競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね282 コメント24
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目に突入。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2018年11月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
RSS
RSSフィード RSS
マカヒキのようなお客さんを買わないために
2018-11-01 14:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
今週の秋天には「消しのタイミング」という人気馬が複数存在、
新聞で印がビッシリと並びそうな状況はありがたい。

つい手を出したくなるプロフィール(戦歴、血統)だが、
自分の分析では完全に用なし。


これはちょうど一週間前(先週木曜)にアップしたブログに記載した文言だが、
今月も「消える人気馬シリーズ」を堪能していただければと思う。

今週のAR共和国杯で早速複数の人気馬を消す予定だが、
現時点(枠順発表前)で半信半疑の人気馬をランキング内で紹介中。
条件好転に見えるこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで2位付近)

では本日の本題に入る。


先週の秋天の◎は4番人気サングレーザー、
そして5番人気以内の中で消したのはマカヒキ、アルアイン。

大挙5頭出走していたディープ産駒の取捨がポイントだったレース、
最上位評価はサングレーザーで、マカヒキとアルアインは危険というジャッジ。

◎サングレーザーと無印マカヒキは札幌記念でハナ差、
▲レイデオロと無印アルアインはオールカマーでクビ差だが、

着差は広がる可能性が高い。
(上積みの観点から)


メルマガではこう明記して、
その通りの結果(▲◎のワンツー)になったのである。


アルアインは消しやすかったとしても、
マカヒキに騙された方は多かったのではないだろうか。

それが人気にも表れていた。
(個人的には驚きの3番人気

前走札幌記念のハナ差2着は一見「完全復活」に見えたが、
(サングレーザーは内目、マカヒキは大外。負けて強しを印象付けた)

実は「走って当然」という最高の条件、
よって前走◎今回無印は「必然の流れ」だったのだ。

以下は自身のメルマガ(出走全馬の見解)からの抜粋文、
これを読むだけでマカヒキに手を出さずに済んだことだろう。


前走札幌記念は「今さらマカヒキ?」という風潮の中で、
(単勝4倍台の1番人気。いかにもプロが危険馬に指名しそうな場面)

個人的には弥生賞1着以来の◎。
(一騎打ちだったダービーはサトノダイヤモンド◎、マカヒキ○)

データ通りなら凡走する可能性は極めて低いと明記、
データ的には「マカヒキを買え」と言われているとお伝えした。

不振の真っ只中にあったマカヒキも前走に限っては相当に有利、
何せナリタハリケーン(ブービー人気)まで連対してしまうデータなのだから。

つまり札幌記念で走らなければ見通しは相当暗かったわけだが、
結果はハナ差2着と分析通りに復活。
(国内での連対は実にダービー以来)

さすがは札幌記念の鉄板データと言ったところだったが、
(今年の結果を合わせると9頭中8頭が馬券圏内)

この一戦だけで「完全復活」と言えるかどうかは微妙なところ、
そのぐらい前走はドンピシャの状況だった。

さらに友道厩舎と言えば中長距離馬の育成が得意、
つまりマカヒキが伸び悩んでいるのは調教師面の問題もあるのだ。

この厩舎は距離が延びるほど成績が上昇。
(短距離王国の安田隆厩舎とは真逆)

短距離馬ウリウリの弟マカヒキをダービー馬に育て上げる名伯楽、
ちなみに厩舎の初G1制覇はアドマイヤジュピタの春天。

現役屈指のステイヤーと言っていいシュヴァルグランも同厩舎、
来年はエタリオウ(先週の菊花賞ハナ差2着)が厩舎のエースになるだろう。

マカヒキはどんどん本来の血統適性(マイラー寄り)が出てきているので、
馬自身は距離を短くした方がいい可能性があるのだが、

友道調教師は「古馬G1、G2級の短中距離牡馬」を育て上げたことはない。
これがマカヒキが抱えてしまっているジレンマ。


以上がメルマガからの抜粋文。

相変わらずの根強い人気には驚いたが、
どう考えてもピークは過ぎており以前とは別馬。

札幌記念はナリタハリケーン(前年2着)と同等評価、
こう言っても過言ではなかったのである。

前走の◎はあくまで例外的に打ったもので、
その時も「この先のG1を勝つことはないだろう」と明記。

伸び盛りのサングレーザーとハナ差は頑張った方だが、
言い換えると最高の条件でも勝てなかったのだ。

今回は少なくともサングレーザーとは勝負にならない、
にもかかわらず人気はマカヒキの方が上。

どちらを買うべきかは言わずもがな。
(◎がサングレーザーの一択だった理由)


府中牝馬Sでブービー負けを喫したソウルスターリングに似た状況。
(3番人気でも喜んで無印。前走クイーンS3着は復活でも何でもない)

さらにマカヒキの場合は血統や調教師面にも問題あり、
競馬に絶対はないが今回は十中八九来ない「お客さん」

レース前から勝負がついている馬を人気で買うのは金をドブに捨てるようなもの、
この馬を軸に買っていた方が気の毒なほど見せ場がなかった。

今週の3重賞も人気馬をガシガシ消す予定、
楽しみに予想(1万文字以上の分析)をお待ちいただければと思う。


メルマガは重賞全レースを予想、
事前検証、出走全馬の見解、買い目、印(無印)の説明の4部構成。

1レースあたり「1万文字以上」が基本という大ボリューム、
つまり週末はとんでもない量がメルマガが配信されている。

そして当該レースだけでなく、
今後(他レース)の馬券検討にも役立つデータが満載。

消える人気馬を知りたい方も必見。
(消し理由を詳しく説明。恐怖のデータが存在するレースもあり)

読んでいてワクワクするメルマガがモットー、
使い方は会員様によって様々。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
分析や印を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるだろう。
(実際に買い目をアレンジしている方は非常に多い)


牝系や配合にもこだわって予想しているので、
(かなり有効だから)

牝系や配合を知りたい方はぜひ。
(新聞には書いてない情報が満載)

他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み、
もちろん血統以外のデータも惜しみなく披露。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

覚えておいて損はないマニアックなデータが豊富、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

7月半ばから新商品も発売しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐ。の推奨穴馬

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ