競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね322 コメント27
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目に突入。
(レジまぐではダントツの老舗メルマガ)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字以上が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2020年4月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
RSS
RSSフィード RSS
恐怖データに該当していたマイラプソディ
2020-02-21 14:30:00
テーマ: 未設定
いいねする
今回唯一のしがらき育成馬だが、
しがらき帰りは過去5年で3着内率70%オーバー。

19年1着クロノジェネシス
19年2着ビーチサンバ

18年2着フィニフティ(5番人気)

17年1着アドマイヤミヤビ

16年3着ロッテンマイヤー(6番人気)

15年2着ミッキークイーン

過去5年で不発なし、
現在3年連続で「賞金加算」に成功している。

今年はミヤマザクラ1頭のみ、
それだけ関係者が自信を持っているということなのだろう。



これは先週に配信したメルマガの内容、
そしてミヤマザクラは1着、しがらき馬はクイーンCで4年連続「賞金加算」に成功。

外厩データは昨今の馬券検討に欠かせないもの、
特に3月は数多く登場する予定なのでお楽しみに。

当該レースに強い外厩だけでなく「消す馬」の選別にも有効、
個々の馬の外厩データを知っていると知らないでは「雲泥の差」

例えば先週の京都記念在厩調整で挑んだステイフーリッシュ、
同馬の外厩データを知っていれば少なくとも連軸にするのは無謀。


お馴染みの牝系分析も馬券検討に相当有効、
当該レースに限らず他レースにも使えるデータが満載。

シンプルなものからマニアックなものまで他ではお目にかかれない代物ばかり、
牝系は本当に奥が深く競馬知識としても覚えておいて損はないだろう。

ちなみに先週の共同通信杯で不動の◎だったダーリントンホールは、
世界レベルの牝系出身で強い相手に一発が期待できると明記したが、

それと合わせて東京に強い牝系だということもお伝えした。
(ヌーヴォレコルト、トーヨーリファール、ダイワスペリアーらと同牝系)


トレンドの外厩データや伝統の牝系データに興味のある方は、
メルマガを是非とも購読して頂ければと思う。

他では決して見ることができないデータの宝庫、
分析を参考に買い目を決めるなどメルマガの使い方は会員様によって様々。

購読はこちらから→メルマガ(初月無料※リンク先にサンプルあり)


というわけで本日のランキング内では、
例によって明日(土曜)の注目馬を紹介中。

京都牝馬Sに出走するこの馬。
(↓ここをクリック)
banner_br_ume.gif
人気ブログランキング
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。


先週の共同通信杯は1強+2強という売れ方、
4番人気からは単勝14倍以上。

マイラプソディは単勝1.5倍の断然人気、
フィリオアレグロは単勝4.6倍、ダーリントンホールは単勝6倍。

しかし自分の序列は世間と逆、
ダーリントンホール→フィリオアレグロ→マイラプソディの順。


マイラプソディが1本被りだったが、
深く分析すれば信頼できるのは明らかにダーリントンホールの方。

凡走はありえない状況。
(詳細はこちら→世界レベルの良血ダーリントンホール

一方で単勝1.5倍マイラプソディは3番手評価、
後にG1を圧勝するほどのレベルにないと連対できない「恐怖データ」に該当。

今回はとてもじゃないが◎は打てない場面、単勝1倍台ならなおさら、
以下は自身のメルマガ(最終結論)からの抜粋文。


共同通信杯はクラシックに直結するレースとあって、
ディープ産駒の成績も優秀、9年連続好走中。

というわけで「ノーザンF生産」の「ディープ産駒」フィリオアレグロが○、
キャリア1戦だが「しがらき帰り」なので信頼度は高い。

ちなみにノーザンF生産のディープ産駒がキャリア1戦で出走してきたケースは2例、
そして2頭共に3番人気で連対している。

18年2着サトノソルタス
15年1着リアルスティール


フィリオアレグロはサトノソルタスと同じ堀厩舎、
ちなみに堀厩舎は過去6年の共同通信杯で(0-3-0-0)

半兄サトノクラウンも堀厩舎だったが、
デビュー2戦目に共同通信杯と同じ「東京芝1800M」の東スポ杯を勝っている。

仕上がりの早い牝系というのは心強い。
(半姉ライトニングパールは英2歳G1チェヴァリーパークS優勝)

現在の東京芝でディープが好調なのも後押し、
先週は東京新聞杯のプリモシーンなど5勝。

そして昨日(土曜)も4勝の固め打ち、
6R、9R、10Rと勝って11RクイーンCはワンツー。


▲はマイラプソディ。

前々走の野路菊Sは前後半の落差が3秒以上もあった「超後傾ラップ」
レース上がり33秒台の瞬発力勝負。

前走京都2歳Sは一転して「前傾ラップ」
レース上がり36秒台の持久力勝負。

全く異なるレース質だったにもかかわらず、
野路菊S、京都2歳S共に圧勝。

これは高い能力のなせる業、
間違いなく牡馬クラシックの主役候補だろう。

母系にシアトルスルーを持っていることも強み、
ハーツクライとシアトルスルーは有名なニックス。

ちなみに17年の勝ち馬スワーヴリチャードも、
母系にシアトルスルーを持つハーツクライ産駒。


アッサリ勝つ可能性十分の逸材を3番手とした理由は、
芝2000M重賞からの臨戦馬が不振だから。

これは長らく続く当レースの伝統、
短縮で流れに対応できずに人気を裏切るケースが目立っている。

レース質が全く異なることも影響。
(2歳~共同通信杯までの2000M重賞は小回りのみ。ここは直線が長い)

前走芝2000Mの重賞を使っていた馬は、
過去12年で(1-1-5-27)

ほぼ半数が「5番人気以内」に支持されたが、
(1番人気も5頭)

連対したのは僅かに2頭、
8年前の勝ち馬ゴールドシップと10年前の2着馬ダノンシャンティ。

中距離重賞からの臨戦なので人気になりやすいカテゴリーだが、
ほとんどの馬が連対圏外に消えている。

ゴールドシップは言わずと知れた歴史的名馬。
(後にG1を6勝)

2着ダノンシャンティもNHKマイルCをレコード圧勝、
故障がなければG1を複数勝っていただろう。

そのダノンシャンティですら負けたことから、
(しかも共同通信杯優勝後は全てシンガリ、ブービー負けのハンソデバンドに)

芝2000M重賞からの臨戦は明らかに不利、
後にG1を圧勝するほどのレベルにないと連対できていない。


面白いように毎年人気馬が凡走、
典型例を列挙しておくと、

18年は1番人気グレイル7着、16年は1番人気ハートレー9着、
共に単勝1倍台に支持されていた。

その他にもダノンバラード、ラウンドワールド、サダムイダテンが、
1番人気で3着にも入れず敗れ去っている。

今年はマイラプソディが上記データに該当、
そして例によって1番人気に支持されている。

連対することができればゴールドシップ、ダノンシャンティ級、
データ的にはそういうことになるが果たして?



以上がメルマガからの抜粋文。

マイラプソディは(1-1-5-27)
連対率5%データの前に敗れ去った。

ただし単勝1倍台とはいえデータ的に想定内の凡走、
極自然の敗戦なので悲観する必要なし。

ゴールドシップ、ダノンシャンティ級ではないにしても、
今後が楽しみな逸材であることに変わりはない。


3強(1強+2強)は3番人気→2番人気→1番人気の順で入線、
世間の序列とは逆の結果になったが自分の分析では順当。

今回に関してはダーリントンホールの方が適性を含めて上、
共同通信杯は「ザ・サドラーレース」

フィリオアレグロも9年連続好走中だったディープ産駒なのだから。
(今年はディープ産駒1頭、そして同馬がピンポイントで馬券絡み)


今週の4重賞においても惚れ惚れする精度を誇る有効データが存在、
惜しみなく紹介するので楽しみにメルマガをお待ちいただければと思う。

他人が知らない情報(データ)を知っているというのは大きな強み、
少なくとも他の馬券購入者に比べて優位に戦えるだろう。

1レース1万文字以上を誇るメルマガの使い方は会員様によって様々、
分析や印を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てる内容。

資金を圧迫するだけの「消える人気馬」を知りたい方も必見、
今週の4重賞も複数の上位人気を消しまくる予定なのでお楽しみに。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり※必殺の2強斬り

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

海外競馬予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の海外競馬

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキング

TOP