競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼96 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
人気馬3頭+人気薄3頭(内1頭は二桁人気)
2016/02/05 12:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは「独り言」をつぶやいているので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


09年にメルマガを創刊して今年で8年目に突入するが、
(13年5月に売上1億円突破)

本日はメルマガのご案内、
初月無料なので月初のお申し込みがおすすめ。

しかも2月、3月は提供レース数が「26」と非常に多いので、
今週から購読を開始すれば1レース207円。

大ボリュームの重賞予想が超低価格で見れるのである。
(5400円÷26レース)

馬連やワイドで勝ちに行っている今がメルマガ購読の絶好機、
落ちている大金を拾わないのは愚の骨頂。

これ以上「乗り遅れる」ことがないよう、
気を付けていただきたいと思う。

今年の年間回収率は、
13年の129%、14年の137%を上回ることが最低条件。


1月の月間回収率は242%、
まずは宣言通りの大勝といったところ。

1点1000円ずつで44万、
500円ずつでも22万の高額払い戻し。

しかし自己採点は60点、
2月こそは100点に近づけるように全力を尽くすのみ。

自分の快進撃は始まったばかり、
このまま年末まで突っ走りたいと思う。


1月は5週中4週でプラス収支だったように、
今年は的中率重視で挑んでいる。

負けないことが大前提、
その上で利益を積み上げていくことが今年のテーマ。

シンザン記念や京成杯のようなクリーンヒットを狙い、
その延長線上に京都金杯のような大ホームランがある。

ちなみに京都金杯を入れなくても、
月間回収率は145%を超えているように、

クリーンヒットだけでも競馬は十分勝てるが、
それだけでは物足りないのでホームランも大切。


競馬は的中率を追及すると負けるが、
(これを理解していない競馬ファンは多い)

自分には当てはまらない、
これを証明することも今年の楽しみの1つ。

的中率重視だからと言って、
巷に溢れている「人気馬中心」ではない。

穴馬を生かした買い目で勝負、
リスクとリターンのバランスが大切なのだ。

今後も「穴馬の選別」はもちろんだが、
(◎だけでなく、☆や切り札にも注目)

印がビッシリ並んだ人気馬を臆せずに切りまくっていきたい。
(ちなみに1月は5番人気以内の40%弱を無印)

シンプルな券種で大切なことは人気薄を軸にする、
もしくは資金を圧迫する上位人気を複数無印にすること。

京都金杯のトーセンスターダムやオメガヴェンデッタをはじめ、
AJCCのサトノラーゼンやシルクロードSのサトノルパンなど、

切っても全く怖くない人気馬が多いと楽なのだが。
(まず来ないと思っているから)


人気薄を軸にする場合は、
上位人気馬を無理して切る必要はないが、

BOX勝負の場合は上位人気馬を切ることが重要、
人気馬だらけのBOXは意味がない。

言うまでもなくハイリスクローリターン。
(上位人気中心でもハイリターンが見込めるのは3連単のみ)

穴馬を見つけ出すよりも、
はるかに難しいのが「危険な人気馬」の選別。

穴馬を拾わなければ高配当は取れない、
これは言うまでもないが、

人気馬は資金を圧迫するので、
切れば切るだけ「ローリスクハイリターン」が期待できる。


1月は11レースを提供して印を打った馬は全部で70頭。
(除外馬1頭は含まない)

70頭中35頭が「6番人気以下」
つまりちょうど半数が人気薄だったということ。
(内14頭が二桁人気の大穴)

11レースで70頭なので、
1レース平均「6.3頭」に印を打っているわけだが、

3頭が人気馬で3頭が人気薄、
人気薄の3頭中1頭は二桁人気というのが自分の買い目。

あくまで平均だが、
年初に自分が掲げた目標の数値に限りなく近い。

印を打つ頭数と印の平均人気、
これがシンプルな券種で勝つために大切なこと。

そして1月は印を打った全頭の複勝回収率は98%だったが、
年間で100%を超えれば言うことなし。

つまり印を打った全馬の複勝を買ってもプラスという意味だが、
これがどれだけ凄いことなのかは分かる人には分かるだろう。


メルマガは3本立て、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして買い目のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。

メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先のサンプルは頻繁に更新)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ


最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ