競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね326 コメント27
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目に突入。
(レジまぐではダントツの老舗メルマガ)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字以上が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2020年5月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
RSS
RSSフィード RSS
喜んで無印としたダノンキングリー&ブラストワンピース
2020-04-09 14:30:00
テーマ: 未設定
いいねする
外厩データは昨今の馬券検討に欠かせないもの、
特に今月から6月末にかけて数多く登場するのでお楽しみに。

当該レースに強い外厩だけでなく「消す馬」の選別にも有効、
個々の馬の外厩データを知っていると知らないでは「雲泥の差」

というわけで本日のランキング内では、
外厩の観点からの阪神牝馬Sの穴候補を紹介中。

大山ヒルズ帰りのこの馬。
(↓ここをクリック)
banner_br_ume.gif
人気ブログランキング
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。


先週の大阪杯は2番人気ラッキーライラック(1着)に◎を打った一方で、
1番人気ダノンキングリーと3番人気ブラストワンピース無印。

その原動力となったのは以下の強力データ。
(もちろんこれだけで◎や無印にしたわけではないが)

以下は自身のメルマガからの抜粋文、
これだけ偏っている(徹底している)レースも珍しい。


G1昇格に伴って「関西の陣営」の独壇場となっているレース、
具体的に言うと「関西のジョッキー」が騎乗した「関西馬」

単勝50倍以上を除くと、
G1昇格後の過去3年で(3-3-3-8)

3着内率53%、単勝回収率165%、複勝回収率130%、
過去3年の4着以内12頭全馬が該当。

19年1着アルアイン(9番人気)
19年2着キセキ
19年3着ワグネリアン(4番人気)
19年4着マカヒキ(10番人気)

18年1着スワーヴリチャード
18年2着ペルシアンナイト(6番人気)
18年3着アルアイン
18年4着ヤマカツエース(10番人気)

17年1着キタサンブラック
17年2着ステファノス(7番人気)
17年3着ヤマカツエース(4番人気)
17年4着マカヒキ

昨年は該当馬6頭中5頭が1~5着独占、3単は935倍、
一昨年は該当馬5頭中4頭が1~4着独占、3単は174倍。

17年は該当馬6頭中5頭で1~5着独占、3単239倍、
まさにG1らしいデータ(関西優勢)と言える。

今年の出走馬の中で、
関西のジョッキーが騎乗している関西馬は、

カデナ
クロノジェネシス
ステイフーリッシュ
ラッキーライラック
レッドジェニアル
ロードマイウェイ
ワグネリアン

ラッキーライラックの鞍上デムーロは関西所属。
(現在は美浦に拠点を移しているが、所属は関西のまま)

マカヒキは該当せず。
(ヒューイットソンは関東の国枝調教師が身元引受人)



以上がメルマガからの抜粋文。

結果は関西のジョッキーが騎乗した関西馬が1、2、4、5着、
◎ラッキーライラックが優勝するなど掲示板をほぼ独占。

関東馬はダノンキングリーが3着に入ったものの、
1番人気だったので好走とは言い難い。

以下は自身のメルマガからの抜粋文、
ダノンキングリー、ブラストワンピースは大阪杯で買ってはいけない人気馬の典型。


当レースはG1昇格に伴って「関西の陣営」の独壇場、
「関西のジョッキー」が騎乗した「関西馬」は3着内率53%と凄まじい数字。

詳細データについては事前検証でお伝えした通りだが、
言い換えると「関東の陣営」は大不振。

関東馬はもちろんだが、
関西馬でも「関東のジョッキー」が騎乗すると来れていない。

関東馬や関東ジョッキー騎乗馬は3着内率0%どころか4着内率0%、
G1昇格後の過去3年で(0-0-0-18)

17年は3番人気サトノクラウン(関東馬)が3番人気6着、
18年は3、4、5番人気が揃って凡走。

サトノダイヤモンドは関西馬だが、
関東の戸崎ジョッキーが騎乗して3番人気7着。

穴人気になったトリオンフ(3連勝中)も関西馬だが、
関東の田辺ジョッキーが騎乗して8着。

そして昨年は1番人気ブラストワンピースなど、
関東馬や関東ジョッキー騎乗馬6頭が揃って掲示板外。

今年は5強の内の2頭、
ダノンキングリー、ブラストワンピースが関東馬。

3着内率0%データに引っ掛かっている大人気馬、
今年も喜んで消したいと思う。



以上がメルマガからの抜粋文。

ちなみにダノンキングリー、ブラストワンピースは、
上記データの他にも消し材料が存在。

馬連勝負とした今回は自信の無印、
メルマガを読めばそれがよくお分かりいただけたことだろう。

1レース1万文字以上を誇るメルマガの使い方は会員様によって様々、
分析や印を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てる内容。

資金を圧迫するだけの「消える人気馬」を知りたい方も必見、
今週の3重賞も複数の上位人気を消す予定なのでお楽しみに。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり※必殺の2強斬り

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

海外競馬予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の海外競馬

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキング

TOP