競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
◎も好調
2016/02/04 12:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは「独り言」をつぶやいているので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


昨日のブログでお伝えした通り、
2月も注(最後の切り札という意味の印)に要注意。

全ての勝負レースで打っているわけではないが、
多くの的中に貢献してくれるだろう。

「☆」「注」は自分の馬券のポイントだが、
言うまでもなく「◎」にも注目。

今年はこれまで11レースを提供、
◎の人気は3、5、6、6、6、8、8、8、11、13、16番人気。

ほとんどが人気薄だったが連対率36%、
回収率も単複共に100%を超えている。

シンザン記念のロジクライ(単勝22倍)の一発で、
単勝回収率は200%オーバー。

中山金杯ではマイネルフロストが5番人気2着、
先々週のAJCCではスーパームーンが3番人気2着。

そして先週の根岸Sは6番人気タールタン◎、
当レースでは同馬以外に◎はありえない。

その理由はこれを読めば分かるはず、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。

事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目のメルマガからそれぞれ抜粋。


ダート1400MのOP特別で好走してきた馬に注目。
(ただし3角2番手以内からの好走は除く)

前走ダート1400MのOP特別で、
3角3番手以下から馬券圏内に好走していた馬は、

10年以降(3-3-1-2)

勝率33%、連対率67%、3着内率78%、
単勝回収率757%、複勝回収率308%をマーク。

13年5番人気1着
メイショウマシュウ(前走ギャラクシーSで3角7番手から3着)

13年1番人気2着
ガンジス(前走ギャラクシーSで3角5番手から1着)

12年4番人気1着
シルクフォーチュン(前走ギャラクシーSで3角12番手から3着)

12年9番人気2着
トウショウカズン(前走大和Sで3角3番手から1着)

11年3番人気2着
ダノンカモン(前走大和Sで3角9番手から1着)

10年11番人気1着
グロリアスノア(前走エニフSで3角9番手から1着)

10年4番人気3着
オーロマイスター(前走大和Sで3角9番手から1着)

13年は該当馬2頭がそのままワンツーで馬単43倍、
12年は該当馬3頭中2頭のワンツーで馬単262倍。

11年は該当馬1頭がピンポイントで連対、
10年は該当馬2頭が11番人気、4番人気でワンスリー。

該当馬は毎年1~2頭と非常に少ないが、
高い確率で機能している有効データ。

格下馬が多いので人気になりづらい点もいい。

近2年は機能していないが一昨年は該当馬0頭、
昨年は該当馬が二桁人気1頭だったので仕方ない。

上記好走馬は7頭全馬、
関西(阪神、京都)のダートのOP特別で好走していたが、

今年の該当馬も、
関西のダートのOP特別で好走してきた2頭。

タールタン(前走ファイナルSで3角8番手から1着)
サクラエール(前走ファイナルSで3角11番手から2着)


<タールタン>

東京ダートに強いエーピーインディ系、
その中でもタピットは特に好成績。

単勝30倍未満に支持されると、
(19-6-7-23)

勝率35%、連対率46%、3着内率58%、
単勝回収率197%、複勝回収率141%をマーク。

7年連続で複勝回収率100%オーバー、
東京ダートでタピット産駒を買い続ければプラスになる。

代表産駒テスタマッタが7番人気でフェブラリーS制覇、
勝ち切るケースが多いことも特徴。

タールタンもタピット産駒らしい東京巧者、
特に1300~1400Mは(3-2-1-2)

8戦中6戦で馬券圏内で残りの2戦も4着、
崩れたことは一度もない。

この舞台では重賞級の面々に先着したこともあり、
(ワイドバッハ、ゴールスキー、キクノストームなど)

大穴の資格は十分、
前走1400MのOP特別を勝ってきた点も魅力。
(詳細は事前検証を参照)


◎はタールタン。

同馬は血統面も相当強力、
タピット産駒というだけでも今回買う価値はある。

タピット産駒にとって東京は庭、
これで人気薄なら狙わずにはいられない。

タールタンも血統通りの成績、
東京ダ1300~1400Mで8戦全て「4着以内」
(内6戦で馬券圏内)

前走は阪神ダ1400MのファイナルSを快勝したが、
コース適性は今回の方がはるかに上。

相手は強化されるが、
この馬も前走以上のパフォーマンスが期待できる。

重賞で好走するなら、
東京ダ1400Mの根岸Sしかないだろう。

東京でしか好走できなかった同馬が他場で勝利、
これは充実の証。

ちなみにタピットは現在2年連続で北米リーディングを獲得、
種付け料は北米最高の30万ドルという勢いのある種牡馬。

そして母父グリッターマンはタピットの近親。
(タピットは3代母、グリッターマンは母がムーングリッター)

つまりタールタンは、
ムーングリッター4×3のクロス。

さらに祖母オールアイアクスフォーは、
ムーングリッターと同じ「インリアリティ×ジアックス」

かなり特殊な配合と言えるタールタン、
世間の想像以上に底力を持っているはず。

稍重だった前走で鮮やかに差し切ったように、
湿ったダートも得意。

上がり最速34.7で圧勝した12走前は重馬場。
(今回と同じ東京ダ1400M)

ワイドバッハの2着だった9走前も稍重だった。
(ゴールスキー、キクノストームには先着)


以上がメルマガからの抜粋文。

根岸Sではタピット産駒というだけで◎を打つ価値ありだが、
タールタンの場合は母父もタピットの近親。

ムーングリッター4×3のクロス、
さらに祖母はムーングリッターと同じ「インリアリティ×ジアックス」

結果は6番人気ながら2着、
やはり競馬はブラッドスポーツである。


そして今年も驚異的な好走率を誇るデータが機能。
(昨年まで該当馬は9頭中7頭が馬券圏内)

「前走ダート1400MのOP特別で、
3角3番手以下から馬券圏内に好走していた馬」

単勝回収率757%、複勝回収率308%、
このデータに該当した馬は「買いの一手」とお伝えしたが、

今年はタールタン、サクラエールの2頭、
となれば狙うのは迷わず前者の方。

前走タールタンが先着したにもかかわらず、
なぜかサクラエールの方が人気だったのはラッキーだった。

タールタンの激走で11頭中8頭が馬券圏内、
来年以降も覚えておいて損はないだろう。


上記データに該当していたにもかかわらず、
4番人気サクラエールを押さえまでとした理由は、
(印を打った中で最下位評価の△)

同馬は上がりが掛かってこその差し馬だから。
(根岸Sは高速上がり勝負)

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(サクラエールについての見解)


ダート戦績を振り返ってみると、
(レース上がりで分類)

レースの上がりが37秒以上だと(3-0-0-1)
3勝は全て「37秒台半ば~後半」

一方でレースの上がりが35~36秒台だと、
(0-2-1-3)と勝ったことがない。

前走ファイナルSのレースの上がりは「36.9」
37秒台に限りなく近かったことが際どく差し込めた要因。

2走前のレースの上がりは「35.6」
2着だったものの勝ち馬スーサンジョイには完敗。
(スーサンジョイは強いが)

根岸Sのレースの上がりは平均で「35.8」
(過去5年)

ラップ面からはサクラエール向きのレース質とは言い難い。


以上がメルマガからの抜粋文、
そしてサクラエールは14着に惨敗した。

ここまで負けるとは思っていなかったが、
余程「合わない」ということなのだろう。

差し馬にも様々なタイプが存在するが、
(もちろん逃げ馬にも)

スタンダードな見分け方は「ラップ適性」
(もちろん血統など、見分け方は他にもあるが)

ちなみに今年の根岸Sのレース上がりは「35.6」
ほぼ例年通りの数字。

根岸Sはいろんな意味で特殊なレース、
今回の惨敗で人気が落ちるようならおいしい。

サクラエールの次走はおそらく「普通のダート戦」
絶好の狙い目になる可能性は十分。


メルマガは今年で8年目を迎えるが、
このような内容を毎週大量に配信。

3本立てでお送りしているが、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして買い目のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

競馬は胴元JRAを介した他人との金の奪い合い、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
(これが一番おすすめ)

メルマガの分析結果を参考に、
買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

的中報告を見る限り、
買い目をアレンジしている方は非常に多い。

自分で予想したり買い目を決めたりするのも競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

しかも当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。
(その馬自身の狙い時を含む)


初月無料の特典をつけているので、
月初のお申し込みが最もお得。

しかも2月、3月は提供レース数が「26」と非常に多いので、
今週から購読を開始すれば1レース207円。

大ボリュームの重賞予想が超低価格で見れるのである。
(5400円÷26レース)

馬連やワイドで勝ちに行っている今がメルマガ購読の絶好機、
落ちている大金を拾わないのは愚の骨頂。

これ以上「乗り遅れる」ことがないよう、
気を付けていただきたいと思う。

メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(サンプルは単勝22倍ロジクライに◎を打った理由)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ


最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ