競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼96 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
今週の厳選1頭は
2016/04/08 12:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは「独り言」をつぶやいているので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


11月に創刊した無料メルマガでは週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

無料メルマガは22週が経過、
つまり述べ22頭の穴馬を紹介してきた。

平均「8番人気」で半数の11頭が掲示板。
(平均単勝オッズは22.6倍)

3着内率27%、複勝回収率134%、
無料情報&週1頭の縛りを考えると及第点。

先週はダービー卿CTから、
単勝10.7倍の伏兵ロゴタイプを厳選1頭に指名。

推奨理由は以下の通り。
(先週配信した無料メルマガの全文)


ダービー卿CT 推奨穴馬
7枠14番ロゴタイプ

祖母スターバレリーナは、
3歳~5歳秋まで息の長い活躍をした名牝。

近親のパドトロワは4歳時にG1連対、
5歳時にはサマースプリント王者、6歳時にも函館SS制覇。

近親のアグネスラズベリは6歳時に重賞で好走連発、
アンドゥオールは5歳時に重賞2勝、7歳冬にはOP特別勝利。

息の長い活躍が特徴の一族、
ロゴタイプもG2、G3ならまだまだやれるはず。

父ローエングリンは3、4歳時はG1で好走していたが、
5歳以降のG1成績は(0-0-0-11)

一方で高齢になってからの復活が2度もあった馬。
(6歳時のマイラーズC、8歳時の中山記念)

ロゴタイプは父と同じような戦績を辿っている。
(早い時期はG1級、晩年はG2、G3級)

前走は得意の中山で崩れたが、
相手が強すぎた上に展開も合わず。

しかも今開催の中山芝重賞は「延長ローテ」が不振なので、
仕方ない敗戦だったと言える。


そして当レースは毎年「混戦のハンデG3戦」だが、
意外にも「G1との関連性」が強いという伝統がある。

15年1番人気1着
モーリス(当年安田記念、マイルCS、香港マイル制覇)

14年4番人気1着
カレンブラックヒル(NHKマイルC1着)

13年5番人気1着
トウケイヘイロー(当年香港C2着)

13年1番人気2着
ダイワマッジョーレ(当年マイルCS2着)

10年7番人気1着
ショウワモダン(当年安田記念制覇)

10年4番人気2着
マイネルファルケ(マイルCS2着)

09年1番人気1着
タケミカヅチ(皐月賞2着)

09年7番人気2着
マイネルファルケ(当年マイルCS2着)

07年9番人気2着
コイウタ(当年Vマイル制覇)

05年1番人気1着
ダイワメジャー(皐月賞馬)

04年7番人気1着
マイネルモルゲン(NHKマイルC3着)

すでにG1好走実績のあった馬、
もしくはその年のG1で好走する馬が、

中山開催の過去11回中8回で連対、
しかも上記連対馬11頭中7頭は勝ち切っている。

ちなみに昨年は3着馬もG1好走馬だった。
(9番人気3着インパルスヒーローはNHKマイルC2着馬)


ロゴタイプは唯一のG1ホース、
となれば狙い目だろう。

しかも前走からの上積みという観点では、
同馬が一番あるように思える。

今開催の中山芝重賞は「短縮ローテ」が大活躍、
これまで(4-3-4-20)

3着内率36%、複勝回収率150%、
期待値は非常に高くなっている。

中山記念は掲示板独占。
(延長ローテの人気馬イスラボニータ、ロゴタイプは惨敗)

オーシャンSは16頭中「短縮ローテ」は3頭のみだったが、
その内の1頭エイシンブルズアイ(単勝11倍)が快勝。

中山牝馬Sは馬券圏内独占で17万馬券。
(二桁人気馬が3、4、6着と善戦)

スプリングSも1~4着独占。
(出走数は多かったが)

フラワーCは16頭中「短縮ローテ」は2頭のみ、
そして2頭が3、4着に好走した。

3着ウインクルサルーテは16頭中14番人気。
(単勝96倍ながら切り札に抜擢)

不発に終わった弥生賞、日経賞は、
それぞれ該当馬が人気薄1頭しかいなかった。

つまり該当馬が複数存在したレースは、
必ず「短縮ローテ馬」が好走しているということ。


今開催の中山芝重賞は「短縮ローテ」が爆発している一方で、
「延長ローテ」が(0-1-1-34)と大不振。

好走した2頭は弥生賞のリオンディーズとエアスピネルだが、
この2頭も人気以上には走っていない。

ロゴタイプは中山記念で超強力メンバーが相手だった上に、
不利な「延長ローテ」だったのである。

しかもドゥラメンテ、アンビシャス、リアルスティールなど、
超強力メンバーは「短縮ローテ」だったのだ。

1~6着まで短縮ローテが独占、
ロゴタイプが7着に敗れたのは仕方ないところ。
(相手が悪すぎ&相手が短縮)

今回も強い馬が出走しているものの、
ワールドクラス相手だった前走よりは楽。

しかも一転して有利な「短縮ローテ」とくれば、
大幅なパフォーマンスが見込めるはず。


さらにもう一つ。

中山芝1600M~1800Mの重賞と言えば、
「母父サンデーサイレンス」が強い。

3着内率31%、複勝回収率135%、
母数は100以上と大きいので価値が高いデータ。
(11年以降)

ダービー卿CTでは4年連続で好走中。

15年3着インパルスヒーロー(9番人気)
14年3着インプロヴァイズ(8番人気)
13年3着ダイワファルコン
12年2着オセアニアボス(10番人気)

4頭中3頭が人気薄、
昨年は該当馬がインパルスヒーロー1頭だった。


さらに踏み込んでみると、
ロゴタイプが「絶好の狙い目」であることがわかる。

今開催の中山芝重賞は「短縮ローテ」が爆発中、
そして中山芝1600M~1800M重賞は「母父SS」が強い。

つまり今開催の中山芝1600M~1800M重賞では、
「短縮ローテの母父SS」が凄いことになっているのは容易に想像がつく。

今開催は中山芝1600M~1800Mの重賞が4鞍行われたが、
(厳密には4鞍全て1800M)

短縮ローテの母父SSは(1-0-2-4)
3着内率43%、複勝回収率450%は圧巻の一言。

<中山記念>
1着ドゥラメンテ
4着フルーキー(6番人気)

<中山牝馬S>
3着メイショウスザンナ(15番人気)

<スプリングS>
4着プランスシャルマン(9番人気)

<フラワーC>
3着ウインクルサルーテ(14番人気)

中山牝馬S、フラワーCは該当馬が超人気薄1頭のみだったが、
その1頭がピンポイントで好走。
(それぞれ単勝オッズは120倍、96倍)

スプリングSは該当馬2頭中、
単勝60倍のプランスシャルマンが見せ場十分の4着。

そして今回「短縮ローテの母父SS」はロゴタイプ1頭、
ピンポイントでの激走が期待できるだろう。


今週の推奨穴馬は、
ダービー卿CTのロゴタイプ。


以上が無料メルマガの全文、
結果はクビ差2着で馬連61倍、3単592倍を演出。

今週の無料メルマガでも、
魅力溢れる人気薄を推奨するのでお見逃しなく。

今週の厳選1頭は3重賞から選択。
(NZトロフィー、阪神牝馬S、桜花賞の中から1頭のみ)

無料とは思えない質と量、
他では決して見ることができないデータの宝庫。

無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

リンク先にサンプルもあり。
(京都金杯のテイエムタイホーを厳選1頭に指名した理由)


有料メルマガの購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(初月無料の特典付き)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ