競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼95 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
苦戦の原因
2015/12/11 12:00:00
テーマ: 未設定
ブログの移転に伴い、
先月からブログランキングの参加を一時取り止め。

これはお伝えした通りだが、
(来年に再び参加する予定)

ランキングから当ブログに訪問していた方は、
フォローという便利な機能があるので、

ぜひご利用していただければと思う。
(更新情報の通知を受け取れるようになる)

では本日の本題。


データは機能しているにもかかわらず、
それを生かせていないことが苦戦の原因か。

先週のステイヤーズSが典型例。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(レース前日に配信する事前検証)


ステイヤーズSはタフな冬の中山で行われるマラソンレース、
重要なのは「スタミナと馬力」

軽い芝の東京や京都の非重賞戦でも勝ち切れなかったような馬が、
スタミナと馬力が要求される当レースで一変する。

前走東京や京都芝の非重賞戦で、
0.3~0.8差に惜敗していた馬の好走率が特に高い。
(馬場状態は不問)

03年以降(1-5-2-10)

前走非重賞戦で負けていたので当然人気になりづらく、
該当馬18頭全馬「4番人気以下」

内9頭が「二桁人気」だったにもかかわらず、
18頭中13頭が「掲示板」

3着内率44%、複勝回収率336%という圧巻の成績。

該当馬18頭の中で、
人気よりも着順が下回った馬は1頭しかいない。

他17頭は人気以上の着順、
ほとんどが「人気を大きく上回る走り」を見せている。

14年4番人気2着
ファタモルガーナ(アイルランドT0.6差)

13年4番人気2着
ユニバーサルバンク(前走アンドロメダS0.3差)

12年4番人気2着
ファタモルガーナ(前走オクトーバーS0.7差)

12年11番人気4着
セイカプレスト(前走比叡S0.6差)

11年6番人気2着
イグアス(前走比叡S0.4差)

10年6番人気ハナ差4着
モンテクリスエス(前走アンドロメダS0.6差)

09年13番人気2着
ゴールデンメイン(前走アンドロメダS0.5差)

08年11番人気3着
トウカイエリート(前走アンドロメダS0.6差)

04年13番人気3着
テイエムジェネラス(前走高雄特別0.5差)

04年9番人気クビ差4着
ダディーズドリーム(前走古都S0.6差)

03年6番人気1着
チャクラ(前走ドンカスターS0.4差)

毎年のように人気薄が好走。
(05、06年は該当馬なし)

03年の勝ち馬チャクラは6番人気、
04年の3着馬テイエムジェネラスは単勝177倍の超人気薄。

08年以降は以前にも増して機能している。

08年は該当馬1頭が11番人気3着、
09年も該当馬1頭が13番人気2着。

10年のみ不発に終わったが、
(それでも該当馬2頭が6番人気ハナ差4着、単勝万馬券で7着)

11年は該当馬1頭が6番人気2着、
12年は該当馬2頭が4番人気2着&11番人気4着。

一昨年は該当馬2頭中、
4番人気ユニバーサルバンクが2着。

昨年は該当馬3頭中、
4番人気ファタモルガーナが2着。

該当馬は毎年少ないが、
伏兵がピンポイントで好走しているのだ。

今年の該当馬は4頭。

カノン(前走比叡S0.7差)
カムフィー(前走ノベンバーS0.4差)
ゴッドフロアー(前走比叡S0.8差)
トゥインクル(前走比叡S0.4差)


以上がメルマガからの抜粋文。

長年機能しているステイヤーズSの伝統データ、
回収率300%を超える優れもの。

今年も該当馬は全馬「4番人気以下」
相変わらず人気にならないカテゴリー。

3着内率44%を考えると、
4頭中2頭は馬券になる可能性が高かった。

ゴッドフロアーはさすがに無印としたが、
(マラソンレースでは狙えない血統背景)

ステイヤーズSの軸は上記データの該当馬から選ぶのが定石、
ということで◎は3択。

3頭の中から◎に抜擢したのはカノン、
単勝32倍の人気薄だった同馬から1頭軸マルチで高配当狙い。

しかしカノンは大外枠から掛かってレースにならず、
この馬が掛かるとは思わなかったが。

そして他2頭(カムフィー、トゥインクル)が、
それぞれ4番人気、7番人気で馬券圏内に好走。

これで該当馬が5年連続連対、
来年以降も有効なデータであることは間違いない。
(該当馬は毎年少ない)

それにしても3択の中から、
唯一の外れを引いてしまうセンスのなさ。

今週こそは自分のデータを生かしたいところ、
有効なデータは揃っている。

今週はチャレンジC、カペラS、阪神JFの3本立て、
どれも高配当が期待できるメンバー構成。

ページの先頭へ