競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼96 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
無料メルマガの結果
2016/01/08 14:00:00
テーマ: 未設定
11月に創刊した無料メルマガでは期間限定で週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

レース当日の13時に配信、
無料とは思えないクオリティーでお送りしている。


☆は最も魅力的な穴馬に打つ印、
つまり☆は自分の「馬券の肝」

これまで数々の一撃炸裂に貢献してくれたが、
無料メルマガの厳選1頭は☆の中から選択している。

昨年以降の☆は約半数が掲示板。
(127頭中60頭が掲示板)

人気薄の4、5着も多いので3着内率は28%だが、
(127頭中35頭が馬券圏内)

平均「7.8番人気」を考慮すれば高い好走率、
複勝回収率も120%を超えている。


無料メルマガは9週が経過、
つまり述べ9頭の穴馬を紹介してきた。

9頭の人気の内訳は、
7、8、8、8、9、10、10、13、13番人気。

9頭全馬「7番人気以下」
そして人気以下の着順だった馬は0頭。

人気薄はほとんどが「外れクジ」だが、
自分が推奨した穴馬は世間の評価以上に走る。

普通に乗っていれば3着だった馬や、
タイム差なしの4着という惜しすぎる馬もいたが、

それでも連対率33%、複勝回収率206%、
週1頭の縛りを考えると相当優秀な数字。

二桁人気も複数連対、
穴馬の選別は国内屈指だと自負している。


ターコイズSの☆シングウィズジョイ(11番人気1着)を、
無料メルマガで紹介しなかったのは申し訳なかったが、
(朝日杯FSの☆との2択を誤った)

先週の京都金杯の☆テイエムタイホーは無料メルマガで紹介、
今後も☆は激走し続けるだろう。

もちろん有料メルマガでは全ての☆が見れるので、
払い戻し(儲けの額)を考えると、

有料メルマガの方が結果的にお得だと思うが。
(☆全体の回収率は長期にわたって安定)

無料メルマガだとシングウィズジョイのように、
☆の激走を見逃すリスクがある。

つまりゲットできたかもしれない特大配当を、
取り損ねることになりかねない。


しかも有料メルマガでは重賞全レースを予想、
事前検証、出走全馬の見解、買い目を配信している。

例えば先週は東西金杯ダブル的中、
中山金杯は▲◎○というド本線の決着。

京都金杯は4頭に絞って大ホームラン。
(レース回収率1600%オーバー)

資金を圧迫する人気馬をほとんど無印とし、
(単勝10倍未満だった6頭中5頭を無印)

上位人気の中で唯一買ったウインプリンメーラが1着、
これらも有料メルマガでしか確認できない内容。

1レースあたりの量は「1万文字」が基本、
他では決して見ることができないデータの宝庫。

これで1ヶ月5400円(税込)という価格。
(創刊当初から据え置き)

今年は平地重賞129レース全てを提供、
つまり平均すると「1レース502円」
(5400円×12か月÷129レース)

まさに「ワンコイン予想」
初月無料の特典をつけているので新規会員様はさらにお得。


しかしいくら格安と言っても、
まずは試しに無料メルマガからという方もいると思うので、

今回は先週の無料メルマガで「厳選1頭」に指名した、
テイエムタイホーの推奨理由をサンプルとして紹介しておく。

以下は先週配信した無料メルマガの全文。


>京都金杯 推奨穴馬
7枠14番テイエムタイホー

当レースは、
前走先行していた馬の期待値が高い。

前走4角3番手以内だった馬は、
単勝万馬券を除くと10年以降(3-2-5-14)

3着内率42%、
単勝回収率139%、複勝回収率195%をマーク。

15年5番人気1着
ウインフルブルーム(前走4角3番手)

15年7番人気3着
マイネルメリエンダ(前走4角3番手)

14年5番人気3着
ガルボ(前走4角2番手)

13年6番人気2着
トライアンフマーチ(前走4角3番手)

13年7番人気3着
ヤマニンウイスカー(前走4角先頭)

12年2番人気2着
ダノンシャーク(前走4角2番手)

12年10番人気3着
アスカトップレディ(前走4角2番手)

11年7番人気1着
シルポート(前走4角先頭)

10年5番人気1着
ライブコンサート(前走4角3番手)

10年13番人気3着
レインダンス(前走4角3番手)

毎年完璧に機能、
人気薄激走のオンパレードとなっている。

今年は以下の6頭が該当、
例年の傾向通りなら「ここ」から穴が出る可能性は高い。

ウインプリメーラ(前走4角3番手)
タガノエスプレッソ(前走4角2番手)
テイエムタイホー(前走4角2番手)
トーセンスターダム(前走4角3番手)
バッドボーイ(前走4角2番手)
メイショウマンボ(前走4角先頭)


テイエムタイホーは典型的な冬馬、
暖かくなってくると途端に走らなくなる。

12月からの成績が抜群に良く、
そして4月上旬までは我慢できる。

12月~4月上旬の芝成績は、
3歳以降(7-5-2-4)

地味なタイプなので人気になりづらいが、
勝率39%、連対率67%、3着内率78%をマーク。

単勝回収率487%、複勝回収率385%、
ちなみに7番人気以下だと(3-3-0-0)は驚異的。

前走阪神Cは案外だったが、
先行した点は今回に繋がる上に人気が落ちる点もいい。

ちなみに1、2月の京都は(0-4-1-0)

3着内率100%、複勝回収率602%を誇る。
(二桁人気で2度も好走)


今回は厳しい枠に入ってしまったが、
外枠の不利を覆せるデータに該当。

14年5番人気3着
ガルボ(前走4角2番手)

12年10番人気3着
アスカトップレディ(前走4角2番手)

当レースは5枠より外から好走した馬が、
09年以降で上記2頭しかいないが、

テイエムタイホーも「前走4角2番手」
この人気なら狙う価値は十分あるはず。

お伝えした通り「典型的な冬馬」
特に7番人気以下だと6戦してパーフェクト。

人気急落の今回こそが「買い時」
条件が揃った時は世間の想像以上に強い馬でもある。

5走前はサトノルパン、ヒストリカル相手に楽勝。
(3馬身半差)

6走前はサトノアラジン、ウインプリメーラ相手に楽勝。
(二桁人気で2馬身差)

7走前は差しに回ってダンスディレクターの2着、
9走前は二桁人気ながらオメガヴェンデッタに先着。


血統的にも「人気薄」でこその馬。

ニューイングランド産駒の重賞好走例は、
ほぼ全て「人気薄」でのもの。

単勝167倍で日経賞を逃げ切ったネコパンチを筆頭に、
(ルーラーシップ、ウインバリアシオン相手に3馬身半差)

目黒記念9番人気2着イケドラゴン、
東スポ杯2歳S9番人気3着レッドスパークルや、

ラジオNIKKEI賞8番人気1着レオマイスター、
新潟2歳S15番人気2着フローライゼなど。

障害重賞でもトーワヒヨシマルが大穴をあけている。
(阪神スプリングJを単勝70倍で1着)


さらにテイエムタイホーは、
京都金杯と相性がいい血統が詰まっている。
(父母父ダンチヒ系、母母父ニジンスキー系)

まずはダンチヒは「伝統の好走血統」
ダンチヒ内包馬の好走例を列挙してみると、

15年3着マイネルメリエンダ(7番人気)
12年1着マイネルラクリマ
12年3着アスカトップレディ(10番人気)
11年1着シルポート(7番人気)
09年1着タマモサポート(7番人気)
09年3着ファリダット
07年1着マイネルスケルツィ(7番人気)
07年3着サクラメガワンダー
06年1着ビッグプラネット(6番人気)
04年2着サイドワインダー
03年1着サイドワインダー
02年3着ミレニアムバイオ
01年3着アグネスデジタル

人気薄が頻繁に激走、
しかも「人気薄の逃げ切り勝ち」が目立っている。

シルポート、マイネルスケルツィ、ビッグプラネットなど。
(タマモサポートは3番手から押し切り)

根性血統ダンチヒの持続力が効いている証拠。


続いてニジンスキーだが、
SSとニジンスキー系種牡馬を内包した馬が連続好走中。

15年5番人気1着
ウインフルブルーム(父SS系、父母父ニジンスキー系)

14年5番人気3着
ガルボ(父SS系、母父ニジンスキー系)

13年1番人気1着
ダノンシャーク(父SS系、母父ニジンスキー系)

13年6番人気2着
トライアンフマーチ(父SS系、父母父ニジンスキー系)

12年2番人気2着
ダノンシャーク(父SS系、母父ニジンスキー系)

11年3番人気2着
ガルボ(父SS系、母父ニジンスキー系)

10年13番人気3着
レインダンス(父SS系、父母父ニジンスキー)

現在6年連続で好走中。

ダノンシャーク、ガルボが2回ずつ好走しているように、
父SS系×母父ニジンスキー系が当レースのベスト配合。

テイエムタイホーは父SS系×母母父ニジンスキー系。

ダンチヒ内包ということも合わせると、
文句なしの血統背景と言える。

今年は「ダンチヒ」と「SS×ニジンスキー」の両方に該当しているのが、
テイエムタイホー、メイショウマンボ、ニンジャの3頭。

メイショウマンボ、ニンジャは厳しいと見ているので、
やはり狙うのはテイエムタイホーだろう。


しかもテイエムタイホーの父母父チーフズクラウンは、
ダンチヒの中でも特に相性がいい血統。

12年3番人気1着マイネルラクリマ、
15年7番人気3着マイネルメリエンダはチーフベアハート産駒。
(チーフベアハートはチーフズクラウン産駒)

ちなみにチーズベアハート産駒は、
過去の京都金杯に上記2頭しか出走していない。

京都金杯以外を見ても、
この血統は京都での激走が定番。

少し前だとマイネルキッツが春天制覇、
もう少し前だと京都重賞で穴を連発したマーブルチーフが代表例。

チーフベアハートに限らず、
チーフズクラウン系は京都(特に外回り)が得意なのである。

何と言っても典型例はアグネスデジタル。
(母父チーフズクラウン、マイルCS13番人気1着)

京都金杯でマイネルラクリマ◎、マイネルメリエンダ☆、
これは自然の流れ。

となればテイエムタイホーも重視すべき、
今年の☆に最も相応しい馬だろう。


今週の推奨穴馬は、
京都金杯のテイエムタイホー。


以上が先週配信した無料メルマガの全文。

無料とは思えない質と量、
絶賛のメッセージが多数届くのも当然か。

京都金杯は内枠有利が浸透しすぎていたので、
テイエムタイホーは全く人気がなかったのだろう。

内枠有利のレースだと言うのは間違いないが、
同馬は外枠の不利を克服できる可能性が高かった上に、

能力、血統、前走の戦い方、季節適性など文句なしのプロフィール、
しかも「人気薄」でこその馬。

これを読んでテイエムタイホーを買わない人間はいない、
そのくらい「絶好の狙い目」だったわけである。


当レースの典型的な穴パターンに加えて、
(前走先行、SS×ニジンスキー、ダンチヒ、しかもチーフズクラウン)

同馬自身の好走条件にも合致。
(厳冬期で人気落ち、しかも京都、そして父の特徴)

前走16着もハンデ57キロも気にする必要なし、
逆に人気を落とす「最高の材料」だったのだ。

これで(3-3-0-0)や(0-4-1-0)のパーフェクトデータは、
それぞれ(3-4-0-0)(0-5-1-0)となった。

二桁人気での激走が定番で、
それぞれ回収率は800%超、600%超は凄いの一言。

今後も相当有効なデータ、
覚えていれば今回のような特大配当にありつけるだろう。

毎年必ず「二桁人気」で連対する馬、
冬開催の京都は3度目となる「二桁人気」での連対。

同馬は現役屈指の大穴メーカー、
これほど買い時が極端な馬も珍しい。


ちなみに京都金杯で「5枠より外」から連対馬が出たのは、
2008年以来「実に8年ぶり」

外枠は普通は手が出せないゾーンなのだが、
今年は外枠のテイエムタイホーを拾えるかどうかが全てだった。

これをピンポイントで狙い撃つことができたのは快感。
(4頭しか買わなかったレース)

データが覆る瞬間に馬券を仕留めることが、
「データ派の醍醐味」

世間に広がっているデータは覆る瞬間に狙い撃てば、
今回のように特大配当をゲットできる可能性大。

有名データを信じて、
喜んで真っ先に消している競馬ファンが多いからだ。

もちろん誰もが知っているということは有効性も高いので、
ただ裏をかけばいいという単純なことではないが。


今週の無料メルマガでも、
魅力溢れる人気薄を推奨するのでお見逃しなく。

シンザン記念の☆かフェアリーSの☆の2択だが、
予定している馬が甲乙つけがたいので迷うところ。

どちらの☆も好走すれば問題ないのだが、
ターコイズSのシングウィズジョイのようなことがあることも、

ご了承いただきたいと思う。
(シングウィズジョイは無料メルマガで紹介せず)

いずれにしても今週の無料メルマガで紹介する馬も、
人気以上に走る可能性が高いだろう。

JCのラストインパクト、阪神JFのウインファビラスや、
(それぞれ7番人気2着、10番人気2着)

先週の京都金杯のテイエムタイホー(13番人気2着)同様、
絶好の狙い目と言える大穴馬である。

無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

リンク先にサンプルもあり。


有料メルマガの購読をご希望の方は、
以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

ページの先頭へ