競馬データぶろぐ。

09年にメルマガを創刊して今年で8年目。13年5月には売上1億円突破。今年は昨年(15年)の反省を踏まえて奮闘中。13年(129%)や14年(137%)を上回ることが目標。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼96 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%
15年の年間回収率62.3%
16年の回収率(11月終了時点)70%

勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりのメルマガ量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
先週の厳選1頭は
2015/12/02 08:00:00
テーマ: 未設定
本日は無料メルマガの結果報告。


無料メルマガでは期間限定で週に1頭、
重賞レースの中から「厳選の穴馬」を紹介。

もちろん推奨理由も詳しく記載。
(独自の分析結果)

レース当日の13時に配信。
(土日のどちらか)


厳選1頭は☆の中から選択。
(☆は最も魅力的な穴馬に打つ印)

☆は自分の「馬券の肝」
これまで数々の高額配当的中に貢献してくれている。

今年の☆は約半数が掲示板。
(114頭中53頭が掲示板)

人気薄の4、5着も多いので3着内率は27%だが、
(114頭中31頭が馬券圏内)

平均「7.8番人気」を考慮すれば高い好走率、
複勝回収率も120%に達している。


先週の3重賞(京都2歳S、JC、京阪杯)の☆は、
ジョルジュサンクラストインパクトサトノルパン

それぞれ7、7、4番人気、
単勝オッズは20.4倍23.9倍15.6倍という伏兵。

結果はサトノルパンが1着、ラストインパクトがクビ差2着、
ジョルジュサンクはクビ差4着。

ジョルジュサンクはお約束の掲示板止まりだったが、
サトノルパンは単勝1.5倍ビッグアーサーを撃破。

そしてラストインパクトはあわやの2着、
このラストインパクトを無料メルマガで紹介。

以下は先週配信した無料メルマガの全文。


JC 推奨穴馬
3枠6番ラストインパクト

JCのトレンドと言えば、
何と言っても「外国人ジョッキーの活躍」

外国人ジョッキーが騎乗した日本馬の成績は、
01年以降(6-5-6-22)

3着内率44%、
単勝回収率160%、複勝回収率127%をマーク。

14年4番人気1着
エピファネイア(スミヨン騎乗)

13年1番人気1着
ジェンティルドンナ(ムーア騎乗)

13年11番人気3着
トーセンジョーダン(ビュイック騎乗)

12年2番人気3着
ルーラーシップ(ウィリアムズ騎乗)

11年6番人気2着
トーセンジョーダン(ウィリアムズ騎乗)

10年1番人気2着(1位入線)
ブエナビスタ(スミヨン騎乗)

10年8番人気3着
ヴィクトワールピサ(ギュイヨン騎乗)

09年1番人気1着
ウオッカ(ルメール騎乗)

08年9番人気1着
スクリーンヒーロー(デムーロ騎乗)

07年4番人気2着
ポップロック(ペリエ騎乗)

05年2番人気2着
ハーツクライ(ルメール騎乗)

05年1番人気3着
ゼンノロブロイ(デザーモ騎乗)

04年1番人気1着
ゼンノロブロイ(ペリエ騎乗)

04年2番人気2着
コスモバルク(ルメール騎乗)

03年1番人気3着
シンボリクリスエス(ペリエ騎乗)

02年1番人気3着
シンボリクリスエス(ペリエ騎乗)

01年2番人気1着
ジャングルポケット(ペリエ騎乗)

01年以降の過去14回中13回で、
外国人ジョッキーが騎乗した日本馬が好走、

現在8年連続で好走中、
昨年はスミヨンが騎乗したエピファネイアが圧勝。

近年は人気薄の激走も頻繁に発生、
一昨年はトーセンジョーダンが22万馬券を演出。

今年も外国人ジョッキー騎乗の日本馬に要注意。

サウンズオブアース(デムーロ)
ラストインパクト(ムーア)
ペルーサ(ルメール)


ラストインパクトの前走秋天は、
2コーナーでダコールの進路を妨害したが、
(騎手に過怠金)

この馬自身も内ラチに接触してバランスを崩し、
しかも直線では進路が開かなかったので満足に追えず。

全く力を出し切っていないので、
完全に参考外の一戦と見ていい。

有馬記念でも前が開かずに脚を余しながら0.2差、
距離が長かった3200Mの春天でも0.2差。

G1で勝負できる能力の持ち主、
それは金鯱賞のパフォーマンスからも伺える。

今回はデビュー以来初となる外国人ジョッキーが騎乗、
しかもムーアとくれば期待大。

同馬の能力を最大限に引き出してくるはず。
(ただでさえJCは外国人ジョッキーの日本馬が好成績)

近親にビワハヤヒデ、ナリタブライアン、キズナ、ファレノプシス、
血統的にも大舞台でこその馬。

父ディープなのでキズナと似た配合というのも心強い。
(キズナは東京芝2400MのG1ホース)


期待値が高い外国人ジョッキーの日本馬だが、
特に同馬はその効果が大きいように思う。

G1で能力を出し切れないレースが多々あったが、
(菊花賞、有馬記念、秋天など)

ついに外国人ジョッキーが騎乗、
デビュー以来「最高のパフォーマンス」が期待できる。

しかも内枠をもらったので言うことなし、
JCの穴は内枠に潜んでいる可能性が高いのだ。

07年以降は全て「16頭立て以上」の多頭数競馬だが、
4番人気以下で馬券圏内に好走した12頭中9頭が「一桁馬番」

14年4番人気1着
エピファネイア(4番ゲート)

13年7番人気2着
デニムアンドルビー(9番ゲート)

13年11番人気3着
トーセンジョーダン(5番ゲート)

11年14番人気3着
ジャガーメイル(1番ゲート)

10年4番人気1着
ローズキングダム(6番ゲート)

10年8番人気3着
ヴィクトワールピサ(2番ゲート)

09年6番人気3着
レッドディザイア(6番ゲート)

07年5番人気1着
アドマイヤムーン(4番ゲート)

07年4番人気2着
ポップロック(2番ゲート)

デニムアンドルビー以外の8頭は、
「6番ゲートより内枠」

22万馬券を演出したトーセンジョーダンや、
32万馬券を演出したジャガーメイルも内枠を生かしての激走だった。
(2頭共に単勝万馬券)

外国人ジョッキー騎乗で内枠、
能力、血統も文句なしのラストインパクト。

ちなみに同馬は、
全7勝が「7番ゲートより内」という内枠巧者でもある。

出走馬の中で最も上積みがある馬、
今年のJC「最大の穴」だろう。


今週の推奨穴馬は、
JCのラストインパクト。


以上が無料メルマガの内容。

これを読んでラストインパクトを買わない人間はいない、
そのくらい「絶好の買い時」だったわけである。

京阪杯のサトノルパンも、
ラストインパクトに負けず劣らずの狙い目だったので、

どちらを無料メルマガで紹介するか迷ったが、
結果的にどちらでも正解だった。

もちろん今週の3重賞も人気薄に☆を打つ予定だが、
(ステイヤーズS、金鯱賞、チャンピオンズC)

先週のラストインパクト、サトノルパン同様、
今回が「絶好の狙い目」という面々。

その内の1頭を無料で紹介、
魅力溢れる穴馬を推奨するのでお見逃しなく。

馬連、馬単、ワイド、
さらに3連複、3連単などの配当を跳ね上げてくれるはずだ。

無料メルマガのお申込みは、
こちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

リンク先のサンプルでは、
京阪杯で☆を打ったサトノルパンの見解を特別公開中。
(明日までの期間限定)

ページの先頭へ