競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼91 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
落ちている金を拾うだけのレース
2016/01/14 14:00:00
テーマ: 未設定
レジまぐのリニューアルに伴い、
11月から人気ブログランキングの参加を一時取り止めていたが、

先週から復帰したので、
本日も応援クリックよろしくお願いします。

banner_21.gif
人気ブログランキングへ


メルマガ創刊8年目は進退をかけたシーズン、
こう宣言して挑んでいる2016年。

本音は3連単でリベンジしたいところだが、
負けられない戦いなので複系馬券(馬連やワイド)で勝負。

ここまで4戦3勝とスタートダッシュに成功、
昨年のマイナスを取り返すのも時間の問題。

ギャンブルにおいて「取り返す」という考えはリスキーだが、
昨年やられた分は倍返しで会員様に儲けてもらう。

年間回収率137%を達成した一昨年を超える快進撃といきたい。
(その前の年は129%)


まずは東西金杯でビッグなお年玉を提供、
中山金杯は▲◎○というド本線の決着。

京都金杯は4頭(3、8、13、16番人気)に絞って大ホームラン。
(レース回収率1600%オーバー)

馬連やワイドというシンプルな券種でも、
少額の投資で数十万は十分ゲットできるのだ。

3連単並みの破壊力を持っていることは、
かつて(13年以前)自分が証明してきた通り。


そして先週のシンザン記念は、
8番人気(単勝22.5倍)の伏兵ロジクライ◎。

自分が購入している新聞では、
上から下まできれいに無印だったが、

迷わず同馬を軸にして勝負、
その理由はこれを読めばお分かりいただけるだろう。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(ロジクライの見解)


前走千両賞は1番人気に支持されたが、
直線の致命的不利で全く追えず。

完全に参考外の一戦であったにもかかわらず、
今回は人気急落。

これだけでも狙いたい1頭だが、
今回は他にも買い材料が揃いに揃っている。

まずは前走芝1600Mで4角5番手以内、
これは3着内率50%に達している強力データ。

人気薄の該当馬が激走することが定番。
(詳細は事前検証を参照)


中1週というのも魅力、
当レースは「中1週の人気薄」が大活躍。

単勝15~40倍の中1週馬は、
(ただし前走1200Mは除く)

過去10年で(1-3-3-3)

人気薄で構成されたデータであるにもかかわらず、
3着内率70%という驚異の好走率。

単勝回収率223%、複勝回収率398%、
物凄い数字となっている。

15年2着ロードフェリーチェ(9番人気)
13年2着ヘミングウェイ(9番人気)
12年3着プレミアムブルー(11番人気)
11年1着レッドデイヴィス(7番人気)
10年3着セレスロンディー(10番人気)
09年3着トップカミング(10番人気)
06年2着グロリアスウィーク’(6番人気)

07年、08年、14年は該当馬なし、
つまり該当馬が存在した年は必ず好走している。

12年、13年、15年は該当馬1頭がピンポイントで激走。
(9、9、11番人気)

11年は該当馬2頭が7、10番人気だったが、
その内の1頭が快勝。

10年も該当馬2頭が10、12番人気だったが、
その内の1頭が激走。

09年も該当馬2頭が8、10番人気だったが、
その内の1頭が激走。

06年は該当馬が6番人気1頭だったが、
その1頭がピンポイントで連対。

改めて記載してみると「凄いの一言」
12年以降に限ると(0-2-1-0)


これだけ機能しているのであれば、
今年も「中1週の人気薄」が好走すると考えるのが妥当。

今年は中1週が5頭。

内からキングライオン、レインボーライン、ロジクライ、
スナークスカイ、ドゥーカ。

この中で「単勝15~40倍」は、
千両賞組のレインボーライン、ロジクライ。

今年は該当馬が2頭、
どちらかが好走する可能性が高い。

12、13、15年のように該当馬が1頭であれば、
選択する必要がないので楽だったが、

他の面から分析すると、
ロジクライの方が買い材料が圧倒的に多い。


レインボーラインは前走「差し」だが、
ロジクライは前走「先行」

さらにロジクライは母母父がダンチヒだが、
ダンチヒ内包馬は現在4連勝中。
(詳細は出走全馬の見解を参照)

2着にも人気薄が2頭入っている。
(ロードフェリーチェ、ヘミングウェイ共に9番人気)

しかもロジクライはヘミングウェイと非常に似た配合。
(前走芝1600Mで先行した点も同じ)

<ヘミングウェイ>
父SS系、母父マキャベリアン、母母父ダンチヒ

<ロジクライ>
父SS系、母父マキャベリアン、母母父ダンチヒ


サンデーサイレンスは父がヘイロー、
マキャベリアンは母父がヘイロー。

つまりヘミングウェイ、ロジクライ共に、
ヘイロー3×4のクロスを内包しているわけだが、

ヘイロークロス内包馬は、
ヘミングウェイの他にも好走している。

15年2番人気1着
グァンチャーレ(ヘイロー4×4)

13年9番人気2着
ヘミングウェイ(ヘイロー3×4)

12年11番人気3着
プレミアムブルー(ヘイロー3×4)

近4年で3頭のヘイロークロス内包馬が好走。
(内2頭が9番人気以下)

14年のみ好走馬が出なかったが、
該当馬が4着とあと一歩だった。

当レースは外回りのマイル重賞だが、
ヘイロークロスが効いていることは確かである。
(完成度、機動力が大切だという証拠)

ヘミングウェイが外枠の不利を克服できたのは、
ヘイロークロスの後押しも大きかったはず。


まとめるとロジクライは、
当レースの特注血統ダンチヒ、ヘイロークロスを共に内包。

しかも当レースの典型的な穴パターン、
「前走芝1600Mで4角5番手以内」

前走は直線で不利を受けたことも好都合、
おかげで人気を大きく落としてくれているのだ。

惚れ惚れする血統背景&前走の戦い方も完璧、
極めつけは「絶好の6番ゲート」

同馬の先行力とスピードの持続力を生かせるレース、
これは狙うしかないだろう。


今開催の京都芝は2日が経過したが、
トニービン内包馬が好調なことも後押し。

単勝万馬券を除くと(2-3-3-10)
3着内率44%、複勝回収率222%をマーク。

初日は4頭が好走。
(2、2、5、10番人気)

昨日は5Rで2頭が出走して、
11番人気3着&10番人気4着。

8Rはワンツーで馬単97倍。
(穴をあけたのはハーツクライ産駒)

12Rで穴をあけたカピオラニパレスは、
トニービン内包ではないものの、

母父ハイエストオナーは、
トニービンと同じ「グレイソヴリン系」


ロジクライは配合的にも先々期待できる1頭。

ディープインパクトと同じ一族というのも魅力だが、
(2代母と4代母が同じ)

父ハーツクライ、母母父ダンチヒ系と言えば、
ワンアンドオンリーやヌーヴォレコルトと同じなのだ。
(前者はダービー馬、後者はオークス馬)

ロジクライは母父ミスプロ系だが、
ワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルトもミスプロ内包。

ワンアンドオンリーはヘイロークロスも内包。
(母父タイキシャトルがヘイロー系)

ヌーヴォレコルトは重賞初挑戦だったチューリップ賞で、
4番人気ながらハープスターの2着。

ワンアンドオンリーはラジオNIKKEI杯2歳Sを、
7番人気で快勝している。
(この時は◎に抜擢)

ハーツクライは基本的に晩成だが、
2頭共に早い時期から活躍したことはロジクライにとって心強い。
(ダンチヒ、ミスプロは仕上がりが早い血統)

デビュー戦で凡走した点も同じ。
(ワンアンドオンリーは12着、ヌーヴォレコルトは4着)


人間面も強調できる。

須貝厩舎はハーツクライ産駒を最も勝たせている厩舎。
(3年連続で1位)

3着内率は40%オーバー、
回収率も単複共に100%を超えている。
(単勝万馬券は除く)

ハーツクライ産駒の仕上げ方を熟知しており、
須貝厩舎のハーツクライ産駒を買い続ければ儲かるのだ。

ちなみに芝重賞だけ抽出すると、
(7-6-3-19)

3着内率46%、
単勝回収率155%、複勝回収率158%をマーク。

延べ6頭出走させたが、
1回も好走できなかったのはシャドウバンガード1頭のみ。
(同馬は重賞挑戦1回)

ジャスタウェイ、アドマイヤエイカン、コレクターアイテム、
ベルラップ、オツウが好走している。
(オツウは先月のターコイズSで295万馬券を演出)

早い時期の重賞に強いのも厩舎の特徴なので、
(先月の朝日杯FSでも11番人気シャドウアプローチが好走)

重賞初挑戦となるハーツクライ産駒ロジクライは、
調教師面から見ても「買いの一手」


さらに鞍上の浜中は「シンザン記念男」
これまで(3-0-1-2)

勝率50%、3着内率67%、
単勝回収率456%、複勝回収率231%をマーク。

レッドデイヴィス、エーシントップ、ミッキーアイルで3勝。
(レッドデイヴィスは7番人気)

3着1回は10番人気セレスロンディー。

昨年のレンイングランドは、
当レースでほぼ全滅の「前走1200M」だったが、

ギリギリまで粘らせている。
(勝ち馬から0.1差の5着)

先週は同コースの京都金杯でお世話になったが、
(13番人気テイエムタイホー2着)

今週も好騎乗に期待。

余談になるが浜中は今月末の京都牝馬Sも大得意。
(シンザン記念と同じ冬の京都芝1600M重賞)


以上がメルマガからの抜粋文。

ものすごい質と量、
絶賛のメッセージが多数届くのも当然か。

これを読んでロジクライを買わない人間はいない、
そのくらい「絶好の狙い目」だったわけである。

これだけ買い材料が溢れている馬に、
(しかも単勝22.5倍の人気薄)

◎を打たない方がおかしいだろう。
(新聞で無印だったのが不思議でたまらない)

結果は1着で馬連&ワイドのダブル的中、
まさに落ちている金を拾うだけのレースだった。

レース後のお礼メールや的中画像を見ると、
ロジクライの単複勝負という会員様も多かったようである。


メルマガではこのような内容を毎週大量に配信。
(事前検証、出走全馬の見解、買い目の3本立て)

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

競馬は胴元JRAを介した他人との金の奪い合い、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

新聞では上から下まできれいに無印でも、
ロジクライから迷わず買うことができる。

外枠が来ないレースで有名な京都金杯では、
外枠のテイエムタイホー(13番人気)を買って大儲け。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


1レースあたりの量は「1万文字」が基本、
これで1ヶ月5400円(税込)という価格。

今年は平地重賞129レース全てを提供、
つまり平均すると「1レース502円」
(5400円×12か月÷129レース)

まさに「ワンコイン予想」
500円とは思えない質と量を誇るメルマガ。


初月無料の特典
をつけているので、
新規会員様はさらにお得。

1月、2月は残り19レースの提供予定なので、
今週から購読を開始すれば1レース284円。
(5400円÷19レース)

1万文字の分析量が200円台、
ありえない超低価格となっている。

複系馬券で勝ちに行っている今がメルマガ購読の絶好機、
乗り遅れないように気をつけていただきたい。

株や不動産と同じである。
(上がりきった時ではなく、その前に買わなければ儲けられない)

何と言っても今週は、
今月一番と言える「一撃の大チャンス」

購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先のサンプルは頻繁に更新)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

お申込みは簡単。
(便利なコンビニ決済、クレジット決済など)

ページの先頭へ