競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね283 コメント25
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目に突入。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2018年12月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
RSS
RSSフィード RSS
12/4現在の的中率&回収率
2018-12-04 17:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
◎の精度は年明けから高いが、
特に夏競馬以降の芝レースは半数が連対まで来ている。

直近21週(約5ヶ月)の芝レースの◎成績は、
(14-8-2-21)

3着内率ではなく連対率が高いことがポイント、
連対率49%をもっと馬券に生かさなければならないだろう。

いい加減に軸の精度の高さを無駄にしないように気を付けたい。
(もったいないはもう十分。対策済み)


先週の3重賞は3、4、5番人気に◎を打って2頭が好走。
(マウントゴールド、サンライズソア)

今週の3重賞の◎予定馬もそれなりに自信があるので、
楽しみに予想(1万文字以上の分析)をお待ちいただければと思う。

というわけで本日のランキング内では、
一週前のカペラSの穴候補を紹介。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。
(月間の回収率、年間の的中率&回収率を公開)


<今月>
的中率33%(3-1)
回収率162%(97.2/60)

<今年>
的中率18%(120-21)
回収率68%(1638.8/2400)


先月は「1点勝負月間」を敢行したが、
何とも煮え切らない結果に終わってしまった。

12鞍全て◎○の1点勝負でホームラン狙い、
そして12鞍中11鞍で1頭が馬券圏内に好走するも、

もう1頭が不発に終わるというチグハグぶり。
(12鞍中7鞍で4、5着とあと一歩)

◎○の共倒れは僅か1回しかなかったが…。
(つまり自分の◎も○も絡めない馬券は最初から外れ馬券を買うようなもの

これだけ噛み合わないのも珍しい。
(本当に申し訳ない)

1本釣り(単複ではなく馬連)の破壊力は凄まじいが、
(一発で月間プラス収支が確定するほど。それ以上の回収率も)

2頭同時にピンポイントで拾うのは、
それなりに長い目で見る必要があるということか。


返す返すも残念だったのは最終週の京阪杯、
月間どころか年間プラスが確定するチャンスを逃す失態。

相手候補が4頭まで絞れていた上に、
(しかも人気は4、11、12、17番人気

◎ダノンスマッシュはデータ的に頭鉄板と明記、
この分析結果を買い目に反映できず。

ダノン1着固定&相手4頭の3連単12点で54万馬券が的中していた。
(仮に3列目を2頭追加してもジャスト20点)

1200円で54万円ゲットとなれば回収率は驚愕の45000%オーバー。
(つまり僅か2400円で帯封ゲット

せめてダノンスマッシュから馬連4点の買い目を提示すべきだったと反省。
(※馬連149倍。4点で万馬券的中なら余裕の大ホームラン)


相手候補4頭中2頭が「当たりクジ」だったにもかかわらず、
(つまり2分の1の確率で正解)

よりによって大外れの1頭を選んでしまうとは、
我ながら情けないとしか言えない。

そもそも相手候補4頭中3頭が「二桁人気」という状況で、
なぜ1点勝負を敢行してしまったのかとレース後に自問自答。

無理に絞る必要があったのか?
わざと外しているの?と言われても仕方ない愚行。

会員様からも「3連単にしておけば当たっていたのに」というメールを頂いてしまったが、
まさにその通りで大変申し訳ない。

さすがにここまで分析しておきながら外すというのは大問題、
今回に限らず今年は「もったいない」が多すぎる。


先月は「1点勝負月間」と決めていたと言っても、
絶対ではなく臨機応変に対応しようとは考えていた。

しかし最後まで1点勝負に固執してしまったことを猛省、
相変わらず頭が固くて困る。

完全に当たりをよけてしまったが、
(しかも財宝級の配当)

回収率45000%という一見「ありえない数字」も、
理論で取れる可能性を示した一戦だったと思う。

やはり買い方をもう一度見直す必要があると痛感、
来年は以前のスタイルに戻すことも視野に入れている。

13年~14年にかけて一世を風靡した3連単フォーメーション。
(年間回収率は13年が129%、14年は137%

3連単勝負の解放を望む声は多い。
(それだけ今年の買い方はまずいということなのだろう)


その前にまずは今年の収支を何とかしなければならない。
(目も当てられない数字)

先月は1点勝負に固執しすぎて失敗したので、
今月はレースに応じて柔軟に対応することを決意。

そして1週目から早速結果が出たわけだが、
(チャレンジCは◎マウントゴールドから馬連2点で回収率486%)

チャンピオンズCは◎サンライズソアもクビ差及ばず。
◎○の馬連に資金の半分以上を投入していただけに残念)

紙一重のとこで回収率400%超えを逃したので、
(チャンピオンズC的中なら早々と月間プラス収支がほぼ確定していたが)

今週は土日連勝といきたいところ、
1点勝負から開放された今月は個人的にも相当ワクワクな状況。

1点勝負から開放と言っても守りに入るわけではない。
(先週の3重賞の印数は合計で8頭のみ。◎は3、4、5番人気)

いずれにしても会員様(戦友)と笑って年を越すために、
今月はとことん結果にこだわりたい。


攻め続ける気持ちが全く変わらないのは、
自分の分析術に自信があるからに他ならない。

そうでなければメルマガを10年もやっていられない。
(09年2月創刊。13年5月に売上1億円突破)

大切なのは1つ1つの勝負レースを丁寧に全力で取り組む姿勢、
チャンスレースはいくつも残っている。

分析結果(有効データ)を買い目に反映させることさえできれば、
(今年はこれができていないのだが)

自ずと結果はついてくるはず、
諦めるのはまだ早い。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

7月半ばから新商品も発売しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐ。の推奨穴馬

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ