競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
最後の切り札
2016/01/28 17:00:00
テーマ: 未設定
競馬・データ理論のカテゴリーで現在5位、
確認を兼ねて本日も応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは「独り言」をつぶやいているので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


☆は自分の「馬券の肝」
これまで数々の一撃炸裂に貢献してくれているが、

今年も1月から☆はエンジン全開、
4週中2週で大幅プラス収支に貢献。

京都金杯では☆テイエムタイホー(13番人気)が2着激走、
回収率1614%の大ホームランに貢献。

京成杯でも☆ケルフロイデ(7番人気)が2着に好走して、
回収率590%に貢献してくれた。

今後も☆に注目するのはもちろんだが、
(☆は長期にわたって優秀な数字をマーク)

今年は▲が爆発する予感がしている。
(ここまで3着内率50%超、回収率も単複共に120%超)


そして忘れてはならないのが、
最後の切り札の意味で打っている「注」

もちろん伏兵馬に打つ印だが、
全ての勝負レースで打っているわけではない。

昨秋のG1でも秋天のステファノスや、
朝日杯のシャドウアプローチに「注」を打ったが、
(前者は10番人気2着、後者は11番人気3着)

今年はこれまで6頭の伏兵馬に「注」を打ち、
内2頭が好走している。

その内の1頭が、
先週のAJCCのショウナンバッハ。


1番人気サトノラーゼンを消したように、
AJCCは軽量馬を買ってはいけないレース。

そして4番人気ライズトゥフェイムを消したように、
AJCCは差し馬軽視が基本。

この2頭は他にも問題があったので、
無印にしたという側面もあるが、

ショウナンバッハは440キロ台で追い込み脚質、
まさに当レースでは「ダブルパンチ」

サトノラーゼンやライズトゥフェイム以上に買えないように見えるが、
実は例外になる可能性を秘めていた。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(ショウナンバッハについての見解)


半弟キタサンブラックは、
AJCCと同コースのセントライト記念の勝ち馬。

さらに中山芝2200Mでの通算複勝回収率が、
100%に達しているステイゴールド産駒。
(母数は120以上)

昨年以降は威力を増しており、
単勝50倍以上を除くと(3-3-5-12)

3着内率48%、複勝回収率215%、
好走した11頭中4頭は「二桁人気」

昨年のセントライト記念では、
唯一のステイゴールド産駒だったジュンツバサが10番人気3着。

先週日曜12Rでは4頭出走していたステイゴールド産駒の内、
3頭が1~3着を独占して3単65万馬券。

前走JCは距離不向きの中で頑張った方だろう。
(最後方追走から上がり最速で0.5差)

2400M以上は(0-0-0-5)だが、
中距離では近走全く崩れていない。

2000~2200Mは近6走で3勝している距離、
しかも中山芝2200Mはドンピシャと言える血統背景。

さらに相手大幅弱化で巻き返しの可能性十分、
今回は注目の一戦。

問題は脚質か。
(当レースは先行有利)


以上がメルマガからの抜粋文。

そして最終結論はこれ、
以下は買い目のメルマガからの抜粋文。


切り札はショウナンバッハ。

脚質や馬体重に問題があるものの、
(軽量の追い込み馬)

中山芝2200Mでの通算複勝回収率が、
100%に達しているステイゴールド産駒。

昨年以降は威力を増しているが、
(詳細は出走全馬の見解を参照)

今開催も凄いことになっている。

中山芝2200Mのレースは、
先週1鞍、昨日1鞍行われたが、

先週日曜12Rでは4頭出走していたステイゴールド産駒の内、
3頭が1~3着を独占して3単65万馬券。
(4、11、10番人気)

そして昨日の5Rは2頭出走していたステイゴールド産駒の内、
8番人気馬が3着、10番人気馬が6着。

しかも1、2着馬はドリームジャーニー産駒、
ドリームジャーニーの父はステイゴールド。

つまり先週日曜の12Rと昨日の5Rの3着内馬は、
6頭全馬「父ステイゴールド系」

この流れで来て、
AJCCでステイゴールド産駒を軽視するわけにはいかない。

しかもショウナンバッハは、
エアシェイディと共通点が多い配合というのも強調材料。
(中山非根幹距離のG1、G2で8度も好走、AJCCでも3連対)

<エアシェイディ>
父SS、母父ノーザンテースト、母母父ボールドルーラー系

<ショウナンバッハ>
父SS系、母母父ボールドルーラー系、ノーザンテースト4×4

ショウナンバッハはエアシェイディ同様、
中山向きの機動力を兼ね備えた血統背景。

脚質は全く違うが、
半兄キタサンブラックが中山に強いのも必然。

父ステイゴールドということも考慮すると、
早めに動けば突き抜けても不思議ではない。

AJCCは2年連続でディクタス内包の伏兵が激走、
これも心強いデータ。

15年4番人気1着
クリールカイザー(母父サッカーボーイ)

14年6番人気3着
フェイムゲーム(母母父ディクタス)

サッカーボーイ、フェイムゲームはステイゴールドの近親。

今年はステイゴールド産駒2頭と、
(ショウナンバッハ、マイネルメダリスト)

マイネルディーンがディクタス内包だが、
(母母父ディクタス)

やはり買いたいのはショウナンバッハ。
(マイネルメダリストは馬場悪化なら狙いたかったが)


以上がメルマガからの抜粋文。

父ステイゴールド、弟キタサンブラック、
そしてエアシェイディと共通点が多い配合。

今回の舞台では文句なしの血統背景、
これは買わないわけにはいかないだろう。

ショウナンバッハは2つのマイナスデータを覆したわけだが、
まさに「血統のなせる業」と言える。

06年以降「474キロ以下」で好走したのは、
14年のフェイムゲームに続いて2頭目。

これでこのデータは(0-0-2-34)
来年以降も該当馬は基本的に軽視。

09年以降「4番人気以下&4角5番手以下」で好走したのは、
14年のフェイムゲームに続いて2頭目。

これでこのデータは(0-0-2-52)
来年以降も該当しそうな馬は基本的に軽視。

覆すとすればディクタス内包馬か。
(フェイムゲームはステイゴールドの近親)


自分はデータ派だが、
常に例外を想定しているのは言うまでもない。

例えば京都金杯は内枠有利が浸透しすぎていたので、
7枠14番のテイエムタイホーは人気皆無。
(前走16着、ハンデ57キロも影響)

内枠有利のレースだと言うのは間違いないのだが、
同馬は外枠の不利を克服できる可能性が高かった上に、

能力、血統、前走の戦い方、季節適性など文句なしのプロフィール、
しかも「人気薄」でこその馬。

自分のメルマガを読んで同馬を買わない人間はいない、
そのくらい「絶好の狙い目」だったわけである。


ちなみに京都金杯で「5枠より外」から連対馬が出たのは、
2008年以来「実に8年ぶり」

外枠は普通は手が出せないゾーンなのだが、
今年は外枠のテイエムタイホーを拾えるかどうかが全てだった。

これをピンポイントで狙い撃つことができたのは快感。
(4頭しか買わなかったレース)

データが覆る瞬間に馬券を仕留めることが、
「データ派の醍醐味」

世間に広がっているデータは覆る瞬間に狙い撃てば、
京都金杯のように特大配当をゲットできる可能性大。

有名データを信じて、
喜んで真っ先に消している競馬ファンが多いからだ。

もちろん誰もが知っているということは有効性も高いので、
ただ裏をかけばいいという単純なことではないが。


最も快感だったのは、
やはり13年の阪神Cだろう。

ディープ産駒は初年度産駒がデビューした10年から、
芝1400M重賞で3年間も勝てずにいた。

ディープ産駒が苦手とする条件として、
あまりにも有名なデータだった。

もちろん自分も芝1400M重賞では、
軒並みディープ産駒を軽視していたが、

13年の阪神Cでは一転、
リアルインパクトを3単フォーメーションの1着欄に配置。
(出走馬18頭の中で唯一のディープ産駒)

そして結果は8番人気で逃げ切り勝ち、
ディープ産駒初の芝1400M重賞制覇。

32万馬券的中に多大な貢献をしてくれたのである。
(ちなみに上位評価5番手までで1~3着を独占)

今年も有名データが覆る瞬間に狙い撃ちたい。
(すでに京都金杯で実行したが)


ディープ産駒と芝1400Mに関しては、
興味深いデータ(もちろん有効な消しデータ)があるのだが、

これは該当馬が出走してきた時にでも、
メルマガで詳しく説明するのでお楽しみに。

メルマガは3本立て、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして買い目のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。

メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(サンプルはシンザン記念でロジクライに◎を打った理由)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ