競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼93 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
厳選1頭が激走
2016/02/10 11:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは「独り言」をつぶやいているので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


11月に創刊した無料メルマガでは週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

☆の回収率は長期にわたって安定しているので、
無料メルマガの厳選1頭は☆の中から選んでいる。

昨年以降の☆は半数近くが掲示板。
(138頭中64頭が掲示板)

人気薄の4、5着も多いので3着内率は27%だが、
(136頭中37頭が馬券圏内)

平均「7.9番人気」を考慮すれば高い好走率、
複勝回収率も120%を超えている。


無料メルマガは14週が経過、
つまり述べ14頭の穴馬を紹介してきた。

14頭全馬「6番人気以下」だったが、
(内5頭は二桁人気)

連対率29%、複勝回収率157%、
無料情報&週1頭の縛りを考えると及第点。

4週目はJCのラストインパクトが7番人気2着、
6週目は阪神JFのウインファビラスが10番人気2着。

9週目は京都金杯のテイエムタイホーが13番人気2着、
14週目は東京新聞杯のエキストラエンドが6番人気2着。

連対圏まで来てくれているので、
馬券も組みやすいはずだ。

以下は先週配信した無料メルマガの全文。


東京新聞杯 推奨穴馬
3枠3番エキストラエンド

当レースは良馬場だと内枠が有利な傾向。

良馬場施行だったのは08年以降で5回。
(08、10、11、12、13年)

この5回で「1~4枠」だった馬は、
単勝万馬券を除くと(4-4-5-19)

3着内率41%、
単勝回収率114%、複勝回収率173%をマーク。

13年1着クラレント
13年2着ダイワマッジョーレ(5番人気)
13年3着トライアンフマーチ(4番人気)

12年1着ガルボ(8番人気)
12年2着コスモセンサー(4番人気)
12年3着ヒットジャポット(7番人気)

11年2着キングストリート(7番人気)
11年3着ゴールスキー

10年1着レッドスパーダ
10年2着トライアンフマーチ
10年3着エーシンフォワード(6番人気)

08年1着ローレルゲレイロ(6番人気)
08年3着タマモサポート(12番人気)

過去5回の3着内馬15頭中13頭が「1~4枠」
良馬場が予想される今年も内枠重視が正解か。


先週開幕した東京芝も内枠有利の傾向、
先週の東京芝レース10鞍を振り返ってみると、

1~4枠(8-6-5-42)
5~8枠(2-4-5-64)

上位人気(5番人気以内)の数は、
ほぼ同数だったにもかかわらず、

勝ち馬10頭中8頭は「1~4枠」
2、3着も「1~4枠」の方が多かった。

1~4枠は複勝回収率も100%オーバー、
つまり人気薄も頻繁に好走したということ。

二桁人気が3頭も激走、
9番人気が勝ち切ったレースも存在。

一方で5~8枠の複勝回収率は30%台と低調。
(単勝回収率は10%)

母数の違いを考慮しても、
1~4枠の回収率とは「雲泥の差」

ちなみに5~8枠から好走したのはほとんどが先行馬、
5~8枠だった馬の「位置取り別成績」を見てみると、

3角4番手以内(1-3-5-20)
3角5番手以下(1-1-0-44)

外枠の差し馬で好走したのは2頭のみ。

土曜4Rの3番人気スカイホープ、
土曜11Rの2番人気ケツァルテナンゴ。

2頭共に能力上位の人気馬だった上に、
スカイホープは4角5番手と射程圏内に位置していた。
(ケツァルテナンゴは4角7番手)

しかも土曜は雨が残って稍重馬場、
良に回復した日曜は「外枠の差し馬」は壊滅。


そして昨日の結果も振り返ってみると、
(昨日の東京芝レース5鞍)

16頭立てだった5R(芝1800M)は、
1~4番ゲートがそのまま1~4着独占。

12頭立てだった7R(芝2400M)は、
降着したものの1番ゲートのヴァンキッシュランが1位入線。

13頭立てだった9R(芝2400M)は、
6番ゲートより内の馬が馬券圏内独占。

14頭立てだった10R(芝1800M)は、
5番ゲートより内の馬が1、3、4、5着。

単勝36倍ブリュネットや、
単勝94倍ボンジュールココロまでが掲示板確保。

2着リラヴァティは外枠(13番ゲート)だったが、
3角2番手と先行して外枠の不利を軽減。

16頭立てだった12R(芝1400M)は、
単勝20倍の伏兵レッドルモンドが2番ゲートから快勝。

2、3着も内寄りの馬で19万馬券。
(7番、9番ゲート)

先週同様「内枠有利」の傾向。


ちなみに昨日の東京芝レースの1枠成績は、
(3-1-1-2)

5鞍中4鞍で1位入線している。
(7Rのヴァンキッシュランは2着降着)

ここまで枠順の偏りが出ているのであれば、
内枠に期待するのは自然の流れ。

これまでの東京新聞杯(良馬場)の傾向だけでなく、
今開催の東京の馬場を考慮しても、

内枠重視で勝負した方が正解の可能性が高い。


エキストラエンドは厳冬期は走る馬で、
1、2月は(3-2-0-5)

勝率30%、連対率50%、
単勝回収率196%、複勝回収率112%をマーク。

京都金杯は一昨年1着、昨年2着、
東京新聞杯は一昨年2着、昨年は6着ながら0.2差。

馬券圏外の5戦も全て勝ち馬から「0.5差以内」
この時期に大崩れしたことはない。

今年の京都金杯は枠順が厳しかったので無印としたが、
展開不向きの中で脚は使っていた。
(上がり33.4はメンバー最速)

今回は念願の内枠、
同馬は立ち回りが巧いので内枠が得意。

半兄ローエングリンは8歳時に中山記念制覇、
半兄ブレーヴハートは7歳時にダイヤモンドS2着。

早くから頭角を現す一族だが、
(ローエングリンは3歳時に宝塚記念3着、ブレーヴハートは青葉賞3着)

息の長い活躍を見せるのが最大の特徴。

京都新聞杯3着など早くから活躍していたエキストラエンド、
7歳を迎えたが「牝系の特徴」から今年も活躍できるはず。


前走京都金杯は4番人気で掲示板外に敗れたが、
内枠と先行馬が有利なレースだった中で、

外枠から後方待機では出番がないのも当然、
それでもラストの脚は見どころがあった。

今回は引き続き「得意の厳冬期」
東京芝1600Mも実績がある舞台なので巻き返し可能。

今回は内枠有利のレースで内枠をゲット、
しかも同馬自身も内枠が得意。

1~4枠(6-2-0-7)
5~8枠(0-1-2-12)

5~8枠では15戦中13戦で「1~6番人気」だったが0勝、
現在8戦連続で「馬券圏外」

一方で1~4枠だと勝率40%、連対率53%、
単勝回収率252%、複勝回収率155%をマーク。

G1でも内枠だった時は健闘しているが、
(14年マイルCSで12番人気5着)

G3以下なら信頼度はさらにアップ、
G3以下&1~4枠だと(6-2-0-3)

勝率55%、連対率73%、
単勝回収率343%、複勝回収率211%まで上昇。

さらに角居厩舎は東京新聞杯で抜群の安定感、
05年以降(1-2-3-1)

3着内率86%、複勝回収率157%をマーク。

唯一の馬券圏外は昨年のエキストラエンドだが、
苦手の外枠から上がり最速で0.2差まで追い込んでいる。

今年は枠順が大幅に好転、
昨年以上の走りが期待できるだろう。
(血統的に衰えもないはず)

叩き2戦目というのも強調材料、
休養明け初戦よりもパフォーマンスを上げるのが特徴。

初勝利も「デビュー2戦目」だったが、
これも含めると叩き2戦目の成績は(3-2-0-2)

一昨年の東京新聞杯も「叩き2戦目」で2着、
昨年の京成杯AHも「叩き2戦目」で11番人気2着。

まとめると、
前走は内枠&先行有利のレースで外枠&後方。

今回は内枠有利のレースで得意の内枠、
しかも得意の「叩き2戦目」で角居厩舎得意のレース。

条件が大幅に好転しているにもかかわらず人気は急落、
これは買うしかないだろう。


今週の推奨穴馬は、
東京新聞杯のエキストラエンド。


以上が無料メルマガの全文。

無料とは思えない質と量、
他では決して見ることができないデータの宝庫。

エキストラエンドの狙い時は至って明白、
前走は決して買ってはいけないシチュエーション。

過去2年の京都金杯は共に「1枠」から1着→2着、
今年は「6枠」の時点で凡走が確定的。

そして人気落ちの今回が「絶好の狙い目」
迷いなく先週の「厳選1頭」に指名したわけである。


ちなみに東京新聞杯の2つ前の9Rは、
1枠2頭のワンツー馬単261倍。
(3着は断然1番人気だったが10万馬券)

9Rは14時35分発走、
上記メルマガは13時に配信したので間に合ったと思う。

前日の東京芝レースは1枠が凄いことになっていたが、
日曜も6鞍中4鞍で1枠が好走。

今回のケースが典型例、
自分のメルマガの内容は当該レースだけでなく、

他レースの馬券攻略にも役立つのだ。
(その馬自身の狙い時を含む)


いずれにしても今週の無料メルマガにおいても、
魅力溢れる人気薄を推奨するのでお見逃しなく。

今週の厳選1頭は3重賞の☆から選択。
(クイーンC、京都記念、共同通信杯の中から1頭のみ)

無料とは思えないクオリティーでお送りするので、
今週もお楽しみに。

無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

リンク先にサンプルもあり。
(京都金杯のテイエムタイホーを厳選1頭に指名した理由)


有料メルマガの購読をご希望の方は、
以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

こちらもリンク先にサンプルあり。
(シンザン記念のロジクライの◎理由)

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ