競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼96 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
1番人気を切れる理由
2016/01/27 18:00:00
テーマ: 未設定
まずは1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは「独り言」をつぶやいているので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


負けないことが大前提、
その上で利益を積み上げていくことが今年のテーマ。

自分の目標はただ1つ、
昨年やられた分は倍返しで会員様に儲けてもらうことだけ。

的中率重視で馬連やワイド勝負としているが、
ここまで9戦4勝と開幕ダッシュに成功。

難解を極める3連単から馬連へ移行、
このギャップは自分の想像を超えていた。

格段に予想しやすくなっており、
迷いというものが一切生じない。


中山金杯は▲◎○というド本線の決着。
(軸は5番人気マイネルフロスト)

京都金杯は4頭(3、8、13、16番人気)に絞って大ホームラン。
(回収率1614%)

資金を圧迫する人気馬をほとんど無印とし、
(単勝10倍未満だった6頭中5頭を無印)

上位人気の中で唯一買ったウインプリンメーラが1着、
そして☆テイエムタイホー(13番人気)が2着。


シンザン記念で◎に抜擢したのは、
8番人気(単勝22.5倍)の伏兵ロジクライ。

自分が購入している新聞では、
上から下まできれいに無印だったが自信はあった。

同馬が馬券圏外に敗れるシーンは想像しづらかったので、
ここから手広く流して勝負。

結果は1着で馬連&ワイドのダブル的中、
回収率436%というクリーンヒット。


京成杯は5頭に絞って勝負、
そして☆ケルフロイデや注プロフェットが激走。

馬連&ワイド総取りで回収率590%を達成した。
(注は最後の切り札という意味)

6番人気以内の6頭中、
印を打った3頭が1、3、5着で、

無印とした3頭が6、8、10着、
マイネルラフレシア、ユウチェンジの人気ぶりはラッキーだった。


◎を軸に流すか、
頭数を絞ってBOX勝負が基本スタンス。
(もちろん例外はあるが)

人気薄を軸にする場合は、
上位人気馬を無理して切る必要はないが、

BOX勝負の場合は上位人気馬を切ることが重要、
人気馬だらけのBOXは意味がない。

言うまでもなくハイリスクローリターン。
(上位人気中心でもハイリターンが見込めるのは3連単のみ)

穴馬を見つけ出すよりも、
はるかに難しいのが「危険な人気馬」の選別。

穴馬を拾わなければ高配当は取れない、
これは言うまでもないが、

人気馬は資金を圧迫するので、
切れば切るだけ「ローリスクハイリターン」が期待できる。


先週のAJCCは1、2、4番人気を無印、
5頭に絞って勝負したが、

大崩れは考えづらい状況とお伝えしながら、
ディサイファ無印はやりすぎたと反省している。

◎スーパームーンが連対した上に、
印を打った5頭が2着~6着まで独占。

もったいない一戦となってしまったが、
自信を持って切ったサトノラーゼンやライズトゥフェイムは、

やはり惨敗した。
(それぞれ1番人気10着、4番人気11着)


前走中山金杯は展開不向きの中、
上がり最速の末脚で追い込んできたライズトゥフェイム。

これは人気になりやすいパターンだが、
血統的に今回はパフォーマンスを落とす可能性大だった。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。


中山でのゼンノロブロイ産駒は2000Mで積極的に買い、
2200M以上で軽視が基本スタンス。

中山芝2200M以上の成績は、
これまで(7-5-2-54)

半数が5番人気以内に支持されたが、
3着内率21%、複勝回収率33%と低調。

回収率の低さからもわかるように、
好走するのは人気馬のみ。

上記データから「4番人気以下」を抽出すると、
(1-0-0-42)

好走したのは1頭のみ、
11年グッドラックハンデのコスモロビン。
(5番人気)

ちなみに重賞では人気に関係なく、
(0-0-0-22)


さらにゼンノロブロイ産駒の高齢馬(6歳以上)は、
G3までなら好走できているが、

JRAのG1、G2だと(0-0-0-31)
延べ13頭で31回出走して全滅。

ナムラビクターもG1で好走したのは5歳時、
ペルーサの復活がOP特別だったのも納得。

今回出走しているゼンノロブロイ産駒は、
3頭全馬「6歳以上」


以上がメルマガからの抜粋文。

ライズトゥフェイムは中山芝2000Mで5勝を挙げているが、
中山芝2200Mは初出走。

ゼンノロブロイ産駒の特徴を知っていれば、
(中山芝2000Mと中山芝2200Mの成績の違い)

ライズトゥフェイムをAJCCで買うことは決してない。
(脚質も合わない)

しかもAJCCは、
6歳以上のゼンノロブロイ産駒が一度も好走していないG2。

4番人気に支持されたが11着惨敗、
完全な「お客さん」だったのである。

ステラウインドも一瞬で無印にしたのは言うまでもない。
(ルルーシュも高齢のゼンノロブロイ産駒)


続いてサトノラーゼンだが、
この馬も相当危険な1番人気だった。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。

京都新聞杯1着、ダービー2着からもわかるように、
軽い芝の方が向いている。

厳冬期のタフな中山芝は半信半疑、
それは馬体重からも伺える。

AJCCは厳冬期の中山非根幹距離というタフな条件、
よって馬力が必要なレース。

大型馬が有利なのは必然の傾向、
過去10年の3着内馬30頭の馬体重の平均は「492キロ」

30頭中29頭が「476キロ以上」

474キロ以下だった馬は、
過去10年で(0-0-1-32)

好走したのは14年フェイムゲーム1頭、
そのフェイムゲームも翌年は人気を裏切っている。

474キロ以下の人気馬は凡走することが定番、
典型例を列挙してみると、

15年フェイムゲーム(3番人気12着)
14年ケイアイチョウサン(3番人気10着)
12年トーセンレーヴ(3番人気5着)
10年デルフォイ(2番人気6着)
10年キャプテントゥーレ(1番人気11着)
09年ドリームジャーニー(1番人気8着)
09年メイショウレガーロ(5番人気11着)
08年トウカイトリック(3番人気7着)
07年インティライミ(1番人気4着)
07年チェストウイング(4番人気10着)

460キロ前後のサトノラーゼン、
まさに人気を裏切るパターンに該当している。

というわけで同馬も無印。

ダービー2着馬にAJCCというのも違和感あり。
(レース質が全く異なる)

叩き良化タイプなので休養明けも微妙。

これまで休養明けは(0-0-1-1)
2戦共に1番人気に支持されたが敗戦。

デビュー戦も1番人気で3着、
初勝利はデビュー5戦目だった。


以上がメルマガからの抜粋文。

母系がマイラー血統のディープ産駒なので、
距離短縮はプラス。

ベリー騎乗で本来の先行策が望める点も良かったが、
軽い芝で結果を残してきた軽量馬サトノラーゼンを、

厳冬期の中山非根幹距離で買ってはいけないだろう。
(しかも苦手の休養明けで1番人気)


ちなみに単勝万馬券を除くと、
出走馬の中で1番の大型馬は520キロのスーパームーン。
(同馬は◎)

2番目は510キロのディサイファ、
この2頭でワンツーというAJCCらしい結果。

3着は448キロの軽量馬ショウナンバッハだったが、
自分はこの馬を「最後の切り札」に指名していた。

サトノラーゼンは到底買えない馬だったが、
ショウナンバッハは軽量でも買わなければならない馬。

もちろん人気薄はプラス重視という側面はあるが、
フェイムゲームに続く2頭目の例外になる可能性があったのだ。


今後も「穴馬の選別」はもちろんだが、
(☆や切り札)

印がビッシリ並んだ人気馬を臆せずに切りまくっていきたい。
(人気薄を軸にする場合は無理して切る必要はないが)

シンプルな券種で大切なことは人気薄を軸にする、
もしくは資金を圧迫する上位人気を複数無印にすること。

自分の快進撃は始まったばかり、
このまま年末まで突っ走りたいと思う。


メルマガは3本立て、
まずは前日に配信する事前検証で重要ファクターを紹介。

出走全馬の見解では馬の特徴を交えながら、
「買い材料」や「死角」などを指摘。

そして買い目のメルマガで結論を記載、
1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。

メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先のサンプルは頻繁に更新)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ