬が単勝50倍以上の2頭のみだった9R以外は、
短縮ローテ馬が連対。


以上がメルマガからの抜粋文。

クルーガーの前走は最悪の状況、
不利な延長ローテ&大外18番ゲート。

今回は一転して有利な短縮ローテ&絶好の2番ゲート、
しかもテスコボーイの影響を感じさせる血統背景。

初マイルを1分32秒台で勝ち切ったのは、
まさに「血統のなせる業」だろう。

一昨年のワールドエースも初マイルで「1.31.4」
コースレコードで快勝したが、

この時は母父アカテナンゴを重視して◎。
(しかも父ディープで言うことなし)

常に1番人気だったワールドエースにとって、
初の人気落ちと言える「おいしい状況」だった。


アカテナンゴはドイツの大種牡馬ズルムー産駒、
そして自身もドイツリーディングサイアーに5度も輝いた名種牡馬だが、
(日本ではドイツ代表馬としてJCを勝ったランドの父として有名)

このアカテナンゴをはじめ、
エイシンフラッシュの母父プラティニ(JC4着)などのズルムー系は、

高速馬場でも結果を出す系統、
これは覚えておいて損はないだろう。

例えばエイシンフラッシュはダービーや秋天を高速上がりで勝利。
(それぞれ上がり最速32.7、33.1)

英国から輸入されたテスコボーイは、
70年代の日本で「桁違いのスピード」でトップサイアーに君臨したが、

ズルムーの母はテスコボーイの半妹、
これがズルムー系が高速決着を苦にしない理由。

開幕週の京都&初マイルで重賞制覇、
歴史は繰り返されたのである。


ちなみにマイラーズC前日の京都芝は、
前述の通り「短縮ローテ」が爆発していたが、

当日も3Rでいきなり「短縮ローテ」が炸裂。
(上位独占で3単49万馬券)

この状況でクルーガーを消すのは暴挙だろう。
(マイラーズCは短縮ローテが3頭のみ)

二桁人気に甘んじていたアルバートドックも5着と健闘。
(同馬は☆に抜擢)

先週の京都芝は、
短縮ローテだった馬の複勝回収率が150%を超えた。
(単勝万馬券は除く)

前日(当日)の結果は「宝の山」
勝ち馬や人気薄で好走した馬の特徴を見るのがポイント。


上記内容はメルマガのほんの一部、
毎週大ボリュームでお送りしている。

そして当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。
(その馬自身の狙い時を含む)

数え切れないほどの様々な有効データを所有、
これが自分のストロングポイント。


メルマガは3本立て、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして買い目のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

競馬は胴元JRAを介した他人との金の奪い合い、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

的中報告を見る限り、
買い目をアレンジしている方は非常に多い。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

自身のメルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
全てを体感してから馬券を買ってもらいたい。

どれだけ納得できるかがギャンブルで勝つために大切なこと。
(裏づけがないと命の次に大切な金を思い切って懸けられない)


メルマガの購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(5月から新規で購読する方のお申し込みを受付中)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ