競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で11年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね303 コメント25
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で11年目に突入。
(レジまぐではダントツの老舗メルマガ)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字以上が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2019年9月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
RSS
RSSフィード RSS
月間大幅プラス収支確定
2018-12-17 21:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
先週に引き続き今週もじっくり予想できる2重賞、
土曜に阪神C、日曜に有馬記念。

本日のランキング内では、
一週前の有馬記念の穴候補を紹介。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では先週の結果報告。


<ターコイズS>
馬連
3-10(6点分)
3-13(4点分)
3-15(1点分)
3-7(1点分)
3-16(1点分)

ワイド
3-15(3点分)
3-7(3点分)
3-16(1点分)

計20点→的中(馬連152.2倍&ワイド38.7倍×3。回収率1341.5%)

◎ミスパンテール1着(5番人気)
○プリモシーン
▲リバティハイツ2着(10番人気)
☆カワキタエンカ
△フロンテアクイーン
注リエノテソーロ


<朝日杯FS>
馬連
2-11(8点分)

3連複
2-6-11(8点分)
2-3-11(2点分)
2-8-11(2点分)

計20点→不的中

◎グランアレグリア
○ケイデンスコール
▲アドマイヤマーズ
☆ディープダイバー
注アスターペガサス


ターコイズSは◎に迷いなし、
軸はミスパンテール以外にありえないレース。

この馬に◎を打たないようではデータ分析をしている意味がないと明記、
連軸鉄板の状況で新聞の印が薄いのはありがたかった。

近3戦は凡走が続いていたが、
3戦全て無印としてきたように敗因は明確。

にもかかわらず今回は人気一息で絶好の狙い目、
G1級のマイラーがG3で5番人気はおいしすぎ。

トップハンデ56キロも全く問題なし。
(人気が上がらないので、むしろ歓迎)

レーステーマに合っていない面々が、
人気を吸ってくれたこともラッキーだった。

3番人気以内を2頭も無印。
(ルメールのフローレスマジック、3連勝中のディメンシオン)

ついでに穴人気レッドオルガも消して、
買い目は相手5頭へ馬連、そして人気薄の▲☆注へはワイドも購入。


ワンツーを決めてくれれば回収率500%以上は確定。
(そうなるように資金配分)

▲☆とのワンツーならワイドもゲットで800~1200%超え、
ダブル、トリプル的中も視野に入れた買い目。

MAXで回収率5000%オーバー、
まさに一撃炸裂を狙ったわけだが、

結果は◎▲のワンツー、
◎ミスパンテールは5番人気、▲リバティハイツに至っては10番人気。

直線半ばでワイド的中(回収率500%超え)は確信、
リバティハイツが連対を確保してくれたので回収率は1300%を超えた。


リバティハイツは全く人気はなかったが、
過去5年で(2-2-0-1)の超強力データに該当。

勝率40%、連対率80%、
単勝回収率588%、複勝回収率512%

5頭中4頭が連対している上に、
とんでもない回収率を叩き出している。

16年2着レッツゴードンキ(6番人気)
15年2着ダンスアミーガ(16番人気)
14年1着ミナレット(9番人気)
13年1着レイカーラ

まさにリバティハイツは大穴をあけるべくしてあけた形、
該当馬は超人気薄でも連対まで来てくれるのだ。

これで上記データは(2-3-0-1)となったわけだが、
来年以降も覚えておいて損はないだろう。

該当馬は毎年1頭が定番なのでピンポイントで狙いやすい。
(昨年のみ該当馬が不在だったが)


ぶった切った人気馬は気持ちよく凡走、
大波乱となったが個人的には分析通り(データ通り)の結果。

馬連152.2倍(×1)とワイド38.7倍(×3)のダブル的中で、
回収率1341.5%の特大ホームラン。

外国人ジョッキーが上位人気をほぼ占拠していたが、
終わってみれば日本人ジョッキーのワンツースリー。

ルメールが消える重賞を仕留めることができれば競馬は儲かる、
これを証明したレースだったとも言える。

いくらルメールでも「どうやっても来れない馬」はもってこれない。
(しかも一時の勢いがない)

鉄板軸が5番人気、そして危険な人気馬のオンパレード、
こういうレースばかりだと助かるのだが。

いずれにしてもチャンスレースを落とさないで良かったと思う。
(今年は幾度となく取れるレースを落としてきたので)

1点勝負を敢行してきた自分にとって、
馬連5点だけでなくワイドを3点も買えたので外れる気はしなかった。


一転して朝日杯FSは馬連1点、
3連複は◎○2頭軸で相手3頭へ。

人気どころでは3番人気ファンタジスト、
そして5番人気マイネルサーパスを無印。

無印にした人気馬は消えてくれたが予想は完敗、
2日連続の大勝とはならなかった。

内枠先行決着を読めなかったことが最大の敗因。
(1、2、6番ゲート&4角4番手以内が1~3着独占)

二桁人気ながら☆に抜擢したディープダイバーは、
(週1頭のみの推奨穴馬にも指名)

内にささらなければ馬券圏内もあったが、
(単勝万馬券で掲示板なら大健闘の部類だが)

気性的に難しいのを承知で買ったので仕方ない。
(前走も内にささってゴール前は制御が効かない状況)


チャレンジCに続いてターコイズSも的中、
まずは月間大幅プラス収支が確定。

G1ではなくマニアックな土曜重賞をゲットするのは自分らしいが、
有馬記念はビシッと決めたい。

先月は1点勝負に固執しすぎて失敗したので、
(京阪杯で年間プラスが確定していた可能性さえあった)

今月はレースに応じて柔軟に対応することを決意、
早速結果が出ているのは必然だろう。

1点勝負から開放された今月は相当ワクワクな状況で、
まだまだ勝てると思っているが果たして。

会員様(戦友)と笑って年を越すために、
今月はとことん結果にこだわっている。

分析結果(有効データ)を買い目に反映させることさえできれば、
自ずと結果もついてくるのだ。

いずれにしてもいい予想が提供できるように、
本日から入念に準備をして週末に備えたいと思う。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

7月半ばから新商品も発売しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐ。の推奨穴馬

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ