競馬データぶろぐ。

クイーンC一撃炸裂、◎アールドヴィーヴル(5人気)から馬連3点勝負で回収率843%、リフレイム無印。直近7ヶ月の◎は(21-14-12-30)3着内率61%、複回収率104%。必殺の人気馬斬りも必見。09年メルマガ創刊、13年5月に累計売上1億円突破、今年2月で13年目突入

このブログをフォロー
いいね330 コメント27
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で13年目に突入。
(レジまぐではダントツの老舗メルマガ)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字以上が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2021年3月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
血統的に相手強化&人気落ちは大好物のショウリュウイクゾ
2021-01-21 14:30:00
テーマ: 未設定
いいねする
先週の日経新春杯は新聞の印もオッズも完全に2強の様相だったが、
アドマイヤビルゴ、ヴェロックス共に半信半疑で相手まで。

少なくとも軸にするのはありえない状況、
そして3番人気ダイワキャグニーは無印。

ヴェロックスに関しては血統以外にも問題点あり、
長期休養明けを叩いた上積みは世間が思うほどないと明記。

そして1~3番人気は揃って惨敗したわけだが、
(ヴェロックス9着、アドマイヤビルゴ10着、ダイワキャグニー12着)

分析的には想定内の結果、
自分のメルマガは消える人気馬を知りたい方も必見。


というわけで本日のランキング内では、
枠順発表前の東海Sの穴候補その2を紹介中。

サンタクィラの牝馬クロスが魅力のこの馬。
(↓ここをクリック)
banner_br_ume.gif
人気ブログランキング
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。


先週の日経新春杯は上位人気(5番人気以内)の中で、
馬券に絡んだのは4番人気クラージュゲリエのみ。

そのクラージュゲリエが◎、上位人気の中で唯一信頼できる馬、
この状況で走らないとは考えづらいとお伝えした。

クラージュゲリエ◎の決め手は「母父ロベルト系」
父か母父ロベルト系はクラージュゲリエ、ミスマンマミーアの2頭のみだった。

ロベルトの破壊力は相変わらず凄まじいが、
この2頭を振り切ったのは7番人気ショウリュウイクゾ。

以下は自身のメルマガからの抜粋文、
アドマイヤビルゴは余裕で逆転できると明記して☆に抜擢。


穴の宝庫「B」に該当している唯一の馬、
Bは3着内率53%、複勝回収率154%。

人気に制限を付けない状態で半数以上が馬券に絡んでいる。
(データの詳細は事前検証や前回のメルマガ参照)

5番人気以下で馬券に絡んだ馬は過去5年で4頭いるが、
4頭全て「B」の該当馬だった。

20年2着レッドレオン(5番人気)
20年3着エーティーラッセン(11番人気)

19年2着ルックトゥワイス(5番人気)

18年3着ガンコ(7番人気)

3年連続で「5番人気以下のB」が好走中、
となればショウリュウイクゾを狙わないわけにはいかないだろう。


馬自身の観点からも前走から条件は大幅に好転、
前走は短縮激走後の反動、そもそも距離不足で参考外。

今回は反動から解放される上に距離延長、
大幅なパフォーマンスアップが見込める状況。

前々走は今回と同じ中京芝2200Mでアドマイヤビルゴと0.2差、
斤量はショウリュウイクゾの方が2キロ重かった。

しかし今回は逆にショウリュウイクゾの方が3キロ軽い、
机上の計算ではあるがアドマイヤビルゴは余裕で逆転できる。

にもかかわらず人気は雲泥の差、
ショウリュウイクゾを買わない選択肢はないだろう。

直線の長いコースの中長距離がベスト、
しかも相手強化でこその血統背景、格上挑戦の今回が狙い目。

母ショウリュウムーンはチューリップ賞でアパパネを撃破、
未勝利を勝ち上がったばかりだったので単勝39倍と全く人気がなかった。

朝日CC(牡馬G3)は出走馬17頭の中で唯一の牝馬という状況で差し切り勝ち、
相手が強い時に走るタイプだった。

ショウリュウムーンは重賞3勝全て直線の長いコース、
そして5、6、9番人気での勝利。



以上がメルマガからの抜粋文。

さすがは穴に宝庫「B」の該当馬、
これで4年連続「5番人気以下のB」が好走となった。

さらに直線の長いコースの中長距離、相手強化、人気薄、
ショウリュウイクゾの得意パターンが揃い踏み。

前走まで7戦連続で1、2番人気、
人気先行タイプが今回はデビュー以来で最も人気がない状況。

まさに絶好の狙い目だったのである。
(アドマイヤビルゴより下の印はありえない)

母ショウリュウムーン同様、人気薄での重賞初制覇、
競馬はブラッドスポーツ、牝系分析は馬券検討に相当有効。

今週の2重賞にも絶好の狙い目と言える穴馬が存在、
楽しみに配信をお待ちいただければと思う。

1レース1万文字以上を誇るメルマガの使い方は会員様によって様々、
分析やデータを参考に買い目を決めるという方のお役にも立てる内容。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き※リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

海外競馬予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の海外競馬

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキング

TOP