競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼91 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
チャレンジCと朝日杯FS
2015/12/19 15:00:00
テーマ: 未設定
今週の朝日杯FSは◎○が迷わず決定。

買い方を工夫しようと考えているが、
先週のチャレンジCもどう考えても「2強」だった。

大変申し訳なかったが、
1、2番人気を◎○としたのである。


さすがにフルーキーは鉄板なので◎。

ヒストリカルも崩れる可能性が極めて低く、
同馬も素直に○。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(フルーキー、ヒストリカルの見解)


<ヒストリカル>

しばらく不振が続いていたが、
今年は(2-1-1-1)と完全復活。

5戦中4戦で「上がり2位以内」
末脚の威力が完全に戻っている。

前走は明らかに嵌った一戦だったが、
良績のなかった東京での好走に価値がある。

3走前のマイラーズCは凡走したが、
タフな馬場が得意の同馬にとって参考外の一戦。

半兄カンパニーは8歳時にG1連勝、
半兄レニングラードやニューベリーも晩成だった。
(ニューベリーは7、8歳時に重賞好走)

近親にもトーセンジョーダンや、
(G1初制覇は5歳秋、6、7歳時にもG1好走)

バトルバニヤン、ダークメッセージなど晩成がズラリ。

クラフティワイフの一族は、
早い時期から活躍するが成長力も凄いのである。

6歳秋を迎えたヒストリカルだが、
3歳春以来の重賞制覇があっても驚けない。

短縮ローテも当レースで有利。


<フルーキー>

東京新聞杯0.1差3着、エプソムC0.2差4着、
そして前走富士Sは0.4差5着。

東京では善戦止まりだが、
ハイレベルのメンバー相手に崩れていない点は評価できる。

特にエプソムC1~3着馬は活躍中。

エイシンヒカリは次走毎日王冠1着、
サトノアラジンは次走富士S2着→マイルCS4着。

ディサイファは次走札幌記念1着→毎日王冠2着、
そして先週の金鯱賞でも2着。

となるとエプソムC4着馬フルーキーにも、
注目しないわけにはいかないだろう。
(上がりは最速だった)

しかも今回は「得意の阪神」
これまで(4-1-0-1)という抜群の成績。

6戦全て外回りの1600~1800M、
敗れた2戦も僅差。

昨年のチャレンジCはクビ差2着、
阪神では確実に追い込んでくる。


以上がメルマガからの抜粋文。

そして最終結論は以下の通り。
(買い目のメルマガからそのまま抜粋)


◎はフルーキー、
この馬を軸にした3連単マルチで勝負。

東京でも強敵相手に崩れていないが、
馬力血統の同馬にとって東京は分が悪い。

一方で重い芝&直線急坂の阪神は、
血統通り「庭」である。

これまで6戦4勝、2着1回、
阪神では信頼の軸と言っていいだろう。

チャレンジCは上がりが重要なレース、
過去3年の3着内馬9頭中8頭が「上がり3位以内」
(詳細は事前検証を参照)

つまり当レースのテーマは、
上がり3位以内をマークできる馬を探し出すことだが、

この観点からもフルーキーは文句なし。

阪神での6戦全て「上がり3位以内」
(1位が4回、2位、3位が1回ずつ)

今回も上がり3位以内の可能性大、
となれば馬券圏内は堅いはず。

当レースは短縮ローテが有利だが、
同馬は昨年「延長ローテ」で2着しているので問題ない。
(しかも昨年と同じく叩き3戦目)

鞍上も強力、
デムーロは阪神芝1800Mに滅法強いのだ。

特に単勝20倍未満だと(15-8-8-19)
3着内率は60%を超えている。

回収率も単複共に120%オーバー、
当コースでは信頼度の高いジョッキー。

重賞では3度騎乗して2頭を好走させている。

11年鳴尾記念は4番人気レッドデイヴィス1着、
13年朝日CCは6番人気ハナズゴール3着。

フルーキーはデビュー3戦目以来の外国人ジョッキー騎乗、
重賞初制覇のお膳立ては整った。


○はヒストリカル。

同馬も阪神は得意、
特に阪神芝1800Mは重賞勝ちを含む3勝。

しかも前走上がり2位&今回短縮ローテ、
当レースでは文句なしの臨戦過程。

近5戦中4戦で「上がり2位以内」
これも強調できる実績。

さらに昨年の当レースを単勝15倍の伏兵で制した、
トーセンスターダムとは3/4同血。

2頭共にディープ産駒。

そしてトーセンスターダムの2代母エヴリウィスパーと、
ヒストリカルの母ブリリアントベリーは全姉妹。

騎手面でも非常に期待値が高いパターン、
今回はルメールに乗り替わるが、

前走日本人ジョッキーだったディープ産駒が、
外国人ジョッキーに乗り替わった時の芝重賞成績は、

13年以降(12-5-4-27)
3着内率44%という高い好走率をマーク。

単勝回収率252%、複勝回収率147%、
馬券圏内の半数以上は4番人気以下と配当妙味十分。

最近では新潟記念6番人気1着パッションダンス、
ローズS7番人気1着タッチングスピーチをはじめ、

JC7番人気2着ラストインパクトも記憶に新しい。
(同馬は☆に抜擢)

このラストインパクト同様、
ヒストリカルはデビュー以来初の外国人ジョッキー騎乗。

より効果は大きいはず。

晩成クラフティワイフ一族ということも合わせると、
デビュー以来「最高のパフォーマンス」が期待できる。


しかも当レースは外国人ジョッキーが活躍、
現在の施行条件となった12年以降(1-1-1-1)

4頭全馬「掲示板」
3着内率75%、複勝回収率330%をマーク。

14年5着ダイワマッジョーレ(7番人気)

13年1着アルキメデス
13年2着カワキタフウジン(9番人気)
13年3着ハナズゴール(6番人気)

昨年は人気薄ダイワマッジョーレが善戦、
一昨年はきれいに馬券圏内独占で3単11万馬券。

カワキタフウジンはルメール、ハナズゴールはデムーロ、
やはり頼りになるジョッキー。

ちなみに上記4頭はディープ産駒ではないが、
全馬「前走日本人ジョッキー」だった。

フルーキー、ヒストリカルも「前走日本人ジョッキー」
(後者はディープ産駒なので特に期待値が高いパターン)


以上がメルマガからの抜粋文。

結果はフルーキー、ヒストリカルのワンツー、
やはり2頭が抜けていた。

にもかかわらず馬単が1000円以上ついたのは、
56キロ以上が全滅というデータがあったからだろう。

これは浅はかなデータだったことが明白、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


当レースは56キロ以上の重ハンデ馬が、
12年以降で全滅というデータがあるものの、

それは馬券圏内の3席の内、
2席を55キロ馬が占拠していることが理由。

その55キロ馬が今年は1頭のみ、
となると今年は重ハンデ馬に出番があってもいいだろう。

55キロ牝馬のハナズゴールが好走していることからも、
(牝馬は2キロのセックスアローワンス)

重ハンデ馬にとって鬼門のレースと決め付けるのは早計。


以上がメルマガからの抜粋文、
結果はアッサリとデータを覆して57キロ馬が1着、2着。

世間に浸透しているデータを疑ってかかることも大切、
今週の朝日杯FSにもそういうデータがある。

そしてチャンレンジC同様「一騎打ち」の公算が高く、
焦点は「3着争い」か。

いろんな意味で朝日杯FSはチャレンジCと似ている。
(コースも同じ阪神外回り)


今週はもちろん朝日杯FSを単発で提供、
本日19時に販売開始。

価格は税込みでジャスト1000円、
購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

ページの先頭へ