競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼92 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
有料メルマガは1つのストーリー
2016/02/06 12:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは「独り言」をつぶやいているので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


11月に創刊した無料メルマガでは週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

☆の回収率は長期にわたって安定しているので、
無料メルマガの厳選1頭は☆の中から選んでいる。

昨年以降の☆は半数近くが掲示板。
(136頭中62頭が掲示板)

人気薄の4、5着も多いので3着内率は26%だが、
(136頭中36頭が馬券圏内)

平均「7.8番人気」を考慮すれば高い好走率、
複勝回収率も120%を超えている。


無料メルマガは13週が経過、
つまり述べ13頭の穴馬を紹介してきた。

13頭全馬「7番人気以下」だったが、
(内5頭は二桁人気)

連対率23%、複勝回収率143%、
無料情報&週1頭の縛りを考えると及第点。

最近は凡走が続いているが、
☆の好走率を考えると「そろそろ」だろう。


JCの☆ラストインパクト(7番人気2着)や、
阪神JFの☆ウインファビラス(10番人気2着)をはじめ、

京都金杯の☆テイエムタイホー(13番人気2着)らを、
無料メルマガで紹介できたのは良かったが、

一方でターコイズSの☆シングウィズジョイ(11番人気1着)や、
京成杯の☆ケルフロイデ(7番人気2着)などは、

無料メルマガで紹介せず、
これは申し訳なかったと思っている。


今後も☆は激走し続けるだろうが、
無料メルマガで紹介できる保証はない。

もちろん有料メルマガでは全ての☆が見れるので、
払い戻し(儲けの額)を考えると、

有料メルマガの方が結果的にお得だと思うが。
(しかも初月無料の特典つき)

無料メルマガだとケルフロイデやシングウィズジョイのように、
☆の激走を見逃すリスクがある。

つまりゲットできたかもしれない特大配当を、
取り損ねることになりかねない。


しかも今年は重要な印が好調、
どう考えても有料メルマガの方が賢明だろう。

○だけは振るわないが、
◎、▲、☆、注は単独で複勝回収率が100%を超えている。
(それぞれ104%、121%、124%、270%)

◎、▲、注は単勝回収率も100%オーバー。
(それぞれ204%、120%、161%)

シンザン記念は◎ロジクライ(8番人気)が1着。
(単勝22倍はおいしすぎ)

中山金杯、AJCC、根岸Sも◎が連対確保。
(それぞれ5番人気、3番人気、6番人気)

東西金杯は▲が共に1着。
(3番人気ヤマカツエース、3番人気ウインプリメーラ)

フェアリーSは▲ダイワドレッサー(10番人気)が2着、
ちなみに▲の3着内率は50%を超えている。

☆は前述の通り、
京都金杯のテイエムタイホーや京成杯のケルフロイデが連対。
(それぞれ13番人気、7番人気)

注(最後の切り札)も絶好調、
3着内率43%、複勝回収率270%をマーク。

京成杯を勝ったプロフェット(単勝11倍)を皮切りに、
AJCCは7番人気ショウナンバッハが3着。

シルクロードSは11番人気ワキノブレイブが3着、
現在「注」は3週連続で激走中。

ワキノブレイブは単勝90倍という超人気薄だったが、
個人的には「ベタな穴馬」だった。


さらに今年は人気馬(5番人気以内)の40%弱を無印、
1番人気でも容赦なくぶった切っている。
(トーセンスターダムやサトノラーゼンなど)

穴馬を見つけ出すよりも、
はるかに難しいのが「危険な人気馬」の選別だが、

これらも有料メルマガでしか確認できない内容、
余計な人気馬を買う必要がなくなる。

人気馬は資金を圧迫するので、
切れば切るだけ「ローリスクハイリターン」が期待できる。


もちろん有料メルマガは「買い目」が重要、
これは言うまでもないが、

1月の月間回収率は242%、
馬連やワイドで勝ちに行っている今が購読の絶好機。

落ちている大金を拾わないのは愚の骨頂、
これ以上「乗り遅れる」ことがないよう気を付けていただきたい。

難解を極める3連単から馬連へ移行、
このギャップは自分の想像を超えていた。

格段に予想しやすくなっており、
迷いというものが一切生じない。

この2年間「3連単のみ」で勝負し続けたことで、
相当鍛えられていたようである。

的中連発はある意味「必然」
12ヶ月連続の月間プラス収支も夢ではないだろう。


1月は5週中4週でプラス収支だったように、
今年は的中率重視で挑んでいる。

ここまで的中率は「45%」
(トリガミだった根岸Sはもちろん数に入れていない)

負けないことが大前提、
その上で利益を積み上げていくことが今年のテーマ。

シンザン記念や京成杯のようなクリーンヒットを狙い、
その延長線上に京都金杯のような大ホームランがある。

ちなみに京都金杯を入れなくても、
月間回収率は145%を超えているように、

クリーンヒットだけでも競馬は十分勝てるが、
それだけでは面白くないのでホームランも大切。


京都金杯は4頭に絞ってBOX勝負としたが、
単勝10倍未満だった6頭中5頭をまとめて無印。

トーセンスターダム、オメガヴェンデッタ、エキストラエンド、
シベリアンスパーブ、エイシンブルズアイをぶった切って、

上位人気で買ったのは3番人気ウインプリメーラのみ、
しかも印を打った4頭中2頭が13、16番人気という超人気薄。

資金を圧迫する人気馬をほとんど無印としたので、
馬連6点中5点が万馬券。
(154倍、271倍、360倍、418倍、1438倍)

まさに究極のローリスクハイリターン、
少ない資金で高額の払い戻しが実現できる上に、

馬連で10万馬券も入っているという凄い買い目、
ワイドでも十分な配当が見込めたわけである。

結果は上位人気の中で、
唯一信頼できたウインプリメーラが普通に1着。

そして2着は大穴(☆)に指名したテイエムタイホー、
自分の買い目では「安目」だったが、

それでも馬連6点で154倍、ワイド6点で39.7倍なら、
文句なしの回収率だろう。
(1600%オーバーの大ホームラン)


自分はデータ派だが、
常に例外を想定しているのは言うまでもない。

例えば京都金杯は内枠有利が浸透しすぎていたので、
7枠14番のテイエムタイホーは人気皆無。
(前走16着、ハンデ57キロも影響)

内枠有利のレースだと言うのは間違いないのだが、
同馬は外枠の不利を克服できる可能性が高かった上に、

能力、血統、前走の戦い方、季節適性など文句なしのプロフィール、
しかも「人気薄」でこその馬。

自分のメルマガを読んで同馬を買わない人間はいない、
そのくらい「絶好の狙い目」だったわけである。


ちなみに京都金杯で「5枠より外」から連対馬が出たのは、
2008年以来「実に8年ぶり」

外枠は普通は手が出せないゾーンなのだが、
今年は外枠のテイエムタイホーを拾えるかどうかが全てだった。

これをピンポイントで狙い撃つことができたのは快感。
(4頭しか買わなかったレース)

データが覆る瞬間に馬券を仕留めることが、
「データ派の醍醐味」

世間に広がっているデータは覆る瞬間に狙い撃てば、
京都金杯のように特大配当をゲットできる可能性大。

有名データを信じて、
喜んで真っ先に消している競馬ファンが多いからだ。

もちろん誰もが知っているということは有効性も高いので、
ただ裏をかけばいいという単純なことではないが。


京成杯も5頭に絞って勝負。
(5頭中3頭が単勝10倍以上、内1頭は二桁人気)

結果は5頭中3頭で1~3着独占、
馬連&ワイド総取りで回収率590%を達成した。

6番人気以内の6頭中、
印を打った3頭が1、3、5着で、

無印とした3頭が6、8、10着、
マイネルラフレシア、ユウチェンジの人気ぶりはラッキーだった。


シンザン記念では単勝22.5倍伏兵、
ロジクライを◎に抜擢。

自分が購入している新聞では、
上から下まできれいに無印だったが自信はあった。

同馬が馬券圏外に敗れるシーンは想像しづらかったので、
ここから手広く勝負。

結果は1着で馬連&ワイドのダブル的中、
回収率436%のクリーンヒット。


その他にも中山金杯やシルクロードSを的中させて、
1月は大勝したというわけである。

ただしAJCCはもったいないことをしたように、
(◎が連対した上に、印を打った5頭が2~6着、1、4番人気無印)

反省点も多かったので自己採点は60点、
2月はミスを減らせるように努力したい。


有料メルマガは3本立て、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして買い目のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

競馬は胴元JRAを介した他人との金の奪い合い、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


09年に有料メルマガを創刊して今年で8年目に突入するが、
(13年5月に売上1億円突破)

自分の有料メルマガは1つ1つのレースが「1つのストーリー」
全てを体感してから馬券を買ってもらいたい。

どれだけ納得できるかがギャンブルで勝つために大切なこと。
(裏づけがないと命の次に大切な金を思い切って懸けられない)

要望が非常に多かったので、
重い腰を上げて昨年11月に始めた無料メルマガだが、

予想の「ほんの一部」しか伝えられないのは不本意。
(だからこそ期間限定の発行としている)

自分にとってメルマガ会員様は同士、戦友、
共に戦い、喜びを分かち合うのが本望。


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガが有料のモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
(これが一番おすすめ)

有料メルマガの分析結果を参考に、
買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

例えば京都金杯においても、
3複637倍や3単34万馬券の的中報告が複数。

シンザン記念は買い材料に溢れていた、
◎ロジクライの単複勝負という会員様も多かったようである。

京成杯は買い目をそのまま移行すれば、
3複は10点で112倍、3単は60点で780倍。

シルクロードSの切り札ワキノブレイブ、
この馬の複勝(1230円)がおいしかったというメールも頂いた。

自分で予想したり買い目を決めたりするのも競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

しかも当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。
(その馬自身の狙い時を含む)


有料メルマガは初月無料の特典をつけているので、
月初のお申し込みが断然お得。

2月、3月は提供レース数が「26」と非常に多いので、
今週から購読を開始すれば1レース207円。

大ボリュームの重賞予想が超低価格で見れるのである。
(5400円÷26レース)

しかしいくら格安と言っても、
試しに無料メルマガからという方もいらっしゃるはずなので、

そういった方は、
まずは無料メルマガをお申込みいただければと思う。

今週の厳選1頭は、
東京新聞杯の☆かきさらぎ賞の☆の2択。

無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

リンク先にサンプルもあり。
(京都金杯のテイエムタイホーの推奨理由)


有料メルマガの購読をご希望の方は、
以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

こちらもリンク先にサンプルあり。
(シンザン記念のロジクライの◎理由)

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ