競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼93 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
無料メルマガの結果
2015/12/17 16:00:00
テーマ: 未設定
本日は先週の無料メルマガの結果報告。

無料メルマガでは期間限定で週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

レース当日の13時に配信。
(土日のどちらか)


3週前の厳選1頭は、
JCからラストインパクトを抜擢。

結果は単勝23倍の人気薄ながら2着。
(勝ち馬とはクビ差)

ラストインパクトの推奨理由は、
無料メルマガのサンプルとして紹介中。

詳細はこちら→競馬データぶろぐの無料メルマガ


先々週の厳選1頭は、
チャンピオンズCからロワジャルダン(単勝27倍)を抜擢。

最後の最後にサウンドトゥルーの強襲にあって4着、
ホッコータルマエを交わした時は3着だと思ったが。

1~3着馬は1、2枠の3頭、
一方でロワジャルダンは大外8枠16番。

それを考えれば大健闘と言っていいだろう。
(2着ノンコノユメとはクビ、アタマ差)

馬券にならなければ意味はないが、
悪くない分析結果だったと思う。

無料メルマガで紹介したファクターは、
サンビスタ、ノンコノユメも該当していた。


そして先週の厳選1頭、
週中のブログではこうお伝えしていた。

「今週推奨する予定の穴馬も、
人気以上に走ることは間違いないと思っているので、

あとは馬券圏内に来てくれることを願うのみ。
(4着だけは勘弁)

先々週のラストインパクト、先週のロワジャルダン同様、
今回が絶好の狙い目」


これは阪神JFのウインファビラスのことだったわけだが、
結果は単勝33倍の10番人気で2着激走。

以下は先週配信した無料メルマガの全文。


阪神JF 推奨穴馬
7枠13番ウインファビラス

ステイゴールド産駒は成長力もあるが仕上がりも早く、
2歳芝重賞での成績が抜群にいい。

単勝万馬券を除くと、
06年以降(5-4-8-19)

3着内率47%、
単勝回収率193%、複勝回収率148をマーク。

ナカヤマフェスタやゴールドシップは2歳戦から活躍、
ドリームジャーニーも2歳王者。

牝馬に限ると3着内率は50%オーバー、
回収率も単複共に180%を超えている。

一昨年はレッドリヴェールが札幌2歳S、阪神JF連勝、
昨年はココロノアイがアルテミスS、阪神JFで連続好走。

今年もウインファビラスやクロコスミアが穴連発。
(新潟2歳S、札幌2歳S、アルテミスS)

阪神JFでは2年連続で1頭ずつしか出走していなかったが、
(単勝万馬券は除く)

ピンポイントで好走中。
(5番人気レッドリヴェール、4番人気ココロノアイ)

そして今年は大挙5頭出走、
好走率から考えると複数が馬券になっても不思議ではない。

アドマイヤリード、ウインファビラス、ウインミレーユ、
クロコスミア、ペルソナリテ。


阪神JFはキャリア4戦馬に注目、
単勝万馬券を除くと(0-3-1-5)

9頭中8頭が伏兵だったにもかかわらず、
(単勝10倍以上)

3着内率44%、複勝回収率425%、
期待値が非常に高くなっている。

12年2着クロフネサプライズ(15番人気)
11年2着アイムユアーズ(8番人気)
10年2着ホエールキャプチャ(4番人気)
10年3着ライステラス(8番人気)

該当馬は過去5年で9頭と非常に少ないが、
内3年で人気薄が激走している。

10年は該当馬2頭(4、8番人気)が共に馬券圏内、
11年は8番人気アイムユアーズが6万馬券を演出。

12年は15番人気クロフネサプライズ2着で大波乱。
(3単304万馬券)

2歳G1だけに「キャリア」が武器になっている印象、
多すぎず少なすぎない「4戦」が絶妙。

4戦もしているということで「地味なタイプ」が多く、
これが高い回収率に繋がっている。

近2年は該当馬が1頭ずつで不発に終わっているが、
好走率を考えると今年は要注意。

今年は該当馬3頭、
ウインファビラス、ジェントルハート、メイショウスイヅキ。


ウインファビラスは、
ステイゴールド産駒でキャリア4戦。

前走新潟2歳Sは12番人気ながら☆に抜擢した馬、
世間の想像以上に能力は高い。

ロードクエストにはちぎられたものの、
同馬も3着以下を離している。

前走は同馬の持ち味を生かせずに5着止まり。
(高速上がり勝負も向かなかった)

今回は好位からしぶとさを発揮すれば巻き返し可能。

しかも2歳G1に強い血統背景。
(父ステイゴールド、母父アドマイヤコジーン、母母父ジェイドロバリー)

ステイゴールドは牡馬、牝馬共に2歳チャンピオンを輩出。
(ドリームジャーニー、レッドリヴェール)

アドマイヤコジーンは自身が2歳王者、
代表産駒アストンマーチャンは阪神JFでウオッカの2着。

ジェイドロバリーも自身が2歳時に仏G1制覇、
代表産駒ヤマカツスズランは2歳女王。

昨年の2着馬レッツゴードンキも「母母父ジェイドロバリー」

さらにウインファビラスは一族に2歳G1馬ラッキーゲランがいる。
(阪神JFの前身である阪神3歳Sの勝ち馬)


このようにウインファビラスは、
2歳G1に強い血が詰まっている。

33秒台の末脚が要求された前走アルテミスSは切れ負け。
(直線の進路取りも失敗)

叩き台の意味合いも強かった中での掲示板確保は及第点。

今回は叩き2戦目で前進必至、
しかも阪神JFは高速上がりが必要なし。
(過去5年のレースの上がりは35.2)

今年の馬場は例年以上にタフな印象、
これは同馬にとって追い風だろう。

父ステイゴールドは言うまでもないが、
(昨日の阪神芝でも8R、10Rで人気薄が勝利)

母父アドマイヤコジーンもタフな馬場は大得意、
自身は不良の東京新聞杯制覇。

産駒も道悪巧者のオンパレード、
アストンマーチャンは不良のスプリンターズS制覇。

スノードラゴンも不良の高松宮記念2着、
マジンプロスパーは重のCBC賞制覇。

当レースの典型的な穴パターン、
キャリア4戦というのも魅力。

さらに近年の阪神JFは「関東馬の激走」が定番、
単勝50倍以上を除くと08年以降(2-4-5-10)

3着内率52%、複勝回収率223%、
半数が好走している上に回収率も非常に優秀。

14年1着ショウナンアデラ(5番人気)
14年3着ココロノアイ(4番人気)

13年3着フォーエバーモア(8番人気)

12年3着レッドセシリア(10番人気)

11年2着アイムユアーズ(8番人気)
11年3着サウンドオブハート

10年2着ホエールキャプチャ(4番人気)
10年3着ライステラス(8番人気)

09年1着アパパネ
09年2着アニメイトバイオ(5番人気)

08年2着ダノンベルベール

現在7年連続で好走中、
人気薄の激走も頻繁に発生している。

栗東滞在していなくても穴をあけている点は見逃せない。
(レッドセシリアやフォーエバーモアなど)

キャリア4戦の関東馬で人気薄、
血統も文句なしとなれば狙わない手はないだろう。


今週の推奨穴馬は、
阪神JFのウインファビラス。


以上が無料メルマガの全文。

無料とは思えない質と量、
他では決して見ることができないデータの宝庫。

これを読んでウインファビラスを買わない人間はいない、
そのくらい「絶好の狙い目」だったわけである。

これだけ買い材料に溢れていたにもかかわらず、
二桁人気だったのが不思議でたまらない。


そして今週推奨する予定の「厳選1頭」も、
JCのラストインパクトや阪神JFのウインファビラス同様、

絶好の狙い目と言える大穴馬、
人気以上に走ることは間違いないと思っている。

無料メルマガは期間限定なので、
この機会をお見逃しなく。

無料とは思えないクオリティーでお送りするので、
今週もお楽しみに。

無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

リンク先にサンプルもあり。
(ラストインパクトの推奨文)

ページの先頭へ