競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
恐怖のデータ
お礼5
2016/04/15 13:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは「独り言」をつぶやいているので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


3番人気以内が1~3着を独占しない、
30年以上続いている「桜花賞の伝統」は今年も継続された。

馬券圏外に敗れたのはメジャーエンブレム、
これも桜花賞らしい結果。

外回り施行となってからの桜花賞は、
基本的に「先行」「内枠」が不利なレース。

メジャーエンブレムは内枠先行というダブルパンチ、
3強の中では最も不利な立ち位置。

一方でジュエラー、シンハライトは外枠の差し馬、
この2頭で馬単19倍はつきすぎと言えるだろう。


自分は◎○で馬単を仕留めたが、
出来れば☆アドマイヤリードに間に合って欲しかった。

同馬は無料メルマガの厳選1頭にも指名したように、
魅力溢れる大穴馬だった。

同馬が3着でも回収率は3000%を超えたのだが。
(単勝248倍ながら5着に激走)

今年の桜花賞は中途半端な穴馬より、
少しでも可能性がある超人気薄を買った方が得策と考え、

レッドアヴァンセ、ラベンダーヴァレイは容赦なく無印。
(それぞれ4、5番人気)

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(出走全馬の見解から)


<ラベンダーヴァレイ>

全兄マウントシャスタは毎日杯2着、
カミノタサハラは弥生賞1着、ベルキャニオンは共同通信杯2着。

クロウキャニオンの仔は3歳春の重賞に滅法強い。
(ボレアスはジャパンダートダービー2着、レパードS1着)

この時期は要注意の一族、
まさにラベンダーヴァレイの前走激走は血統通り。

ただしクロウキャニオンの仔は芝のG1で足りず、
人気で凡走することが定番となっている。

祖母クロカミも重賞ウィナーだが、
G1には縁がなかった。


<レッドアヴァンセ>

初戦と2戦目は取りこぼしたが、
3、4戦目は前残りの中で大外一気を決める強い内容。

この血統は凄いの一言。

4頭の兄は全馬「重賞ウィナー」
(リディル、クラレント、レッドアリオン、サトノルパン)

レッドアヴァンセも相当な能力の持ち主だが、
前走「大幅馬体減」では狙いづらい。

牝馬限定G1で「前走-10キロ以上」だと、
09年以降(0-2-1-58)

好走したのは3頭のみで、
3頭中2頭は12年Vマイルの2、3着馬。

若い牝馬(2、3歳)で好走したのは、
13年桜花賞のレッドオーヴァル1頭のみ。
(2番人気2着)


以上がメルマガからの抜粋文。

上記2頭は桜花賞に滅法強いディープ産駒、
人気的にも「つい買いたくなる」ところに位置していたが、

自信を持って無印にできたことが、
よくお分かりいただけたと思う。


ラベンダーヴァレイは血統的にG1で足りなかったが、
チューリップ賞好走は展開に恵まれたものでもあった。

◎ジュエラー○シンハライトとする際にお伝えしたが、
今年のチューリップ賞は前残りのレース質。

つまりチューリップ賞組で評価できるのは、
不利な状況で差してきた1、2着馬のみ。

3着以下は買わなくて良かったのだ。
(ラベンダーヴァレイ、デンコウアンジュ、ウインファビラス、ブランボヌールなど)

先行して粘っただけのラベンダーヴァレイ、
同馬を本番で5番人気にするのはやりすぎだろう。
(しかも桜花賞は先行馬が不利なレース)

自分はシンガリ負けを喫していたアドマイヤリードだけは買ったが、
(単勝248倍ながら☆に抜擢)

これは「全く力を出していない」ことが明らかだったから。
(今回は有利な外枠の差し馬でもあった)


4番人気レッドアヴァンセは能力が高い馬ではあるものの、
チューリップ賞で「-14キロ」という大幅馬体減。

この時点で桜花賞では買わなくていい。

勝率0%、3着内率は5%にも満たないのだから。
(特に2、3歳の牝馬はほぼ全滅)


ちなみに「この世代」の最初のG1阪神JFでも、
前走大幅馬体減だった人気馬2頭が凡走している。

デンコウアンジュは阪神JFで2番人気7着。
(前走-18キロ)

アットザシーサイドは阪神JFで4番人気5着。
(前走-10キロ)

まさに「恐怖のデータ」
このデータは覚えておいて損はない。

デンコウアンジュは馬体重云々の前に、
阪神のマイルG1では到底買えない血統だが。


もちろん阪神JFで上記2頭は無印としたが、
アットザシーサイドの5着は想像以上の頑張り。

今回は阪神JFよりも走れる状況。
(前走+6キロ)

桜花賞と相性がいい血統背景だった上に、
(父、母父共に桜花賞馬を輩出)

有利な枠順と脚質ということを考慮すれば、
(二桁馬番で差し脚質)

◎○から3連系(3着付け)で押さえるべきだったと反省している。
(3複56倍、3単203倍)

能力を出し切っての3着、
アドマイヤリードにはない強みが生きた。


今週の皐月賞においても、
ものすごい量のメルマガをお送りするのでお楽しみに。

メルマガは3本立て、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして買い目のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

競馬は胴元JRAを介した他人との金の奪い合い、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

的中報告を見る限り、
買い目をアレンジしている方は非常に多い。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

自身のメルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
全てを体感してから馬券を買ってもらいたい。

どれだけ納得できるかがギャンブルで勝つために大切なこと。
(裏づけがないと命の次に大切な金を思い切って懸けられない)


初月無料の特典をつけているので、
1ヶ月分の購読料で5月末までOK。

5月末まで16レースの提供予定、
よって今週から購読を開始すれば1レースなんと337円。

1万文字の分析量が300円台で読めるのである。

メルマガの購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ