競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
15番人気マコトブリジャールに◎を打てた理由
2016/04/27 17:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは「独り言」をつぶやいているので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


先週の福島牝馬Sは、
◎マコトブリジャール(15番人気)が快勝。

出来ればヒモは「高め」が来て欲しかったが、
(買い目には馬連とは思えない配当も混じっていたので)

2着は一番「安目」のシャルール、
それでも◎▲で馬連万券を的中させることに成功。

なぜブービー人気のマコトブリジャールに◎を打てたのか?
実はそれなりに自信ありの◎だった。

同馬は1800Mなら世間の想像以上に強い馬、
そして福島牝馬Sは短縮ローテから買えば当たるレース。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(レース前日に配信する事前検証のメルマガから)


短縮ローテに注目、
過去3年で(1-1-2-4)

8頭中7頭は「6番人気以下」だったにもかかわらず、
3着内率50%、複勝回収率543%は圧巻の一言。

15年3番人気1着
スイートサルサ(前走芝2000M※中山牝馬Sは取消なので)

15年9番人気2着
リラヴァティ(前走芝2000M)

14年16番人気3着
フィロパトール(前走芝2000M)

13年10番人気3着
ピュアブリーゼ(前走芝2200M)

昨年は該当馬2頭がきれいにワンツーで馬単万券、
9番人気リラヴァティは迷いなく☆に指名。

13年、14年も該当馬は3頭ずつしかいなかったが、
その内の1頭が「二桁人気」で好走している。
(ピュアブリーゼは大穴に抜擢)

ちなみに人気薄で激走した3頭は、
前走も今回も先行していた。

ピュアブリーゼは前走3角3番手、今回3角2番手、
フィロパトールは前走3角先頭、今回3角2番手。

そしてリラヴァティは前走3角先頭、今回3角2番手だった。

今年の出走馬の中で「短縮ローテ」は、
マコトブリジャール1頭。


以上が事前検証からの抜粋文。

福島牝馬Sで異常に走っている「短縮ローテ」
それが先行馬なら言うことなし。

該当馬は毎年少ないのでピンポイントで狙える優れもの、
しかも該当馬は人気薄なので回収率が凄まじい。

そしてマコトブリジャールに対する最終見解はこれ、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


同馬の距離別成績を見てみると、
(1000万に昇格した3歳夏以降)

1800M(3-0-2-8)
1800M以外(0-0-0-9)

1800M以外では全て「馬券圏外」だが、
1800Mでは3着内率39%をマーク。

人気になりづらいタイプなので回収率も優秀。
(単勝回収率343%、複勝回収率162%)

3走前のカシオペアSは10番人気3着、
トーセンスターダムに僅か0.1差。

6走前の福島テレビオープンは5番人気3着、
ヒストリカルとはアタマ差の接戦。

1800Mなら強豪牡馬相手でも激走しており、
牝馬限定なら重賞でも通用する可能性は十分。


3着内率50%、複勝回収率543%を誇る「短縮ローテ」
これに「前走先行」というオプションが付くとパーフェクトになる。

前走3角3番手以内&今回短縮ローテだった馬は、
過去3年で(0-1-2-0)

3着内率100%、複勝回収率1340%、
3年連続で人気薄が激走中。

15年2着リラヴァティ(9番人気)
14年3着フィロパトール(16番人気)
13年3着ピュアブリーゼ(10番人気)

該当馬は毎年1頭ずつ、
今年も該当馬は超人気薄マコトブリジャール1頭。

これは狙うしかないだろう。

1800Mのスペシャリスト、
この距離なら強い牡馬が相手でも互角に戦える馬。

6走前は今回と同じコース(福島芝1800M)の牡馬OPで、
勝ち馬とタイム差なしの3着。

近2走は展開不利、
少なくとも人気ほどの実力差はない。


以上がメルマガからの抜粋文。

1800Mなら相当やれる馬が、
当レースで圧倒的有利な「必殺の短縮ローテ」で挑むとあれば、

◎を打たないわけにはいかないだろう。
(しかもありがたいことに近2走の惨敗でブービー人気)


上記データは来年以降も有効、
覚えていれば高配当にありつけるはずだ。

データを整理しておくと、
(今年の分も含めて)

前走3角3番手以内&今回短縮ローテだった馬は、
13年以降(1-1-2-0)

4頭の人気は9、10、15、16番人気だったにもかかわらず、
なんと3着内率は100%。

4年連続で人気薄が激走中、
単勝回収率1327%、複勝回収率1210%は強烈すぎる。

16年1着マコトブリジャール(15番人気)
15年2着リラヴァティ(9番人気)
14年3着フィロパトール(16番人気)
13年3着ピュアブリーゼ(10番人気)

該当馬は毎年1頭ずつ、
来年も該当馬が1頭だとありがたい。


福島芝1800Mで大外枠に入ったシャルールは、
一見「危険な人気馬」だが、

2番人気ハピネスダンサーの方がよっぽど危険だった。
(もちろん無印、同馬は掲示板にも載れず)

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(シャルールに関して記述した内容)


直線の長いコースで3連勝中だが、
小回り適性が高い血統背景なので福島も問題ない。

兄ヒカルプリンスは福島2勝、姉ラフォルジュルネは小倉3勝、
兄アーデントは中山2勝で弥生賞3着。

兄ラブラバードは内回り(小回り)で3勝、
福島芝1800Mでも勝っている。

父ゼンノロブロイも当コースは得意、
福島芝1800Mの複勝回収率は100%を超えている。

福島牝馬Sでも近4年で2頭が連対。
(リラヴァティ9番人気2着、コスモネモシン4番人気2着)


シャルールは母父カルドゥンが、
グレイソヴリンの中でも特に相性がいいカロの系統。
(カロ、フォルティノ、グレイソヴリンというサイアーライン)

連覇したオールザットジャズの父タニノギムレットは、
母父クリスタルパレスがカロ産駒。

14年2着キャトルフィーユの母父テハノランはカロ系、
12年3着アカンサスの母父アンブライドルズソングは母父カロ。

さらにシャルールは父も当レースに強いゼンノロブロイ、
しかも牝系は小回り適性が高い。

内枠優勢のレースだが、
この馬に関しては大外枠も問題ないはず。

ゼンノロブロイ産駒が芝重賞で8枠に配置された場合、
単勝50倍以上を除くと(3-6-6-14)

3着内率52%、複勝回収率198%、
大外枠はむしろ歓迎となっている。

最近だと小倉記念のアズマシャトル(6番人気1着)や、
アーリントンCのロワアブソリュー(7番人気3着)が記憶に新しいところ。

ちなみに上記データから、
牝馬限定の芝1800M重賞だけ抽出すると(0-3-1-0)

なんと4、9、10、10番人気で凡走なし、
3着内率100%、複勝回収率530%は圧巻の一言。

4頭全馬「異なる馬」というのが凄いところ。
(リラヴァティ、ラブフール、アニメイトバイオ、コスモネモシン)

ゼンノロブロイ産駒の牝馬は芝1800M重賞に強いので、
外枠をもらえば「鬼に金棒」なのだ。

シャルール自身も血統通り「外枠」が得意で、
これまで6枠より外だと(3-0-1-0)

4戦3勝で勝率75%、単勝回収率467%、
唯一の3着(忘れな草賞)も強敵相手に価値ある好走。
(1、2着はミッキークイーン、ロカ)


以上がメルマガからの抜粋文。

福島牝馬Sは内枠有利のレースだが、
(今年も1、3着は内枠の超人気薄)

シャルールに関しては外枠歓迎、
まさにゼンノロブロイ産駒らしい走りを披露。

鬼に金棒のパーフェクトデータは継続された。
(牝馬限定の芝1800M重賞でゼンノロブロイ牝馬の8枠)

終わってみれば今年の福島牝馬Sは、
3着内率100%データのワンツーで馬連万券。

マコトブリジャールは短縮の先行馬、
シャルールは外枠のゼンノロブロイ産駒。

こういうレースが多いと楽、
個人的には今週の春天もシンプルだと思っているが。


福島牝馬Sはオツウを拾っておらず、
ボーナスの3連複846倍を逃してしまったのは申し訳ない。

オツウは福島牝馬Sの特注血統グレイソヴリン内包、
しかも内枠有利のレースで3枠6番。

クインズミラーグロは印を回したが、
(同馬も内枠のグレイソヴリン、8番人気ながら5着と善戦)

オツウも押さえは必要だったと反省。
(調教師の面からも)

フィロパトール(14年16番人気3着)に続く、
グレイソヴリン先行馬の激走だった。

この借りは5月中に返してもらう予定、
周知の通り5月は配当的に楽しみな重賞が目白押し。

一撃炸裂は5月に持ち越しとなったが、
そろそろ歓喜の大ホームランが飛び出す頃合いだろう。


上記内容はメルマガのほんの一部、
毎週大ボリュームでお送りしている。

今週の2重賞(青葉賞、春天)においても、
ものすごい量のメルマガをお送りするのでお楽しみに。

メルマガは3本立て、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして買い目のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

競馬は胴元JRAを介した他人との金の奪い合い、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

的中報告を見る限り、
買い目をアレンジしている方は非常に多い。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

自身のメルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
全てを体感してから馬券を買ってもらいたい。

どれだけ納得できるかがギャンブルで勝つために大切なこと。
(裏づけがないと命の次に大切な金を思い切って懸けられない)


今年で8年目に突入したメルマガ。
(09年創刊、13年5月に売上1億円突破)

5、6月は17レースの提供予定だが、
初月無料の特典をつけているので、

1ヶ月分の購読料で6月末までOK、
つまり5月の月初から購読を開始すれば1レース317円。

1万文字の分析量が300円台、
大ボリュームの重賞予想が超低価格で見れるのである。

メルマガの購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(お申し込みは5月になってからがお得)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ