競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね326 コメント27
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目に突入。
(レジまぐではダントツの老舗メルマガ)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字以上が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2020年5月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
RSS
RSSフィード RSS
鉄板軸だったヴェルトライゼンデ
2019-12-31 16:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
直近7週は海外も含めると20レース提供して的中9回と好調持続、
痛恨のレース(ステイヤーズSや中日新聞杯)がありながらほぼ半数も的中。

マイルCS→○◎で回収率504%(印3頭)
京都2歳S→◎○で回収率170%(印2頭)
JC→◎▲で回収率773%(印3頭)
京阪杯→◎○で回収率326%(印3頭)

香港マイル→◎☆▲で回収率746%(印4頭)
香港スプリント→◎☆▲で回収率111%(印5頭)
カペラS→▲◎で回収率420%(印3頭)
阪神C→○◎☆で回収率934%(印6頭)
ホープフルS→▲◎○で回収率463%(印3頭)


例によって少ない印で高回収率のオンパレード、
人気馬を消しまくっての馬連勝負中心で大勝を実現。

自分のモットーは印をダラダラと打たないこと、
今年の印数も1レース平均4.7頭のみ、最近は印3頭で的中連発。

印は多ければ多いほど資金が必要、会員様もアレンジがしづらい、
特に人気馬は金がかかるので消せば消すほど馬券は組みやすくなる。

競馬は「どの穴馬を買うか」だけでなく「どの人気馬を買わないか」が大切、
どうやって儲けるの?という印や買い目は意味がない。


今週の東西金杯もスリムな印と買い目を提供し、
(10年前のメルマガ創刊以来、金杯は驚異的な的中率&回収率)

そして先々週の阪神C(回収率934%)や、
先週のホープフルS(回収率463%)続く大勝といきたい。

というわけで本日のランキング内では、
一週前の中山金杯の穴候補を紹介中。

前走から人気落ち必至のあの馬。
(↓ここをクリック)
br_banner_snowball.gif
人気ブログランキング
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。


先週のホープフルSは当てるだけなら誰でもできるメンバー構成、
どう儲けるかが焦点だったレース。

自分はヴェルトライゼンデ軸の馬連2点&3連複1点勝負、
相手は能力上位の2頭のみ、レース前日に宣言していた通りのスリムな印と買い目を提供。

危険な人気馬に指名したのはオーソリティ、ブラックホール、
無印理由を詳しく説明してぶった切った。

印3頭に絞っただけでなくヴェルトライゼンデ軸というのが馬券のキモ、
コントレイルやワーケアが軸だと儲からない。


能力的にコントレイル、ワーケアの2強に異論はなかったが、
ヴェルトライゼンデはレーステーマに合っていた上に血統、調教師面からもドンピシャの舞台。

適性の高さで食い込める可能性は十分と明記、
例年と同じアプローチ、データ的にホープフルSの◎に相応しい馬。

ホープフルSは◎が自動的に決まるレース、
昨年はキャロットFのサートゥルナーリア、今年はサンデーRのヴェルトライゼンデ。

以下は自身のメルマガからの抜粋文、
これを読んでヴェルトライゼンデに◎を打たない人間はいないだろう。

今後の馬券検討に役立つ内容でもあるのでお見逃しなく。
(ドリームジャーニーデータ、ビーマイゲストデータ、池江データなどは必見)


当レースは社台グループ生産馬の成績が優秀。
(ノーザンF、社台F、白老Fなど)

詳細データは事前検証に記載した通り、
二桁人気を除くと3着内率は40%を超えている。

しかも現在11連勝中となれば、
今年も社台グループの中から勝ち馬が出る可能性が高いと見るのが妥当。

データ的に非社台が勝つ可能性は低いレース、
11年間で0勝なので例外に懸けるのは効率が悪すぎる。

そして近年は社台の中でもノーザンFが圧倒、
特に重賞昇格後は「ノーザンF系の一口クラブ」が5連覇中。

14年1着シャイニングレイ(キャロットF)
15年1着ハートレー(サンデーR)
16年1着レイデオロ(キャロットF)
17年1着タイムフライヤー(サンデーR)
18年1着サートゥルナーリア(キャロットF)

キャロットFが3勝、サンデーRが2勝、
示し合わせたかのように交互に勝っている。

ノーザンFのための重賞(G1)昇格と言っても過言ではないか。
(JRAとは持ちつ持たれつの関係)


さらに細かく見てみると、
交互に勝っているのは関係者(ノーザンF)の思惑通りと言える。

以下はサンデーRとキャロットFの出走数と着順。
(重賞昇格後の14年以降)

<14年>
サンデーR…0頭
キャロットF…1頭(1着)

<15年>
サンデーR…3頭(1着、3着、4着)
キャロットF…0頭

<16年>
サンデーR…0頭
キャロットF…2頭(1着、3着)

<17年>
サンデーR…1頭(1着)
キャロットF…1頭(着外)

<18年>
サンデーR…0頭
キャロットF…1頭(1着)


14年、16年、18年はキャロットFに取らせて、
15年、17年はサンデーRに取らせたのは一目瞭然。

14年は1頭出走のキャロットFがピンポイントで優勝。
(サンデーRは出走なし)

15年は逆にキャロットFの出走なし、
そしてサンデーRが3頭出走。

この年はロードクエスト(非社台)が単勝1倍台に支持されたが、
サンデーRが1、3、4着で断然人気ロードクエストは2着に敗れた。

16年はお約束のようにサンデーRの出走なし、
そしてキャロットFが2頭出走して1着、3着。

17年はサンデーRとキャロットFが1頭ずつ出走したが、
1番人気はサンデーRのタイムフライヤー。

サンデーRが勝つ番(年)だったので、
タイムフライヤーの優勝は必然か。

そして昨年は1頭出走のキャロットFがピンポイントで優勝。
(サンデーRは出走なし)

昨年もこの傾向(データ)を紹介してサートゥルナーリア◎。
(1着固定の3単勝負で的中)


難しいこと考えなくても、
サンデーRとキャロットFを素直に買えばいい。

無駄撃ちはしてこない(出走数は少ない)ので「選ぶ手間」は最小限、
重賞昇格後(14年以降)の成績は以下の通り。

サンデーR(2-0-1-1)
キャロットF(3-0-1-1)

サンデーRは勝率50%、3着内率75%、
キャロットFは勝率60%、3着内率80%。

サンデーRは単勝回収率290%、複勝回収率115%、
キャロットFは単勝回収率156%、複勝回収率118%。

積極的に頭から狙える数字、
まさに「ノーザンF系の一口クラブ」のためのレース。

複数出しの場合は3連系の「2頭軸」が有効。
(1着、3着というパターンが多いので)


キャロットF→サンデーR→キャロットF→サンデーR→キャロットFと来たので、
今年はキャロットFが遠慮して「サンデーRが勝つ番」

実際にサンデーRは1頭、キャロットFは0頭、
というわけで◎は自動的にサンデーRのヴェルトライゼンデ。

超強力と言っていい相手関係だが傾向的にはこの馬、
事前検証で紹介した3つの有効データにも全て該当。

ちなみに「トリプル該当馬」は重賞昇格後の過去5年で2頭のみ、
共に人気を大きく上回る走りを見せている。

ステイフーリッシュ8番人気3着、ブラックバゴ9番人気3着、
ヴェルトライゼンデは馬自身の観点からも買いの一手。

父ドリームジャーニーは中山芝G1を2勝。
(朝日杯FS、有馬記念)

産駒も父同様に中山が得意、
日経賞7番人気2着ミライヘノツバサがドリームジャーニー産駒らしい中山巧者。

先週日曜の中山9Rノエル賞でもドリームジャーニー産駒が人気薄で好走。
(7番人気ジョブックコメン3着)

特に中山芝2000M以上の成績が抜群、
3着内率47%、複勝回収率は130%に達している。


ヴェルトライゼンデは父系だけでなく、
牝系も中山実績があるのだから中山は合う可能性大。

2頭の半兄ワールドエース、ワールドプレミアは中山芝G1で好走。
(前者は皐月賞2着、後者は先週の有馬記念3着)

これは母母父ビーマイゲストが効いている印象、
3代内にビーマイゲストを持った馬は中山芝重賞での複勝回収率が100%超え。

出走数は100回を超えているので価値の高いデータ、
代表例はアドマイヤフジ、アドマイヤデウスなどのアドマイヤラピス一族。

さらに厳冬期の中山芝はドイツ血統馬に向く条件、
近年の主な重賞激走例(4番人気以下で馬券圏内)を列挙しておくと、

有馬記念ではエイシンフラッシュ7番人気2着、オーシャンブルー10番人気2着、
今年はワールドプレミア4番人気3着。

京成杯ではケルフロイデ7番人気2着、
今年はドイツの名馬ノヴェリスト産駒ラストドラフトが4番人気で優勝。


さらに池江厩舎は中山芝2000Mが得意、
特に重賞で一桁人気だと14年以降(6-3-2-7)

勝率33%、連対率50%、3着内率61%、
単勝回収率312%、複勝回収率156%、

同じ馬で数字を稼いでいるわけではなく、
勝ち馬6頭が別の馬というのが凄いところ。

オーシャンブルー、トゥザワールド、ラブリーデイ、ベルーフ、プロフェット、
一昨年の皐月賞はアルアイン、ペルシアンナイトのワンツーで馬単207倍。

勝ち馬6頭中4頭が「4番人気以下」
さすがは池江厩舎としか言いようがない。

今年の皐月賞ではクラージュゲリエが14番人気(単勝万馬券)で掲示板。
(二桁人気なので上記データ外だが)



以上がメルマガからの抜粋文。

結果は化け物候補とお伝えしたコントレイルに勝てなかったが、
(社台グループの12連覇を阻止、まさに快挙)

3着ワーケアには2馬身差で安泰の2着、
ノーザンF(サンデーR)の思惑通り「賞金加算」に成功。

印3頭が1~3着独占、そして◎ヴェルトライゼンデが連対、
危険な人気馬に指名した2頭(オーソリティ、ブラックホール)は圏外という完璧な予想。

例によって買い目配信時よりオッズが下がってしまったので、
想定していた回収率(600%)には届かなかったが、

あのガチガチ配当で450%オーバーなら上々、
馬連2点&3連複1点と得意の絞りに絞った買い目で高回収率を実現。


ヴェルトライゼンデ以外に◎はありえない、
ここでヴェルトライゼンデに◎を打たないようではデータ分析をしている意味がない。

こう言っても過言ではないほど買い材料に溢れていたので、
軸としての信頼度は相当に高かったのである。

競馬はブラッドスポーツ、
その馬の狙い撃つべきタイミング(適性)は血統が教えてくれる。

自身のメルマガは当該レースだけでなく、
他レースの馬券検討に役立つデータが満載なのも特徴の1つ。

1レース1万文字以上を誇るメルマガの使い方は、
会員様によって様々である。

今週の東西金杯においても様々な有効データを紹介するので、
楽しみに予想(印、買い目、資金配分なども)をお待ちいただければと思う。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

海外競馬予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の海外競馬

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキング

TOP