競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
先週の厳選1頭は単勝248倍
お礼2
2016/04/16 08:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは「独り言」をつぶやいているので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


11月に創刊した無料メルマガでは週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

無料メルマガは23週が経過、
つまり述べ23頭の穴馬を紹介してきた。

平均「8.2番人気」で半数の12頭が掲示板。
(平均単勝オッズは32.4倍)

3着内率26%、複勝回収率128%、
無料情報&週1頭の縛りを考えると及第点。

連対まで来ることが多く、
二桁人気でも複数連対している。
(阪神JFのウインファビラスや京都金杯のテイエムタイホー)

巷によくある「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」的な穴推奨でなく、
週1頭のみの紹介なので、

非常に買いやすいと好評をいただいている。
(究極のローリスクハイリターンか)


先週は桜花賞から、
単勝248倍の超人気薄アドマイヤリードを厳選1頭に指名。

推奨理由は以下の通り。
(先週配信した無料メルマガの全文)


桜花賞 推奨穴馬
8枠17番アドマイヤリード

外回り施行となった07年以降、
6番人気以下という人気薄で好走した馬は述べ8頭。

この8頭中、
10年以降の5頭は全馬「チューリップ賞組」

15年7番人気2着
クルミナル(前走チューリップ賞11着)

15年8番人気3着
コンテッサトゥーレ(前走チューリップ賞6着)

13年7番人気1着
アユサン(前走チューリップ賞3着)

13年14番人気3着
プリンセスジャック(前走チューリップ賞8着)

10年11番人気3着
エーシンリターンズ(前走チューリップ賞3着)

上記5頭中4頭は、
チューリップ賞で0.7差~1.3差の完敗だった。

さらに上記5頭の「父」は、
ディープ3頭、ダイワメジャー1頭、キングカメハメハ1頭。

つまり近年の桜花賞の典型的な大穴パターンは、
リーディング上位種牡馬を父に持つチューリップ賞凡走馬。


そして桜花賞は基本的に差し馬有利、
特に勝ち馬に関しては後方待機勢が多い。

外回り施行となった07年以降の過去9回、
4角9番手以内で通過した馬は(3-4-4-74)

勝ち馬3頭は、
ダイワスカーレット、アパパネ、レッツゴードンキ。

ダイワスカーレットの07年は前半3ハロン「35.7」
アパパネの10年は「35.6」

そしてレッツゴードンキの昨年は「37.1」の歴史的スロー、
つまり「4角一桁位置取り」で勝った3頭はスローの年。

他6回の年は前半34秒台と流れているが、
この6回は4角9番手以内で通過した馬が(0-2-2-51)

つまり桜花賞の特徴は、
前半35秒を超えれば「前残り」で前半35秒を切れば「差し馬」が台頭。


メジャーエンブレムの近3走は、
全てレースの前半が34秒台で流れている。

同馬はスローに落とすと持ち味を最大限に発揮できないので、
今回もテンの入りは34秒台になる公算が高い。

となれば差し馬の出番。

桜花賞は末脚勝負になるということで、
枠順も「内枠不利」となっている。

外回り施行となった07年以降、
1~3枠の成績は(1-0-2-51)

好走したのは07年3着カタマチボタン、
そして昨年の1、3着馬レッツゴードンキ、コンテッサトゥーレ。

前述の通り、
07年は前半「35秒台後半」で昨年は「37秒台」の歴史的スロー。

つまり34秒台で流れた年は、
1~3枠が全滅となっている。


アドマイヤリードは全く人気がないが、
桜花賞の典型的な大穴パターンに該当している。

人気薄での激走が期待できるのは、
リーディング上位種牡馬を父に持つチューリップ賞凡走馬。

そして前述の通り、
桜花賞は基本的に「外の差し馬」が有利。

アドマイヤリードは8枠で差し脚質、
そしてチューリップ賞で1.1差のステイゴールド産駒。

ファンタジーS、チューリップ賞は休養明けで凡走、
叩き2戦目の白菊賞は強い内容で1着。

叩いて一変するタイプだと見れば、
叩き2戦目の今回は狙う価値はあるだろう。

ちなみに阪神JFの凡走も、
ローテーションから説明可能。

当時のメルマガにも記載したが、
阪神JFは中1週が「鬼門ローテ」となっている。

中1週以内で挑んだ馬は、
00年まで遡っても(0-0-0-40)

2歳牝馬にとって中1週でのG1は、
疲労の観点から過酷なのだ。

つまりアドマイヤリードの凡走3回は、
2回が休養明けで1回が中1週で挑んだ阪神JF。

早熟と決めつけるのは早計。

14番人気で3着に突っ込んだプリンセスジャックは、
(4角14番手)

直線の短いコースでデビュー2連勝を飾った後、
外回りのファンタジーS、阪神JF、チューリップ賞で凡走。

アドマイヤリードもデビュー戦と白菊賞で強敵相手に差し切り勝ち、
しかしファンタジーS、阪神JF、チューリップ賞で凡走。

早熟&内回り向きと思われている点が、
プリンセスジャックとかぶっている。

父がリーディング上位のSS系で母父ミスプロ系という点も同じ、
ここは大駆けに期待したい。

デビュー戦は評判馬シルバーステートを撃破。
(牡馬クラシック候補だったが故障)

白菊賞ではカイザーバルを破っている。
(今回抽選を突破すれば、穴人気必至だった実力馬)


能力的には3強が抜けているが、
こういう時は3頭で決まらないのも競馬。

ちなみに桜花賞は過去30年遡っても、
3番人気以内が1~3着を独占したことは一度もない。

今年の桜花賞も穴馬の食い込みが期待できるはず、
とは言っても普通に回ってくれば3強が強いので、

ここは中途半端な穴馬よりも、
超人気薄を買った方が得策だろう。


今週の推奨穴馬は、
桜花賞のアドマイヤリード。


以上が無料メルマガの全文。

チューリップ賞シンガリ負けの馬を「先週の厳選1頭」に指名、
一見「無謀」としか思えないが、

週1頭しか選べない推奨穴馬、
個人的には自信があったのである。

結果は4角最後方から猛然と追い込んで5着、
上がり33.2の鬼脚でゴール前の伸びは一番。

まさに低評価をあざ笑うかのような激走、
単勝248倍でも分析通りに走ってくれた。

大いに楽しめたので満足というようなメールも複数いただいたが、
できれば3着に間に合って欲しかったところ。

3連複やワイドだけでなく、
3着付けの3連単も買っていたというメールが複数。

3着でもワイド万券、
そして3複562倍、3単は21万馬券の特大配当だった。

自分も有料メルマガで配信した買い目が、
回収率3000%超えの特大ホームランだったのだが。
(◎○で馬単19倍は仕留めたが)

とは言っても競馬で「惜しい」は日常茶飯事、
一撃炸裂の日は近いだろう。


無料メルマガでは推奨馬以外に関する情報も詰まっており、
例えば上記文章を読めば、

3強の中ではジュエラーとシンハライトが有力で、
メジャーエンブレムが危険だったということが一目瞭然。

データを交えながら内枠と先行が不利で、
外枠と差しが有利と明確に記述してあるからだ。

そして3番人気以内が1~3着を独占したことは、
過去30年で一度もないという情報も役立ったはず。

厳選1頭の馬名だけでなく、
様々な有効データをうまく活用していただければと思う。


いずれにしても今週の無料メルマガにおいても、
魅力溢れる人気薄を推奨するのでお見逃しなく。

今週の厳選1頭は2重賞から選択。
(本日のアンタレスS、明日の皐月賞のどちらか)

無料とは思えない質と量、
他では決して見ることができないデータの宝庫。

無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

リンク先にサンプルもあり。
(京都金杯のテイエムタイホーを厳選1頭に指名した理由)


有料メルマガの購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(初月無料の特典付き)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ