競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
プロフィールページで独り言
2016/01/23 14:00:00
テーマ: 未設定
競馬・データ理論のカテゴリーで現在4位、
確認を兼ねて本日も応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

プロフィールページでは今後「独り言」をつぶやくので、
時間がある時にでも訪問していただければと思う。


昨年は最悪のシーズン、
前年の勝ち分をそっくりそのまま溶かしてしまった。

3連単はリスクの高い券種と理解しておきながら、
最後まで3連単に固執し続けたことが問題。

自分の技術(実績)を過信するあまり、
招いた「必然の結果」だったと反省。

穴馬の選別は1年を通して好調だったので、
今年はこれを生かした複系馬券(馬連やワイド)で勝ちに行く。

本音は3連単でリベンジしたいところだが、
負けられない戦いなので仕方ない。

2009年にメルマガを創刊して今年で8年目に突入するが、
(2013年5月に売上1億円突破)

2016年は文字通り「進退をかけたシーズン」
自分の考えに固執はしない。


自分の目標はただ1つ、
昨年やられた分は倍返しで会員様に儲けてもらうことだけ。

馬連やワイドで負けることはないと思っているが、
まずは東西金杯でビッグなお年玉を提供。

中山金杯は▲◎○というド本線の決着。
(軸は5番人気マイネルフロスト)

京都金杯は4頭(3、8、13、16番人気)に絞って一撃炸裂。
(回収率1614%)

続くシンザン記念は◎ロジクライ(8番人気)を軸に、
馬連&ワイドのダブル的中で回収率436%。

そして先週の京成杯は5頭に絞って馬連&ワイド総取り、
回収率590%を達成した。

すでに1点1000円ずつでも40万、
500円ずつでも20万の高額払い戻し。

昨年のマイナスを取り返すのも時間の問題、
今月中に何とかなりそうな勢い。

ビッグウェーブが来ていることは確か、
一昨年を超える快進撃は間違いないか。

ワイドはリスクヘッジの意味合いだが、
的中する時は必ず馬連も的中している。


難解を極める3連単から馬連へ移行、
このギャップは自分の想像を超えていた。

格段に予想しやすくなっており、
迷いというものが一切生じない。

この2年間「3連単のみ」で勝負し続けたことで、
相当鍛えられていたようである。

的中連発はある意味「必然」
12ヶ月連続の月間プラス収支も夢ではないだろう。

今年は的中率重視、
今週のAJCC、東海Sも取りにいく。

負けないことが大前提、
その上で利益を積み上げていくことが今年のテーマ。

シンザン記念や京成杯のようなクリーンヒットを狙い、
その延長線上に京都金杯のような大ホームランがある。

馬連やワイドというシンプルな券種でも、
少額の投資で数十万は十分ゲットできるのだ。

3連単並みの破壊力を持っていることは、
かつて(13年以前)自分が証明してきた通り。


新規会員様も募集中、
初月無料なので2月末まで1ヶ月分の購読料。

1月、2月は残り16レースの提供予定、
まだまだ遅くないだろう。

複系馬券で勝ちに行っている今がメルマガ購読の絶好機、
落ちている大金を拾わないのは愚の骨頂。

これ以上「乗り遅れる」ことがないよう、
気を付けていただきたいと思う。

新規の方は今週から購読を開始すれば1レース337円。
(5400円÷16レース)

大ボリュームの重賞予想が超低価格で見れるのである。
(事前検証、出走全馬の見解、買い目)

しかもお申込みは簡単。
(便利なコンビニ決済、クレジット決済など)


1レースあたりの分析結果は「1万文字」が基本。
(レースによってはそれ以上、それ以下の時もあるが)

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

競馬は胴元JRAを介した他人との金の奪い合い、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

外枠が来ないレースで有名な京都金杯では、
外枠のテイエムタイホー(13番人気)を買って大儲け。

1、2番人気トーセンスターダム、オメガヴェンデッタをはじめ、
単勝10倍未満だった6頭中5頭を容赦なく無印。

新聞では上から下まで印が1つもついていなくても、
シンザン記念はロジクライから迷わず買うことができる。

京成杯では重い印がズラリと並んでいでも、
マイネルラフレシアやユウチェンジを買うことは決してない。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


勝利を目指すのは言うまでもないが、
読んでいて面白すぎるメルマガがモットー。

買い目の丸乗り派という方はもちろん、
(これが一番おすすめ)

メルマガの分析結果を参考に、
買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

例えば京都金杯においても、
3複637倍や3単34万馬券の的中報告が複数。

シンザン記念は買い材料に溢れていた、
◎ロジクライの単複勝負という会員様も多かったようである。

先週の京成杯は買い目をそのまま移行すれば、
3複は10点で112倍、3単は60点で780倍。

自分で予想したり買い目を決めたりするのも競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

しかも当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。
(その馬自身の狙い時を含む)


1万文字の分析量が300円台、
メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

リンク先のサンプルは先週更新。
(単勝22倍ロジクライに◎を打った理由)

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ