競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼93 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
他人が知らない情報
2016/01/09 12:00:00
テーマ: 未設定
中山金杯は▲◎○の順で入線したが、
配当はガチガチでレース回収率は139%止まり。

ベルーフが取り消さなければ馬連20倍以上だった上に、
4着、5着馬はワイドも持っていたので、

レース後は全くうれしくなかったが、
数分後の京都金杯は会心。

17頭から4頭に絞ってのBOX勝負、
しかも4頭の人気は3、8、13、16番人気。

一見「大丈夫か?」と思われる布陣だが、
得意レースを例年通り分析した結果なので自信はあった。


4頭に絞るとなると、
人気馬中心になるのが世の中の予想スタイルだが、

人気馬だらけのBOXは意味なし、
上位人気は資金を圧迫するので儲からない。

まさにハイリスクローリターンだが、
(上位人気中心でもハイリターンが見込めるのは3連単のみ)

人気薄だらけの4頭BOXならローリスクハイリターン、
少ない資金で高額の払い戻しが期待できる。

もちろん見込みのない人気薄を買うのは論外、
そして何よりも人気馬を切ることが重要。

人気薄を軸にする場合は無理して切る必要はないが、
BOXの場合はこれが必要不可欠。


京都金杯は単勝10倍未満が6頭いたが、
内5頭を容赦なく無印。

トーセンスターダム、オメガヴェンデッタ、エキストラエンド、
シベリアンスパーブ、エイシンブルズアイをぶった切って、

上位人気で買ったのは3番人気ウインプリメーラのみ、
しかも印を打った4頭中2頭が13、16番人気という超人気薄。

よって馬連6点中5点が万馬券、
(154倍、271倍、360倍、418倍、1438倍)

馬連なのに10万馬券も入っているという凄い買い目、
ワイドでも十分な配当が見込める。
(ワイドはリスクヘッジの意味合い)


そして1番人気トーセンスターダムの無印理由は「これ」
以下は自身のメルマガからの抜粋文。

1番人気の外枠はハイリスクローリターン、
あえて買う必要はないだろう。

天下の池江寿厩舎もマイル重賞での信頼度は今一つ。

芝重賞49勝中45勝が「1800M以上」
(芝1400M以下の重賞は未勝利)

一方で芝1600Mの重賞は4勝止まり、
しかも内3勝は08年3月以前のもの。

08年4月以降は(1-7-3-43)

池江寿厩舎とあって、
54頭中36頭が「5番人気以内」に支持されたが、
(内28頭が3番人気以内)

勝ったのは14年マイラーズCのワールドエースのみ。


以上がメルマガからの抜粋文。

トーセンスターダムは今年「飛躍の年」だと思っているが、
今回は外枠&池江寿厩舎のマイル重賞というダブルパンチ。

能力の高さは言うまでもないが、
人気馬はプラスよりもマイナスファクター重視が基本。
(もちろん人気薄は逆)

2年連続好走中だったエキトラエンドを消すのは簡単、
普通に考えれば着順を落とすと見るのが自然。
(近2年は1枠、今年は6枠)

オメガヴェンデッタに関しては、
なぜ2番人気だったのか不思議でたまらない。
(エイシンブルズアイの10倍未満もびっくりしたが)


結果は上位人気の中で、
唯一信頼できたウインプリメーラが普通に1着。

そして2着は大穴(☆)に指名したテイエムタイホー、
自分の買い目では「安目」だったが、

それでも馬連6点で154倍、ワイド6点で39.7倍なら、
文句なしの回収率だろう。
(ダブル的中でレース回収率は1600%オーバー)

1点1000円ずつでも20万、500円ずつでも10万
(ウインプリメーラが絡まない買い目はもっと少ない資金でOK)


そして3複637倍や3単34万馬券の的中報告が複数あったが、
これも自分のメルマガの特徴。

以前から言い続けているが、
買い目の丸乗り派という方はもちろん、

分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるのだ。
(1レース1万文字という物凄い分析量なので)

3着ミッキーラブソングは「上位評価4頭」に入らなかったが、
(逃げないバッドボーイを買うくらいなら、こっちだったか)

同馬のストロングポイントは「これ」
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


小牧はキングカメハメハ産駒と相性が良く、
特に重賞では(4-6-3-17)

3着内率43%、
単勝回収率120%、複勝回収率230%をマーク。

昨年はヒットザターゲットやキョウワダッフィー、
一昨年はタガノエトワールで大穴連発。

その前はナイスミーチューやショウリュウムーン、
G1もキンカメ産駒のローズキングダムで勝っている。

ミッキーラブソングも全5勝は全て小牧とのコンビ。


以上がメルマガからの抜粋文、
そして今回の激走で上記データの数字はさらに上昇した。

今回に限らず「知っておくべきデータ」
キンカメ産駒と相性がいい理由は「騎乗スタイル」にある。

ミッキーラブソングは父系、母系共に「内枠巧者」なので、
枠順が相当味方したことも確かだが。

実は小牧にはさらに凄いデータがあるのだが、
これは該当馬が出走してきた時にメルマガで紹介しようと思う。

数え切れないほどの様々な有効データを持っているからこそ、
競馬好きには「たまらないメルマガ」を作成できるのである。


しかも当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。
(その馬自身の狙い時を含む)

仮にメルマガを保存しておけば、
1ヶ月で相当分厚い「競馬バイブル書」が完成する。

例えば中山金杯で人気を裏切ったネオリアリズムは、
次走以降「短縮ローテ」ならチャンス。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(ネオリアリズムの見解)


<ネオリアリズム>

父ネオユニヴァースは中山得意なのだが、
気になるのは母トキオリアリティー。

兄はアイルラヴァゲイン、リアルインパクト、
姉はアドマイヤフッキー、ウィルパワー。

短距離に実績が集中している牝系、
2000Mの重賞ではスタミナの不安。

中山金杯は特にスタミナが重要なレースである。
(詳細は事前検証を参照)

トキオリアリティーの仔は「短縮ローテ」に強く、
これまで(14-1-2-26)※JRAのみ

勝率33%、連対率35%、3着内率40%、
単勝回収率870%、複勝回収率193%をマーク。

凄まじい回収率、
穴を連発している証拠である。

一方で「延長ローテ」で勝ったのは1番人気のみ、
2番人気以下だと(0-5-3-28)

5番人気以下だと(0-0-0-23)
延長ローテの穴は期待しづらい血統。


以上がメルマガからの抜粋文、
やはり競馬はブラッドスポーツである。

特に「牝系の特徴」は盲点になりやすいので、
今後もかなり有効だろう。

牝系の特徴は重賞で威力を発揮する、
これは大切なポイント。


さらに中山金杯出走馬の中で、
今後「ある条件」に出走してきた場合、

大穴をあける可能性が高いのは、
マイネルディーンとフラアンジェリコ。

マイネルディーンはある条件で(4-2-2-0)
なんと8戦してパーフェクト。

勝率50%、連対率75%、3着内率100%、
しかも1番人気が1回もなかったのは驚き。
(8戦中4戦は7番人気以下)

単勝回収率535%、複勝回収率313%、
物凄い数字をマークしている。

フラアンジェリコは一昨年の福島記念で13番人気2着、
昨年の京成杯AHで13番人気1着。

嵌れば大駆けがある馬だが、
激走時には共通点があるのだ。

自分の勝負レースは重賞のみなので、
重賞出走時しか指南することはできないが、

好走条件はメルマガに記載してあるので、
仮にOP特別に出走してきた場合でも狙えるはず。


このような内容を毎週大量に配信している。
(特に出走全馬の見解は必見)

使い方は会員様によって様々だが、
結局は情報をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目。

競馬は胴元JRAを介した他人との金の奪い合い、
他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み。

池江寿厩舎のマイル重賞成績を把握していれば、
1番人気のトーセンスターダムを買うこともない。

新聞で重い印がビッシリ並んでいたとしても、
短距離色が強い2番人気オメガヴェンデッタを迷わず消せる。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


1レースあたりの量は「1万文字」が基本。
(事前検証、出走全馬の見解、買い目の3本立て)

これで1ヶ月5400円(税込)という価格。
(創刊当初から据え置き)

今年は平地重賞129レース全てを提供、
つまり平均すると「1レース502円」
(5400円×12か月÷129レース)

まさに「ワンコイン予想」
500円とは思えない質と量を誇るメルマガ。


初月無料の特典
をつけているので、
新規会員様はさらにお得。

1月、2月は残り21レースの提供予定なので、
今週から購読を開始すれば1レース257円。
(5400円÷21レース)

1万文字の分析量が200円台、
ありえない超低価格となっている。

複系馬券で勝ちに行っている今がメルマガ購読の絶好機、
乗り遅れないように気をつけていただきたい。

株や不動産と同じである。
(上がりきった時ではなく、その前に買わなければ儲けられない)

購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先のサンプルは頻繁に更新)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

お申込みは簡単。
(便利なコンビニ決済、クレジット決済など)

ページの先頭へ