競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼93 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
無料メルマガの結果
2015/12/10 08:00:00
テーマ: 未設定
本日は先週の無料メルマガの結果報告。


無料メルマガでは期間限定で週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

レース当日の13時に配信。
(土日のどちらか)


先々週の厳選1頭は、
JCからラストインパクトを紹介。

結果は単勝23倍の人気薄ながら2着。
(勝ち馬とはクビ差)

ラストインパクトの推奨理由は、
無料メルマガのサンプルとして紹介中。

詳細はこちら→競馬データぶろぐの無料メルマガ


そして先週の厳選1頭は、
チャンピオンズCからロワジャルダンを紹介。

結果は単勝27倍の人気薄ながら4着とあと一歩。
(2着馬とはクビ、アタマ差)

馬券にならなければ意味はないが、
悪くない分析結果だったと思う。

以下は先週配信した無料メルマガの全文。


チャンピオンズC 推奨穴馬
8枠16番ロワジャルダン

07年以前は東京ダ2100M、08年以降は阪神ダ1800M、
そして昨年から中京ダ1800M。

当レースは施行条件がよく変わっているが、
(昨年から名称も変更)

前走JRAのダートで4着以内だった好調馬の成績が優秀、
特にキャリアの浅い馬。

前走JRAダートで4着以内&キャリア25戦以下だった馬は、
単勝50倍以上を除くと04年以降(5-5-5-18)

3着内率46%、
単勝回収率148%、複勝回収率187%をマーク。

格下だが「勢い」のある馬の好走が特に目立つ。

14年8番人気2着
ナムラビクター(前走みやこS3着、キャリア18戦)

14年3番人気3着
ローマンレジェンド(前走エルムS1着、キャリア19戦)

13年3番人気1着
ベルシャザール(前走武蔵野S1着、キャリア15戦)

12年6番人気1着
ニホンピロアワーズ(前走みやこS2着、キャリア21戦)

12年9番人気3着
ホッコータルマエ(前走みやこS3着、キャリア10戦)

11年5番人気2着
ワンダーアキュート(前走みやこS4着、キャリア21戦)

10年1番人気1着
トランセンド(前走みやこS1着、キャリア14戦)

10年8番人気2着
グロリアスノア(前走武蔵野S1着、キャリア13戦)

09年5番人気2着
シルクメビウス(前走トパーズS1着、キャリア13戦)

09年12番人気3着
ゴールデンチケット(前走ブラジルC2着、キャリア13戦)

07年6番人気2着
フィールドルージュ(前走武蔵野S4着、キャリア21戦)

06年7番人気1着
アロンダイト(前走銀蹄S1着、キャリア7戦)

06年8番人気3着
フィールドルージュ(前走武蔵野S3着、キャリア14戦)

05年1番人気1着
カネヒキリ(前走武蔵野S2着、キャリア10戦)

04年7番人気3着
ジンクライシス(前走ブラジルC1着、キャリア9戦)

08年は該当馬なし、
つまり該当馬が存在すれば必ず機能している。

格下に見られている馬が多いので、
人気薄激走のオンパレードとなっている。

今年の出走馬の中で該当するのは4頭。

ナムラビクター(前走シリウスS3着、キャリア23戦)
ノンコノユメ(前走武蔵野S1着、キャリア9戦)
ローマンレジェンド(前走みやこS3着、キャリア25戦)
ロワジャルダン(前走みやこS1着、キャリア11戦)


さらに当レースは、
キングマンボの血に注目。

新装中京ダ1800Mの重賞はこれまで4鞍行われたが、
(13年以降の東海S、昨年のチャンピオンズC)

3代内にキングマンボ自身を内包した馬は、
単勝万馬券を除くと(1-2-1-6)

10頭中7頭が「掲示板」
3着内率40%、複勝回収率103%をマーク。

<15年東海S>
2着9番人気グランドシチー

<14年チャンピオンズC>
1着2番人気ホッコータルマエ
4着15番人気サンビスタ

<14年東海S>
2着3番人気グランドシチー

<13年東海S>
3着1番人気ホッコータルマエ
4着7番人気ソリタリーキング

4鞍全てで好走馬が出ている。

今年の東海Sは該当馬が単勝46倍グランドシチー1頭だったが、
ピンポイントで2着。

昨年のチャンピオンズCではホッコータルマエが快勝、
ブービー人気のサンビスタも4着と大善戦。

今年のチャンピオンズCも、
キングマンボ内包馬の激走に要注意。

グランドシチー
サンビスタ
ダノンリバティ
ホッコータルマエ
ロワジャルダン


上記2つのファクターに該当するロワジャルダン、
大穴の資格は十分あるはず。

前走みやこSは高速馬場、内枠有利、差し有利、
つまり完全に嵌ったレース。

祖母は名牝スキーパラダイス、
近親には芝の一流馬が多数という良血なので、

軽いダートは大得意、
そして2番ゲートから道中は後方。

枠順、展開、馬場全てが向いた一戦ったので、
前走は過大評価禁物と言えるが、

格下だが「勢い」のある馬の激走、
これがチャンピオンズC(JCダート)の特徴。

格下に見られている馬が多いので、
人気薄激走のオンパレードとなっているが、

今年のメンバーでは、
ロワジャルダンがドンピシャで該当する。

キングマンボの血も不気味。


しかも全兄には、
09年のJCダートで大穴をあけたゴールデンチケット。
(12番人気3着)

近親のコンテッサトゥーレは今年の桜花賞で8番人気3着、
キャプテントゥーレも皐月賞制覇は7番人気でのもの。

祖母スキーパラダイスのG1制覇も7頭中5番人気。
(ムーランドロンシャン賞)

相手強化を苦にしない血統背景、
ロワジャルダンもG1激走の雰囲気が漂っている。

この一族の重賞回収率は100%を超えているように、
人気薄での重賞好走が非常に多いのだ。


今週の推奨穴馬は、
チャンピオンズCのロワジャルダン。


以上が無料メルマガの内容。

2つのデータを紹介、
そして2つ共に該当していたのがロワジャルダン。

これで人気薄となれば狙わない手はなかったが、
(しかも人気薄でこその一族)

最後の最後にサウンドトゥルーの強襲にあって4着、
ホッコータルマエを交わした時は3着だと思ったが。

1~3着馬は1、2枠の3頭、
一方でロワジャルダンは大外8枠16番。

それを考えれば大健闘と言っていいだろう。
(2着ノンコノユメとはクビ、アタマ差)


1つ目のデータ(キャリアの浅い好調馬)は、
チャンピオンズCの伝統。

04年以降で不発に終わったことは一度もなかったが、
今年も3番人気ノンコノユメが2着。

3強の中では最も信頼できる馬として、
素直に○を打っている。

2つ目のデータ(キングマンボの血が有効)は、
新装中京ダ1800Mの重賞で必ず機能していたが、

今回も12番人気サンビスタが1着、
今後も継続する可能性大なので注目しておいて損はない。

サンビスタを推奨できれば最高だったが、
これは難しかったというのが本音。


今週の無料メルマガにおいても、
読者様に役立つデータを紹介できればと思う。

そして今週推奨する予定の穴馬も、
人気以上に走ることは間違いないと思っているので、

あとは馬券圏内に来てくれることを願うのみ。
(4着だけは勘弁)

先々週のラストインパクト、先週のロワジャルダン同様、
今回が「絶好の狙い目」

無料メルマガは期間限定なので、
この機会をお見逃しなく。

無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

リンク先にサンプルもあり。
(先々週の厳選1頭ラストインパクトの推奨文)

ページの先頭へ