競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼96 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
東西金杯ダブル的中で一撃炸裂
2016/01/06 17:00:00
テーマ: 未設定
メルマガ創刊8年目を迎える今年は、
「進退をかけたシーズン」

こう宣言して挑んだ、
年明け一発目の勝負レース「東西金杯」

本日はその結果報告。


<京都金杯>
馬連、ワイドBOX
2、4、7、14

計12点→回収率1614%(馬連154倍&ワイド39.7倍的中)

◎バッドボーイ(16番人気)
○ケイティープライド(8番人気)
▲ウインプリメーラ(3番人気)1着
☆テイエムタイホー(13番人気)2着


<中山金杯>
馬連8点(9番取消で)
7-2、3、4、5、6、8、9、10、14

ワイド4点
7-2、3、8、14

計12点→回収率139%(馬連16.7倍的中)

◎マイネルフロスト2着
○フルーキー3着
▲ヤマカツエース1着
☆ブライトエンブレム
△ベルーフ
△ステラウインド
△フラアンジェリコ
△ネオリアリズム
△ライズトゥフェイム
注スピリッツミノル


昨日のブログでお伝えした通り、
金杯は東西共に相性抜群。

非常に分析しやすいレースなので、
少なくともどちらかは的中すると思っていたが、

昨年に続いての東西ダブル的中、
いきなり1月の月間プラス収支を確定させた。

昨年は東西共に◎○☆の順で入線という快挙を達成したが、
(それぞれ3単695.2倍、166.9倍的中)

シンプルな馬連、ワイド勝負でも、
回収率は今年の方が断然上。

会員様にビッグなお年玉をプレゼントすることができて、
まずはホッとしている。


中山金杯はマイネルフロストで「まず大丈夫」だったレース、
手頃な人気ということもあり迷わず◎。
(6番人気だったがベルーフ取消で5番人気)

○▲もかなり強力だったが、
伏兵もそれなりに魅力だったので、

マイネルフロスト軸に手広く馬連で勝負。
(人気薄の相手にはワイドも押さえ)

結果は▲◎○の順で入線、
堅い配当だったがド本線だったので良しとしよう。

4着、5着馬はワイドも持っていただけに、
もう少し頑張って欲しかったが。


中山金杯は1頭軸で手広く流したが、
京都金杯は頭数を絞ってBOX勝負。

昨日のブログでお伝えした通り、
17頭から4頭に絞ったが、

その4頭の人気は3、8、13、16番人気、
上位人気はウインプリメーラのみ。

「本当にこの4頭で大丈夫か?」
このようなメッセージもレース前に頂いたが、

相性のいい京都金杯をいつも通りに分析した結果、
この4頭となったので自信はあった。

だからこそ週1レースに限定している「単発予想」の提供も、
京都金杯の方を選択したわけである。
(もちろん配当妙味も考慮)

3連複、3連単ではなく、
馬連、ワイドのレベルなら上記4頭で十分。

例年通りの傾向(レース質)であれば、
4頭中2頭は馬券圏内に来る可能性大だった。


ブービー人気バッドボーイは逃げなかった時点で終了、
よって道中は他3頭しか見ていなかったが、

上位人気で唯一買ったウインプリメーラが3番人気1着、
馬券の肝である☆テイエムタイホーが13番人気2着。

自分の買い目の中では「安目」だったが、
それでも馬連6点で154倍、ワイド6点で39.7倍なら、

文句なしの回収率だろう。
(ダブル的中でレース回収率は1600%オーバー)

馬連は6点中5点が万馬券。
(154倍、271倍、360倍、418倍、1438倍)

まさに究極のローリスクハイリターン、
少ない資金で高額の払い戻しが実現できる買い目。

1点1000円ずつでも20万、500円ずつでも10万
(ウインプリメーラが絡まない買い目はもっと少ない資金でOK)


不利な外枠だったにもかかわらず、
14番ゲートのテイエムタイホーを☆に指名しただけでなく、
(しかも同馬は無料メルマガの厳選1頭にも指名)

1番人気トーセンスターダム、2番人気オメガヴェンデッタ
4番人気エキストラエンドをはじめ、

5番人気シベリアンスパーブ、6番人気エイシンブルズアイなど、
上位人気~中穴ゾーンをまとめて無印にできたことが、

今回の大きなポイントだった。
(上位人気はオッズが低いので資金を圧迫する)


バッドボーイは逃げると好走率が高まる馬。
(4角先頭だと9戦中7戦で馬券圏内)

しかも今回は逃げが有利な馬場、
ニンジャでも5着に粘れたことが何よりの証拠。
(3着とアタマ、クビ差)

2着と3着は離れたので、
あの間には楽に残すことができた競馬。

逃げればウインプリメーラ、テイエムタイホーとの、
ワイド53倍&226倍も取れたと思うが、
(レース回収率は驚異の4000%)

こればかりは仕方ないか。
(絶好枠から控えるという不可解な騎乗だったが)


次週以降のお楽しみということで、
今後も果敢に超人気薄を狙っていきたいと思う。

馬連やワイドでも、
少額の投資で数十万は十分ゲットできるのだ。

3連単並みの破壊力を持っていることは、
かつて(13年以前)自分が証明してきた通り。

シンプルな券種で大切なことは人気薄を軸にする、
もしくは資金を圧迫する上位人気を複数無印にすること。


メルマガは09年2月に創刊したので、
これまで金杯は7回配信。
(東西合わせて14レース)

そして今年も的中で金杯の通算成績は14戦9勝、
東西共に不的中だったのは14年のみ。

こういうレースばかりだと助かるのだが、
今週のシンザン記念も昨年438.4倍的中の得意レース。

まずは開幕3連勝といきたいところ。
(個人的には翌日のフェアリーSの方が楽しみではあるが)


今年で8年目を迎えるメルマガは、
事前検証、出走全馬の見解、買い目の3本立て。

メルマガの分析を参考に、
買い目を決めるという方のお役にも立てるはず。

的中報告を見る限り、
買い目をアレンジしている方は非常に多い。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。

当該レースだけでなく他レースの馬券攻略にも役立つ。
(その馬自身の狙い時を含む)

1レースあたりのメルマガの量は「1万文字」が基本。
(レースによってはそれ以上、それ以下の時もあるが)

読み応え十分のすごい量、
読んでいて面白すぎるメルマガ。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
ぜひ堪能していただければと思う。


初月無料なので月初のお申し込みがお得、
1月、2月は残り21レースの提供予定。

よって今週から購読を開始すれば1レース257円。
(5400円÷21レース)

大ボリュームの重賞予想が、
なんと200円台という超低価格で見れるのである。

購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(リンク先のサンプルは頻繁に更新)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ


11月に無料メルマガも期間限定で発行したので、
興味のある方はお早めに。

重賞レースの中から「厳選の穴馬」を週に1頭紹介、
もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

今週も魅力溢れる人気薄を推奨するのでお見逃しなく。
(シンザン記念の☆かフェアリーSの☆)

JCのラストインパクト、阪神JFのウインファビラスや、
(それぞれ7番人気2着、10番人気2着)

先週の京都金杯のテイエムタイホー(13番人気2着)同様、
絶好の狙い目と言える大穴馬である。

無料とは思えないクオリティーでお送りするので、
今週もお楽しみに。

無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

リンク先にサンプルもあり。

ページの先頭へ