競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね326 コメント27
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目に突入。
(レジまぐではダントツの老舗メルマガ)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字以上が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2020年8月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
RSS
RSSフィード RSS
同開催の結果は宝の山
2020-07-22 14:30:00
テーマ: 未設定
いいねする
父マクフィは英2000ギニーやジャックルマロワ賞を勝った名マイラー。
(ジャックルマロワ賞ではG1・14勝の女傑ゴルディコヴァを撃破)

種牡馬としても実績十分、
欧州でクラシックホース、ニュージーランドでは年度代表馬を輩出。

さすがは大種牡馬ドバウィの後継、
世界各地で大活躍、そして17年から日本で供用されている。

種付け頭数は3年連続で100頭超え、
現2歳世代が初年度産駒となる。

早い時期から走れる血統、実際に大井ではすでにOP勝ち馬が出現。
(デビュー2連勝のマテーラフレイバー)

ルーチェドーロはダート1000Mでデビュー勝ち、
ラストは完全に流したにもかかわらずレコード。

非凡なスピードを見せつける強い内容、
ダートでかなりの出世が見込める器だろう。

今回は芝替わりがポイントだが、
母アラフネはデビュー2連勝ですずらん賞を制した洋芝巧者。



これは先週に配信したメルマガの内容、
函館2歳Sに出走したルーチェドーロについて記述したもの。

マクフィ産駒が2歳戦から活躍できるのは容易に想像できたこと、
予測と結果を照らし合わせながら新種牡馬データを集計中。

これはワクワクが止まらない作業、
いずれにしても使えるデータが盛り沢山になることだろう。

2歳重賞では出し惜しみせずにお伝えするのでお楽しみに、
というわけで本日のランキング内では個人的に注目している新種牡馬を紹介中。

ズバリこの種牡馬。
(↓ここをクリック)
banner_br_ume.gif
人気ブログランキング
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。


先週の中京記念は7~8枠が1~3着を独占して大波乱、
馬連800倍、3連単は330万馬券。

外枠が有利になるというのは事前から明らかだったこと、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


今開催の阪神芝1600Mは外枠優勢、
古馬1勝クラス以上8鞍の枠順別成績は以下の通り。

1~4枠(1-3-4-43)
5~8枠(7-5-4-52)

連対馬16頭中12頭が「5~8枠」
勝ち馬に至っては8頭中7頭が「5~8枠」

直近4鞍に限ると連対馬8頭全馬が「5~8枠」
勝ち馬4頭は「7~8枠」

<6月21日11R※米子S>
1着スマイルカナ(7枠15番)
2着ラセット(6枠12番※9番人気)

<7月4日7R※1勝クラス>
1着ラルナブリラーレ(8枠11番)
2着カレンシュトラウス(7枠10番)

<7月12日12R※シンガポールTC賞>
1着オールイズウェル(7枠13番)
2着サンライズローリエ(7枠12番※12番人気)

<7月18日12R※1勝クラス>
1着アーデンフォレスト(7枠15番※6番人気)
2着エアファンディタ(5枠9番)


米子Sのラセット(9番人気)は3角17番手から2着、
シンガポールTC賞のサンライズローリエ(12番人気)は3角12番手から2着。

そして昨日(土曜)の12Rのエアファンディタは、
3角14番手から大外をぶん回して2着。

阪神芝1600Mは後方からでも十分に間に合う状況、
いずれにしても狙うべきは「外枠」


今開催の阪神芝1600M(古馬1勝クラス以上)において、
枠順以外に顕著な傾向がもう1つある。

それはノーザンFが不振だということ、
タフな馬場コンディションが影響しているのだろう。

今開催の阪神芝1600Mの古馬1勝クラス以上8鞍で、
ノーザンF生産馬は(2-0-2-25)

天下のノーザンF生産馬とあって半数近くが5番人気以内に支持されたが、
連対まで来たのは僅かに2頭しかいない。

中京記念はノーザンFが強いレースだが、
今年に限っては苦戦する可能性は十分あり。



以上がメルマガからの抜粋文。

結果は7枠ー7枠ー8枠の順に入線、
馬場傾向的には納得の330万馬券。

ちなみに1~3着だけでなく、
上位8頭中7頭が「6~8枠」という偏り。

1番人気ギルデッドミラーは外枠だったがノーザンF生産馬、
そもそも同馬は外枠が大幅にマイナス。

外枠有利を生かせない馬だったのだ。
(その理由をメルマガで説明)


さらに枠順、生産者以外にもう一つ、
血統も明確な傾向が出ていた。

以下は自身のメルマガからの抜粋文、
今開催のタフな阪神を象徴する事象、3着内率50%は凄いの一言。


今開催の阪神芝1600M(古馬1勝クラス以上)は、
トニービンの血が効果的。

3代内にトニービンを持った馬は、
単勝30倍以上を除くと(4-3-1-8)

勝率25%、連対率44%、3着内率50%、
単勝回収率168%、複勝回収率150%。

ちょうど半数が馬券絡み、
機械的に単複を買い続けるだけでもプラスになっている。

しかも現在6鞍連続で連対中、
詳細を見てみると、

小豆島特別は5番人気エングローサー2着、
翌日の8R(1勝クラス)はサンライズオネスト1着。

米子Sは9番人気ラセット2着、
7月4日の7R(1勝クラス)はラルナブリラーレ、カレンシュトラウスのワンツー。

シンガポールTC賞はオールイズウェル1着、
そして昨日(土曜)の最終12R(1勝クラス)は6番人気アーデンフォレスト1着。

アーデンフォレストは単勝30倍未満で唯一のトニービン持ちだったが、
中京記念もラセットが唯一のトニービン持ち、しかも人気薄。



以上がメルマガからの抜粋文。

そしてラセットは6番人気ながら2着、
前日の12Rに続いて3代内トニービン持ちがピンポイントで好走。

今開催の阪神芝1600M(古馬1勝クラス以上)において、
トニービン持ちは7鞍連続連対となった。

外枠、非ノーザン、トニービン持ち、
まさにラセットは馬場傾向にピッタリの馬だったのだ。

夏競馬は馬場傾向(血統傾向)が明確に出やすく、
同開催の結果は「宝の山」と言っていい。

自身のメルマガは当該レースだけでなく、
他レースの馬券検討に役立つデータが満載なのも特徴の1つ。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり※必殺の2強斬り

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

海外競馬予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の海外競馬

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキング

TOP