競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
予告通り「最後の切り札」が激走
2016/02/03 14:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは「独り言」をつぶやいているので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


☆は自分の「馬券の肝」
これまで数々の一撃炸裂に貢献してくれているが、

今年も1月から☆はいい働き、
5週中2週で大幅プラス収支に貢献。

京都金杯では☆テイエムタイホー(13番人気)が2着激走、
回収率1614%の大ホームランに貢献。

京成杯でも☆ケルフロイデ(7番人気)が2着に好走して、
回収率590%のクリーンヒットに貢献。

今後も☆に注目するのはもちろんだが、
(☆は長期にわたって優秀な数字をマーク)

今年は▲が爆発する予感がしている。
(ここまで3着内率50%超、回収率も単複共に120%超)


そして忘れてはならないのが、
最後の切り札の意味で打っている「注」

もちろん伏兵馬に打つ印だが、
全ての勝負レースで打っているわけではない。

昨秋のG1でも秋天のステファノスや、
朝日杯のシャドウアプローチに「注」を打ったが、
(前者は10番人気2着、後者は11番人気3着)

今年はこれまで7頭の伏兵馬に「注」を打ち、
内3頭が好走している。

先週も最後の切り札に要注意とお伝えしたが、
予告通りシルクロードSで好走した。

根岸Sは該当馬なしだったので、
余計にワキノブレイブの複勝を買っていた方が多かったのだろう。
(複勝1230円の的中報告多数)

これで「注」は3週連続で激走、
京成杯のプロフェット(5番人気1着)を皮切りに、

AJCCのショウナンバッハは7番人気3着、
そしてシルクロードSのワキノブレイブは11番人気3着。


ワキノブレイブは単勝90倍という超人気薄だったが、
個人的には「ベタな穴馬」だった。

その理由はこれを読めば分かるはず、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


近年はミスプロが大活躍。

父か母父ミスプロ系は過去3年で(2-3-2-16)
3着内率30%、複勝回収率120%をマーク。

15年1着アンバルブライベン
15年2着サドンストーム
15年4着ベステゲシェンク(クビ差)

14年2着レディオブオペラ
14年3着リトルゲルダ(13番人気)
14年5着ワキノブレイブ(10番人気)

13年1着ドリームバレンチノ
13年2着ダッシャーゴーゴー(4番人気)
13年3着メイショウデイム(11番人気)
13年5着レジェトウショウ(15番人気)

現在3年連続で3頭以上が「掲示板」
そして2頭ずつ「馬券圏内」に入っている。
(13年、14年は二桁人気が3着)

今年もミスプロ系に要注意。

セカンドテーブル(父ミスプロ系)
ダンスディレクター(父ミスプロ系)
ビッグアーサー(母父ミスプロ系)
メイショウツガル(父ミスプロ系)
リトルゲルダ(母父ミスプロ系)
ワキノブレイブ(父ミスプロ系)


3代内にダンチヒ自身を内包した馬は、
単勝万馬券を除くと02年以降(2-2-4-11)

3着内率42%、
単勝回収率547%、複勝回収率205%をマーク。

15年2着サドンストーム(3番人気)
15年6着ブルーストーン(16番人気)

14年5着ワキノブレイブ(10番人気)

11年3着モルトグランデ(4番人気)
11年5着シンボリグラン(12番人気)

10年3着シンボリグラン(6番人気)

09年3着モルトグランデ(4番人気)

08年1着ファイングレイン(3番人気)
08年3着ステキシンスケクン(5番人気)

04年2着サーガノヴェル(9番人気)

02年1着ゲイリーフラッシュ(14番人気)

回収率は10年以上前の2頭が押し上げているが、
(サーガノヴェル、ゲイリーフラッシュ)

過去10年に限っても、
複勝回収率は130%を超えている。

過去5年は2頭しか馬券圏内に好走していないものの、
過去5年の該当馬9頭中6頭が「9番人気以下」

上位人気だった3頭中2頭は堅実に走り、
人気薄だった面々も人気以上に走っている。

シンボリグラン、ワキノブレイブは二桁人気で掲示板、
16番人気ブルーストーンも3着馬と僅か「0.1差」

馬券圏内まであと一歩というケースは多いが、
ダンチヒの血が効いていることは確か。

今年の出走馬の中で、
3代内にダンチヒ自身を内包した馬は、

ニンジャ(父母父ダンチヒ)
ネロ(母母父ダンチヒ)
ヤマニンプチガトー(父母父、母母父共にダンチヒ)
ワキノブレイブ(母母父ダンチヒ)


切り札はワキノブレイブ。

重賞では善戦止まりが定番だが、
今回は初めての馬券圏内も夢ではない。

OP昇格後(14年2月以降)の成績を振り返ってみると、
明確なキャラクターが浮かび上がる。

レースの前半3ハロンが33秒台半ばより遅いと、
(0-0-0-13)

スローからミドルペースの時は出番なし。
(条件クラス時代は勝っていたが)

一方でレースの前半3ハロンが32~33秒台半ばだと、
(2-1-1-3)

馬券圏内の4戦は全て「3角7番手以内」
(3、4、4、7番手)

馬券圏外に敗れた3戦は全て「3角9番手以下」
(9、10、10番手)

つまり同馬はハイペースを先行すれば(2-1-1-0)
デビュー以来「3着内率100%」
(条件クラス時代は33秒台前半で流れたレースなし)

京洛Sは強い勝ち方だったが、
(このレースを見て重賞を勝てると思った方も多いはず)

このレースこそ「ハイペース先行」
同馬にとって理想の形だったのだ。

いかにもハイペースに強そうな配合なので、
このような極端な成績になるのも大いに納得。

ハイペースでも位置取りが悪ければ厳しい馬。
(差し込める脚を持っていない)

穴をあけた2走前のラピスラズリSは「前半33.4」のハイペース、
結果は4番手追走からネロの2着。

人気が上昇した前走は、
全くいいところがなく10頭中8着という惨敗。

しかし「前半34.5」のスローでは、
持ち味が全く生かせないので必然の凡走。

シルクロードSの前半3ハロンは平均で「34.3」
(過去5年)

それほど速くならないことが定番、
ワキノブレイブにとって合わないラップなのだが、

今年は快速馬ネロに加えて「逃げ宣言」している馬が2頭。
(ローレルベローチェ、アクティブミノル)

こういった状況でもスローになることが多い昨今の競馬だが、
(逃げ馬が揃うと、けん制する)

今年のシルクロードSは、
普通に考えればハイペースになる可能性が高いので、

となればワキノブレイブを狙わない手はないだろう。
(先行しやすい内枠をゲットしたことも大きい)

好走ゾーンは狭いが、
この人気なら買う価値は十分ある。

一昨年は「前半34.1」でも善戦したので、
(昨年は位置取りが後ろ過ぎた時点で終了)

流れそうな今年は一昨年以上の着順も期待できるはず、
母母父ダンチヒ(伝統の好走血統)も心強い。

さらに父マイネルラヴも魅力、
近年の当レースで大活躍のミスプロ系。
(詳細は事前検証を参照)

現在3年連続で3頭以上が「掲示板」
そして2頭ずつ「馬券圏内」に入っている。
(13年、14年は二桁人気が3着)

しかもマイネルラヴ産駒は、
京都芝1200Mの複勝回収率が200%オーバー。

ちなみにマイネルラヴ自身も、
シルクロードSを先行策から圧勝している。


以上がメルマガからの抜粋文。

自分が購入している新聞では、
上から下まできれいに無印だったが、

これだけ魅力的な人気薄に、
△が1つもついていないのはおかしいだろう。

道悪で行われたレースは、
ローレルベローチェだけが飛ばして前半「33.7」

追走ラップは遅かったが、
馬場を考えればワキノブレイブにとって許容範囲の流れ。

そして思惑通り「絶好の5番手」を追走、
結果は単勝90倍ながら3着激走で的中に貢献してくれた。

シルクロードS伝統の好走血統「ダンチヒ」
来年以降も覚えておいて損はない。

そして何と行っても近年は「ミスプロ」の血がポイント、
今年も1、3、4、5着と掲示板をほぼ独占。

これで4年連続で3頭以上が「掲示板」
そして4年連続で2頭ずつ「馬券圏内」という活躍ぶり。
(13年、14年、16年は二桁人気が3着)

父ミスプロ系(しかもマイネルラヴ)で母母父ダンチヒ、
ワキノブレイブが大穴をあけたのも納得の血統背景。


2月も「最後の切り札」に要注意。
(全ての勝負レースで打っているわけではないが)

多くの的中に貢献してくれるはず、
「☆」「注」は自分の馬券のポイントである。

もちろん◎にも注目、
今年は11頭中4頭が連対している。

11頭の人気は、
3、5、6、6、6、8、8、8、11、13、16番人気。

ほとんどが人気薄だったが連対率36%、
回収率も単複共に100%を超えている。
(単勝回収率は200%オーバー)


メルマガは3本立て、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして買い目のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。

初月無料の特典をつけているので、
月初のお申し込みが最もお得。

しかも2月、3月は提供レース数が「26」と非常に多いので、
今週から購読を開始すれば1レース207円。

大ボリュームの重賞予想が超低価格で見れるのである。
(5400円÷26レース)

馬連やワイドで勝ちに行っている今がメルマガ購読の絶好機、
落ちている大金を拾わないのは愚の骨頂。

これ以上「乗り遅れる」ことがないよう、
気を付けていただきたいと思う。

メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先のサンプルは頻繁に更新)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ


最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ