競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で11年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね298 コメント25
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で11年目に突入。
(レジまぐではダントツの老舗メルマガ)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字以上が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2019年8月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
しがらき馬が7年連続連対
2019-08-08 19:00:00  (最終更新日時:2019-08-08 19:03:01)
テーマ: 未設定
いいねする
得意の夏競馬に突入してホームランを連発。
(函館記念◎▲で回収率903%、中京記念○◎で回収率688%)

中京記念でオッズが急激に下がるという誤算はあったものの、
(買い目を配信した12時段階のオッズなら回収率は900%超だった)

7月は月間回収率200%を超える大勝利、
まさに今がメルマガ購読の絶好機。


ちなみに直近1ヶ月(4週)の◎は、
(3-2-0-2)

勝率43%、連対率71%、
単勝回収率135%、複勝回収率137%。

7頭中5頭が連対という精度の高さ、
機械的に単複を買い続けるだけでもプラス。

今週の2重賞の◎も自信あり、
あとは相手さえ間違わなければ自ずと大勝ということになるだろう。

少ない資金で高回収率を実現できる印と買い目を提供、
これが自分の役割(軍資金3千円でも大丈夫なように資金配分を明記)。

たとえ◎○▲で的中したとしても儲かっていないと意味がない、
当たり前だが当てると儲けるは違うのだ。


というわけで本日のランキング内では、
枠順発表前のエルムSの穴候補その2を紹介中。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで2位付近)

では本日の本題に入る。


先週の小倉記念はメールドグラースを軸鉄板の評価と明記、
単勝1倍台を覚悟していたが、

アイスストームのおかげで1本被りにならず、
そのアイスストームは危険馬に指名して無印。

単勝3倍台の2番人気に支持されていたが、
どう考えても過剰人気だったことは明らか。

メルマガを読んでいればアイスストームに手を出さずに済んだことだろう。
(詳細はこちら→典型的なお客さんだったアイスストーム


その一方でメールドグラースは逆らいようがない状況、
普通に回ってくれば勝ち負け濃厚とお伝えした。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
外枠に入ったことで「鬼に金棒」となったのだ。

今後の馬券検討に役立つ内容でもあるのでお見逃しなく。
(小倉芝2000MにおけるノーザンF生産のルーラーシップ牡駒は鉄板)


事前検証で紹介した3つの有効データ、
しがらき仕上げ、トニービン持ち、間隔を空けてきた馬。

どれも好走率、回収率共に優秀。
(3つ全て3着内率50%前後)

単独該当でも十分に狙えるが、
3つ全てに該当した馬はまず走る。

有効データのトリプル該当なので信頼度は抜群、
3つ全てに該当した馬は過去6年で(1-2-0-1)

連対率75%、単勝回収率122%、複勝回収率152%、
4頭中3頭が連対、残りの1頭も人気薄で掲示板。

18年2着サトノクロニクル(2番人気)
17年5着カフジプリンス(9番人気)
14年1着サトノノブレス(3番人気)
13年2着ラブリーデイ(5番人気)


人気を下回る着順だった馬は皆無、
上位人気は確実に連対まで来ている。

今年はトリプル該当馬が1頭存在、
それが◎を打ったメールドグラース。

しがらき帰り初戦、トニービン持ち、
そして前走鳴尾記念から中8週という余力十分のローテ。

まさにレーステーマにドンピシャの存在、
ここは軸信頼で問題ないだろう。

能力的にもローカルのハンデG3なら明らかに上位、
前走鳴尾記念は前有利の展開を大外から差し切る横綱相撲。

今回も前走と同じ「小回りの2000M」
普通に回ってくれば勝ち負け濃厚。


ちなみに小倉芝2000Mで「ノーザンF生産のルーラーシップ産駒の牡馬」は、
単勝50倍以上を除くと昨年以降(4-1-0-0)

勝率80%、連対率100%、
メールドグラースも当コースは2戦2勝。

この馬の小回り適性の高さは牝系の影響も大きい。
(例えば伯父のグラスボンバーは福島記念1着など小回り重賞で5度も馬券絡み)

ラブリーデイとも血統的な共通点が多い。
(キンカメ、トニービン、SS、ノーザンテースト持ち)

ラブリーデイは鳴尾記念、小倉記念共に連対、
となればメールドグラースも崩れるシーンは想像しづらい。


さらに良馬場では3歳以降(6-2-0-0)
8戦全て上がり3位以内と確実に差してくる馬。

枠順も絶好の6枠、
この馬は外枠の方が能力を出し切れるタイプ。

1~5枠は7戦して0勝だが、
(7戦全て5番人気以内で)

6~8枠だった時の成績は、
3歳春以降(6-0-1-0)

勝率86%、3着内率100%、
単勝回収率481%、複勝回収率234%。

7戦6勝とほとんど負けていない上に、
唯一の敗戦だった大寒桜賞も8番人気ながらクビ、ハナ差の3着。

前走鳴尾記念も前々走の新潟大賞典も外枠から優勝。
(新潟大賞典は7番人気の伏兵で)

不安材料は「道悪」になった時や「内枠」に入った時だったが、
どちらも回避できたので軸鉄板の評価。



以上がメルマガからの抜粋文。

小倉記念は「しがらき馬」に◎を打つのが定石、
メールドグラースが勝ったことで7年連続連対となった。

自分は数え切れないほどの様々な有効データを所有。
(外厩や牝系データなど、他ではお目にかかれない代物ばかり)

今後も数多く登場することになるだろうが、
特に夏競馬で最も威力を発揮する。

メルマガが11年目を迎えることができたのも夏競馬のおかげ、
夏重賞専用のマニアックな独自データの破壊力は凄まじい。

夏競馬は圧倒的に情報が少なくなるので、
自分のデータがフルに生きるのだ。

回収率数千%クラスを叩き出せるほどの破壊力を有しているデータも多数、
夏競馬は毎週のように一撃のチャンスが訪れる。

他では決して見ることができない夏競馬専用データ、
ぜひ堪能していただければと思う。

先月は函館記念を◎▲で回収率903%、中京記念は○◎で回収率688%
今月も一撃が期待できる重賞が目白押しなのでお楽しみに。


メルマガは重賞全レースを予想、
事前検証、出走全馬の見解、買い目、印(無印)の説明の4部構成が基本。

1レースあたり「1万文字以上」が基本という大ボリューム、
つまり週末はとんでもない量のメルマガが配信されている。

そして当該レースだけでなく、
今後(他レース)の馬券検討にも役立つデータが満載。

消える人気馬を知りたい方も必見。
(消し理由を詳しく説明。人気馬を沈める恐怖のデータが存在するレースもあり)

読んでいてワクワクするメルマガがモットー、
使い方は会員様によって様々。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
分析や印を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるだろう。
(実際に買い目をアレンジしている方は非常に多い)


牝系や配合にもこだわって予想しているので、
(かなり有効だから)

牝系や配合を知りたい方はぜひ。
(新聞には書いてない情報が満載)

他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み、
もちろん血統以外のデータも惜しみなく披露。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

覚えておいて損はないマニアックなデータが豊富、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

昨年の夏から新商品(200円)も発売しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐ。の推奨穴馬

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ